カレー Feed

2017年1月 3日 (火)

茗荷の様子を見に行った&2017年最初のカレー

正月早々何ができるだろう。意外と気温は暖かい。

この冬に行う予定は3つ。1つは大根の仕込み。2つ目はアスパラガスの植え替え。そして3つ目が茗荷の植え替えである。

特に最後の茗荷の植え替えは、この冬必須の作業である。そこで、とりあえず茗荷の様子を見に行った。

2017_0101a0013 枯れた葉が冬の様子を物語っている。

さらに、西側の防衛ラインは、2017_0101a0014 完全に埋まっていた。

毎年ココは埋るんだべな。ま、作業は後日行うこととして、まずは枯れた葉の除去と雑草の強制退去作業を行った。とりあえずはこれで一段落。実際の掘り起こしは来週かな。

 

さて、昨日のディナーは毎年恒例としている「オイラの牛すじカレー」

2017_0103a0001 牛スジを5時間ぐらい煮込むんだべさ。

トロトロになった牛すじと里芋がオイラのこだわり。これは旨い。自分で言うのもなんだが。

今年もいいカレーに出会いますように。

←ブログ村ランキング!さて、大根の仕込みでもするかな。

2016年12月31日 (土)

白姫二十日大根冬の間引き&「新潟 バスセンターカレー」&「北海地鶏キーマカレー」

2016年の記事は大根から始まった。ということは大根で終わるのが綺麗な終わり方である。しかしながら、我が農園ではすでに大根は収穫してしまった。

そこで、親戚ともいうべき二十日大根の記事で終わろうと思う。

2016_1218a0008 2016_1218a0009

わかりにくいかもしれないが、秋蒔き苗を間引きした、の図である。もちろん帽子を被せてあるので、寒風に晒されることなく寒さをしのいでいる。

あとは時々水を与えるだけでいいと思っている。帽子は防寒のほかに防虫も兼ねているので安心だべさ。きっと。

こちらは、2016_1223a0019 成長していたプランタ株の収穫。

1本だけなんだけど、プランタ株の残りの野郎どもは収穫できずに終わりそうな雰囲気だ。

今年の秋冬は意外に暖かかったために年内収穫できてしまったので、越冬組が少ない。確実に越冬するとわかっている作物はカリフラワーとタマネギだけだべさ。もっと越冬白菜や越冬キャベツなども用意しておけばよかったと思う。

来年はもう少し計画的にできるかな。

 

さて、ラストデーのイベントは、食べ納めのカレーをダブルでお届けしよう。

一つ目は、昨日のランチカレー。

2016_1231a0002 2016_1231a0004

 昔懐かし黄色いカレー 「新潟バスセンターのカレー」

万代シテイがどこにあるか知らないが、確かに黄色くて懐かしい味のカレーだ。ルウはネットリ系で片栗粉で固めたようなトロミ感。具材は細切れの肉と野菜が垣間見れる。

一口食べた途端に、なんらかの懐かしさがよみがえる。美味い訳ではないがどこか昔にどっかの小汚い店で食った記憶があると勘違いするカレーだ。

中年以上の人にお勧めできるカレーかも。

 

そして二つ目は、今朝のモーニングカレー。

2016_1231a0006 2016_1231a0009

 旭山農志塾 「北海地鶏 キーマカレー」

リストに記録するのを忘れていたカレーだべさ。有楽町の北海道アンテナショップで買ったものだと記憶している。ご覧のとおり完ぺきなまでのキーマカレー。来年はこれが流行るかも。

〇〇牛カレーとかよりもよっぽど肉肉しいので、食べ応えがある。一年を締めくくるのにふさわしい。

来年もガツガツ食べて、とりあえず1000食を目指すのだ。まずは7月ごろに600を達成しなければ。今のペースだと年間100食。これ以上は無理だと思う。さすがに毎日は飽きるでしょ。

 

なにわともあれ、今年も一年おせわになりました。来年もよろしくお願いします。

←ブログ村ランキング!今年はどこへも出かけましぇん。

2016年12月30日 (金)

ホウレン草の冬は厳しいのかも&「さつま王豚 ポークカレー」

今年も今日と明日で終わろうとしている。早いのかそうでもないのかよくわからない。もうすぐ年末だなと思ってから今日にいたるまではあっという間だったかな。あわただしい12月の仕事を終えて昨日は一日こたつ内で動画三昧の時間を過ごした。一日のうち半分の時間帯はユーチュブで<サイレントマジョリティ>を聞きながらマインスイーパを打ち込んでいた。歌詞がいいよね。尾崎っぽくて。

今日は朝からお出かけの予定である。その前に記事をアップしないと。

ことしの晦日の記事はホウレン草。

2016_1223a0004 2016_1223a0005

どっちも見た目はイマイチ。小さなプランターではこんな感じが限界かも。種袋情報によれば、寒さに強いらしいが、限界はあるのかも。

とりあえず左の先輩株はこれ以上の成長も望めないと思ったので、

 2016_1225a0005 収穫した。それらしくは見えるよね。

ところがこれはオイラの口には入らずに、オイラが職場の忘年会の日にヨメと愛娘の夕飯の鍋の中に入り、あっという間に消えてしまった。

ま、いいけど。ほったらかしにされるよりは。

また作るべ。

 

さて、昨日のランチカレー。

2016_1229a0005 2016_1229a0009

 「さつま王豚 ポークカレー」

数日前、梅田に出かけたときに帰りすがりのスーパーで見つけた。オイラが豚肉のカレーに興味を持つなんてあんまりないんだけど、王豚っていうネーミングに興味を持って買ってみた。

ルウはネットリ系でよくあるレトルトの味。具材は細切れの肉と野菜がふんだんに入っている。

期待して買った割にはごくごく普通だった。メインの豚肉ももう少し大きなものが入っていてくれないとポークカレーを食べた気分になれない。せっかくさつまの冠を掲げているのみもったいない。そげなカレーだったべさ。

さて、今年のランチカレーもあと2日。今日も明日も食べ納めだべさ。

←ブログ村ランキング!Yesでいいのかサイレントマジョリティ!

2016年12月26日 (月)

ニラは年末に最終リセット&「但馬屋のお昼ごはん 牛たんのカレー」

ついこの間まで青々としていたニラだが、さすがに冬は鮮度を維持できない。

 2016_1225a0002 なんだか普通の雑草にしか見えないぞ。

ところどころ、2016_1225a0003 かなり葉っぱが紅葉化。

そこで、いっそのこと、この時期ではあるが、2016_1225a0004 リセット。

綺麗に散髪してみた。これが吉と出るか凶と出るか。まあ、ニラのことだから、これぐらいのことで枯れることはないだろう。と安易な考え。いつもだと2日後ぐらいには再生の兆しが見える。さて、冬の季節には何日後に再生の兆しを見せてくれるのだろう。

 

で、三連休最後のランチカレー。

2016_1225a0009 2016_1225a0011

 「但馬屋のお昼ごはん 牛たんのカレー」

但馬屋っていうぐらいだから兵庫かと思いきや大阪吹田の焼き肉屋だって。しかもパケのおねいさんは誰なんだ?名前まで書いてあるし。いいのか?

ルウはシャバシャバ系で、具材は牛タンオンリー。牛タンは歯ごたえがあるのかと思いきやかなり軟らかく煮込まれている。ルウは深みとコクを目指したディープなカレー。

ビーフカレーが好きなオイラだが、牛タンオンリーだとなぜか心寂しいのは気のせいか。スジやモツならいいのだが、タンはカレーには不向きな部位のような気がする。タンはあっさりしていて、さっくりと食べる部位。カレーに合うのはこってり系の部位だと思うのはオイラだけかな。

←ブログ村ランキング!サイレントマジョリティーって歌詞がいいよね。

2016年12月25日 (日)

金時人参冬の間引き&「美人専用薬膳蜜柑カレー」

世間一般のクリスマスとは全く違う世界で日曜日の朝を迎える。そしてブログ更新のためにPCと向き合う。そんな今朝の話題は金時人参である。アーメン。

 

遅い種蒔きながらなんとか発芽した金時人参。

2016_1223a0006 そっと不織布をめくってみると、

なんだか何でもアリの状態。

中には、せっかく発芽が、2016_1223a0007 幼くして紅葉化したものも。

そんなこともあり、間引きを敢行。2016_1223a0008

綺麗にそろってないけど、6株を残した。成長の度合いによっては、さらに半分の3株になるかもしれない。とりあえず、そっと不織布を再び被せましたとさ。

 

そして昨日のランチカレー。

2016_1224a0005_3 2016_1224a0007

 「美人専用薬膳蜜柑カレー」

これも静岡土産。どんだけ静岡のカレーは賞味期限が短いか。それとも売れてないか。

それはともかく、ルウはシャバシャバ系。具材はピューレ状で残っている野菜と手羽元チキンが丸ごと。みかんが入っているせいか、色はかなりオレンジっぽいし、カレーというには違和感を感じる。みかんと保命酒に漬けて焼いた手羽元が<薬膳>を名乗る所以らしい。

不味い訳じゃないんだが、これはカレーではないような気がする。特徴がある分には非常に面白いけど、よほどの健康志向の人じゃないとリピはないと思う。

←ブログ村ランキング!さて、モーニングを仕込むか。

2016年12月24日 (土)

葉ごぼうのクリスマスイブ&「浜名湖名産 うなぎカレー」

葉ごぼうはその後どうなった?

そうそう、今日はクリスマスイブ。でも、クリスチャンでもキリシタンでもないオイラにとって、子供へのプレゼントさえ考える必要がなければ、ただの土曜日。

2016_1223a0001 ウチの葉ごぼうたちも普通の土曜日を過ごしている。

しかし何ともこの格差はいったいなんだべ。

大きな葉っぱは、2016_1223a0003 オイラの掌と変わらぬ大きさに。

でも一部の葉っぱは、2016_1223a0002 原因不明の黒斑点病。

こがいになった葉っぱは、除去した方がええんじゃろうか。

特に虫がつくわけでもなく、ヒヨドリに齧られるでもなく、今のところ無事平穏。防寒がいるのかな。種袋にはそんな事書いてなかったような気がするけど。

 

で、昨日のランチカレーはコチラ、

2016_1223a0015 2016_1223a0017

 夜のスタミナカレー 「浜名湖名産 うなぎカレー」

先日の静岡忘年会旅行での土産。確か浜名湖SAで買ったかも。ルウはサラサラ系で、具材は別レトルトの鰻かば焼き。きっとこんなのがあると思っていた。

なかなかオツな味で、ウナギもルウもそれぞれが主張している。それでもやっぱりカレーの方が勝ってるかな。これでスタミナがつくかどうかはわからないけど、お土産カレーとしては「大変良くできました」のスタンプをあげたいぐらいの仕上がりだと思う。

是非一度お試しを。

←ブログ村ランキング!さて、午前中のうちに整体にでも行ってくるかな。

2016年12月19日 (月)

カレーな半日「家康くんカレー」&「すっぽんスープカレー」

昨日に続いて半日シリーズ第2弾。

寒い季節、栽培数が減って、たまにこういう寝たもの記事を入れてて行かないとまたもたない、そげな季節になりました。同時に、休みの日にランチカレーをサボるとペースが落ちること、ストックボックスがいっぱいで食べていかないと次が買えないということなどから、昨日は半日カレーを実施したのである。

まずはモーニングから。

2016_1218a0001 2016_1218a0003

 「家康くんカレー」 浜松基地隊員食堂名物

先日の静岡旅行でのお土産。またしても賞味期限が短いのはなぜ。そんなことは置いといて、

いわゆる自衛隊カレーだったのね。ルウはサラサラ系で具材はゴロゴロじゃがいもとテキトー豚肉。だと思ったら、これサツマイモだって。うなぎいもっていうサツマイモが浜松の名産らしい。なるほどなるほど。

そしてランチは、

2016_1218a0011 2016_1218a0012

 「すっぽんスープカレー」

ルウはシャバシャバ系で具材は一切入っていない。

浜名湖はウナギだけじゃなくてすっぽんも養殖しているらしい。これはすっぽんスープっていうのをとっても意識した一品。決して北海道のスープカレーの流れではない。滋養強壮にってことが目的だな。

でもこれはまさにお土産用のカレー。実践的なカレーではないかも。

←ブログ村ランキング!ちょっと寝坊だ。急がなきゃ。

2016年12月12日 (月)

変化が乏しい玉ねぎと静岡旅行

先月末に植え付けを行ったジャンボタマネギ。

2016_1208a0011 2016_1208a0010

3株植えも1株植えも2週間ばかりでは何の変化も見られない。ま、ゴールシーク的には来年の5月ぐらいなんだろうから、ゆっくり構えるしかないのだが。

とりあえず、枯れてないところを見ると、なんとか根はついてくれてのかなと思う。あとは、適切に肥料と水を与えるだけだべさ。

 

さて、一昨日から昨日にかかて、全国の友人たちと静岡で忘年会を行った。撮ってきた写真は2枚だけ。

2016_1211a00022016_1211a0003

これが2日間のランチカレー。左が大津SAで食べた牛コロッケとバスフライのカレー、右が養老SAで食べたカレーきしめん。バスってブラックバスのことなんだろうけど、モチモチした食感で結構うまかった。きしめんはカレーの味が少し薄味だったかも。

静岡では地元グルメのフルコースだったのだが、結局カメラを手にしたのはこれらのランチだけだった。右下のカレー一覧を見てもらえばわかるように、ストックボックスが一杯になった。お土産で買ったのもあるけど、友人たちがプレゼントでたんまりくれたからだ。

これからしばらくは、購入を控えて食べることに専念したい。

←ブログ村ランキング!今日からまた月曜日が始まるのだ。

2016年12月 5日 (月)

結局2本とも抜いてみたかわいい大根&「明石名物 蛸カレー」

もうそろそろだろうと予告していた前回の掲載からわずか数日後のある週末。

見た目は、2016_1126a0008 たいして変わらないのかもしれない。

でも、この日は必ず1本は抜いてみようと決めていた。

1本目。2016_1126a0009 すでに先っちょがずんぐりむっくりになっている。

これはもう2本目も抜くしかない。2016_1126a0010 こっちの方がいい感じ。

結果的には2本とも抜くこととなり、このシリーズは一応今シーズンの打ち止めとなった。この鉢では連作になるので、しばらくかわいい大根はお休みってとこかな。また春になったら再開することとしよう。

まあまあ満足である。

 

昨日は昼に出かけることとなっていたので、朝からモーニングカレー。

2016_1204a0001_2 2016_1204a0009

 「明石名物 蛸カレー」

ルウはネットリ系で具材はタコのみ。このルウは海鮮系でよくある偽物っぽいルウ。タコは良かったのだがルウがイマイチすぎる。たこももう少し入っててくれないと寂しい。

インパクトを強くするなら、もう少し工夫が求められるカレーかな。まだ未完成。そげな感じがしたカレーだったべさ。

←ブログ村ランキング!カレーのペースが少しダウンしている。

2016年12月 4日 (日)

喰われながら成長するロマネスコ&「手羽元カレー」

ロマネスコは確実に成長している。

2016_1129a0010 底深プランターは一目瞭然。

やっぱり底が深いってすごく大事だというのがわかる。なぜか。

2016_1129a0007 2016_1129a0009

狭深鉢や底浅プランターと比べると、成長度合いが全く違うから。

如何せん、あとの2つはおそらくは鳥にだろうけど、喰われすぎ。ま、それでも確実に成長しているところがお見事といえばお見事。虫害は流石に減ってきた。

ぼちぼち不織布をかけるかどうか悩みどころ。かければかけたで、アブラーの心配をしなきゃいけないからなあ。第一不織布がもう手元にないし。買ってこなきゃ。

 

さて、昨日のランチカレー。

2016_1203a0002 2016_1203a0004

 福岡県産はかた地どり使用 「手羽元カレー」

先日の東京出張の折に、東京駅構内の土産屋で発見して購入したもの。それにしては賞味期限が一番近い。とはこれいかに。

ルウはサラサラ系で具材は手羽元がドン、ニンジンがごろごろといった感じ。手羽元はホロホロ状態で、すでに身は骨から外れていた。これも〇〇牛カレーと同じで、煮込んでしまえばいい肉かどうかはレトルトではわかりにくい。でも美味しい手羽元だった。肉の存在感がある分、いいカレーだと思う。ルウもなかなか美味しい。

インパクトもあるし美味しいのでお土産にはおススメだべさ。

←ブログ村ランキング!今日はどこかに出かける?

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart