ねまがりたけ Feed

2015年9月27日 (日)

ねまがりたけは諦めたので強制撤収&「金物のまちみき かじやカレー」

撤収シリーズ第3弾となってしまった。ま、春夏と秋冬のハザマだから仕方ないか。

2015_0926a0020 2015_0926a0021

タイトル通り、ねまがりたけだべさ。

一昨年の4月に植え付け、その年の春から期待できると書いてあったにもかかわらず、去年の春も今年の春も、それらしいタケノコは発見できず、ただか細い枝と雑草だけが戯れるこのプランターに嫌気がさしたのである。

見よ、この荒れ果てた生えざまを、2015_0926a0022 といってもわからんか。

撤収後のプランターの土は、思いのほかパラパラで、枯れた土のように思えた。もしかして肥料がいった?

根っこの一部である。2015_0926a0023 ここから新しい根が生える。

茗荷と同じだ。この鋭い切っ先が土をかいくぐっていくんだな。しかし、根っこだけ増えても仕方ないんだな。もともと暖かい地域では育ちにくいと書いてあったが、私市でも難しいということだな。これで2度目の失敗。多分3度目はないだろうな。

 

さて、昨日のランチカレー。

2015_0926a0016 2015_0926a0018

 「金物のまちみき かじやカレー」

兵庫県三木市といえば確かに金物の町である。昔、仕事でゼットソーというのこぎりを作っている会社の仕事をしたことがある。帰りに高速道路上でうとうと居眠り運転になって怖い思いをしたことがある。

それはさておき、ルウはサラサラ系。具材はタコとナスである。鍛冶屋職人が良く食べた郷土料理がタコとナスが入った鍋だったんだって。

ほんでもって味の方はというと、なかなかオツな味である。タコとナスという組み合わせもさることながら、スープの味が独特の風味を醸し出している。米発酵調味料と鰹エキスが入っているので完全に和風カレーである。

ま、これはこれでアリかなと思う。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!今月はカレーのペース速いな。連休あったし。

2015年6月 2日 (火)

ねまがりたけはやっぱり不向きなのか

頑張って枯らすことなくここまできたのに。

2015_0526a0012 <ねまがりたけ>

見た目は青々として旺盛に見える。植え付けてもう何年たつのだろう。ホントならばもうタケノコが味わえてもいいはずなんだけど、今年の春も結局タケノコは発見できなかった。

今年は得たと思われるものは、2015_0526a0013 これか?

こんな細さか?まさに「笹」そのもの。パンダのエサだなこれわ。

後根っこの方に生えているのは、2015_0526a0014 雑草ばかり。

さて、いつまで延長タイムにしようかな。オイラもあんまり気が長い方じゃないんだけど。

 

さて、本日のおまけ画像は、ちょっと変わり種のアイス。

2015_0531a0001 実はおいらは結構バナナ好き。これは釣られる。

2015_0531a0002 2015_0531a0003

中身と断面。結構食感は本物のバナナに近い。これは楽しい。

バナナ好きにはおススメのアイスである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は東京出張。帰りの駅弁が楽しみだべさ。

2015年2月23日 (月)

ねまがりたけが枯れてきたかも&「比内地鶏モツカレー」

ねまがりたけは本来寒い地域の植物って聞いていたから、冬は何の心配もいらないだろうとタカをくくっていたが、なんだかそうでもないみたいだ。

2015_0220a0011 ほらね、茶色くない?

こんな葉っぱや、2015_0220a0012 こんな葉っぱ 2015_0220a0013_2

が増えている。

やっぱり大阪でねまがりたけは育たないのだろうか。なんでだろう。

そして昨日のランチカレーはコチラ。

2015_0222a0001 2015_0222a0003

 「比内地鶏モツカレー」

比内地鶏の看板を使って、わざわざモツを食わせようっていうのだから面白い。ルウはネットリ系でスパイシー度はやわらかい。具材はまさにトリモツ。丸いのがキンカンであとはレバーだ。

「比内地鶏の旨味がギュッと詰まった自慢のモツカレー。ニンニクとスパイスがきいたこだわりの一品。」とは箱に書いてある前説。素直にその通りだと思う美味しいカレーだったべさ。オイラ的にはもう少しスパイシーでもいいと思う。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!そうか、今日は月曜日なんだ。

2015年2月 3日 (火)

これでいいのか?ねまがりたけ!!!

本来、寒い地域に生息するらしいねまがりたけなので、特に冬は気にしなかったが、久しぶりに覗いてみるとなんだか想像以外の生育状態を見せている。

2015_0201a0016 パッと見た限りでは、特に何もわからない。では、根元近くまで寄って見よう。

2015_0201a0017 先っちょがとんがった新たしい芽が生えている。

えっ?それってタケノコじゃないの?普通はそう思うでしょ。

ところがどっこい。2015_0201a0018 芽じゃなくて根かもしれない。

だって、この先っちょが、2015_0201a0019 また土に入ってくんだもの。

こんなのあり?こんな状況ってことは土の中が根っこで溢れかえっているってこと?

恐ろしくて土中を確認できずに終わる。これでいいのか?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!土日の筋肉痛が取れるまで走る気が起こらないよ。

2014年12月21日 (日)

ねまがりたけは設置し直し&「やまと豚もつカレー」

外壁工事の足場が組まれていた時には邪魔になりあっちこっちに避けられていたねまがりたけ。

麹も終わり、元の位置へ戻す。2014_1220a0004

もともと下に敷いていたビニル袋が1枚しか見当たらない。仕方がないので同席してもらうことにした。いずれにせよ鉢の下のビニル袋は必須である。

 2014_1220a0005 万が一根っこが外に漏れて、地面に入ったら大変だべさ。

2014_1220a0006 2014_1220a0007

さて、無事に夏を乗り切ったねまがりたけ、こんな枯葉っぽい葉っぱでいいんだろうか。

そして、昨日のランチカレーはコチラ。

2014_1220a0011 2014_1220a0004_2

 国内産 「やまと豚 もつカレー」

豚もつのカレーということで大変興味を持ったカレー。ルウはネットリ系でそこそこスパイシー。具はご覧のとおり豚もつわんさかと大きなニンジンが3つほど入っていた。

豚のモツそのものには癖はなく、食感もかなり軟らかい。もう少しクニクニ感があるのかと思っていた。ちょっと残念。でも人参のインパクトも大きいし、ちゃんと中辛だし、かなり完成度は高いと思う。あとはルウの香りかな。

やまとっていうぐらいだから奈良県産だと思っていたら、神奈川県産だった。このカレーを作っている会社が神奈川で、その直営牧場で育てられている豚が「やまと豚」というらしい。

なんで神奈川でやまとなんだろう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!今日の二日酔い度は軽めだ。

2014年9月22日 (月)

なんとか夏を乗り切ったねまがりたけ&「大阪名物くいだおれカレー」

よくよく調べてみると、ねまがりたけというのは北の方の植物で、寒い気候に適しているらしく、暖かい地域で育てると生育が難しいとされているようだ。

我が農園でも数年前に初めてチャレンジした時は、半日向半日蔭の条件が合わなかったらしく枯れてしまった。今回の場所については、どうやらうまくいっているらしい。ことしも無事に夏を乗り切ったようだ。

2014_0920a0021 2014_0920a0022

ところどころ枯れている葉っぱも見受けられるが、傷は浅い。日光の当たり具合と気温と湿度が微妙なバランスで保たれることが大事なのかもしれない。

しかし、見たところギリギリ生きている感じで、来春にタケノコが収穫できるようには見えない。やっぱり肥料が必要なのだろうか。そんなこと説明書には春先にちょこっとやればいい、って書いてあるだけなんだけどなあ。

さて、昨日のランチカレーはコチラ。

2014_0921a0001 2014_0921a0003

 「大阪名物 くいだおれカレー」

パッケージの写真は古い道頓堀の風景。今となってはくいだおれビルも廃業となり、この風景も完全に過去の遺物となってしまった。

それはさておき、オイラは道頓堀でカレーを食ったことなんかないのだが、そのビルの中で販売されていたカレーということだろうか、写真のとおり昔の「ライスカレー」的な素朴なカレーである。ルウはシャバシャバ系でじゃがいもとにんじんがゴロゴロと入っており、肉なんか一切れしか入っていない。

ランチにはサクッと食べられていいけれど、ディナーには少し軽すぎる。そんなかる~い感じで食べるカレーである。こういうカレーにあまり多くを期待してはいけない。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!今日行けばまた明日は休みだ。

2014年7月16日 (水)

ねまがりたけは今年の夏を乗り切れるか

一般的には比較的涼しい地方に自生しているというねまがりたけ。

大阪という暑い地域では難しいのかもしれない。事実、最初のチャレンジの時は枯れてしまったし、友人宅では2回目のチャレンジでも枯れてしまった。

我が農園では、午前中に光が当たる家の北側サイドに設置してあるが、いまのところ大丈夫なようだ。

2014_0712a0022 2014_0712a0023

横ロング鉢に単独深鉢、それぞれ無事だ。

あまり手をかけてはいないが、たまに見てやらぬと、2014_0712a0024

こんな感じで雑草が蔓延るから、掃除をしてやらないと特にこの時期は大変なことになる。

今年はタケノコ奪取作戦は幻となったが、来年の春には期待したい。まずは、今年の夏を乗り切ることである。

ところで、肥料とかいるのかな?

さて、ちょっと面白いビールを見つけたので紹介しておこう。

2014_0713a0008_2 お馴染み「独歩」シリーズの “ うなぎ ” だって。

書いてあるのは 「ウナギにあうビール」だって。さっそく試してみた。

結果、うなぎにあうかどうかは別として、なかなかうまいビールでした。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!変な時間に目が覚めて眠いよお!

2014年5月 2日 (金)

ねまがりたけは生えてはきたけれど、なんだこれ?

昨年の夏を無事に乗り切り、春を迎えたねまがりたけ。

2014_0429a0013 <ねまがりたけ>

2つのプランターともに元気に成長を続けている。本来ならば、春になって新しい芽が生えてきて、それがたけのことなって収穫できるという構図を想像していた。

でも、なんだか変。

2014_0429a0015 2014_0429a0014

なんだこれ?どっちも新しい芽は生えてきてるんだども、どっちもとてもたけのことは思いもよらぬ新芽ばかり。単なる新しい枝が生えてきただけ。んんんんんん?こんな予定ではなかったのに。

しかも本株の方を見てみると、

めっちゃ株分れしてるし。やっぱりもっと寒くないとだめなのかな。

久しぶりのオマケ画像はこんなものを用意した。

2014_0427a0013 さてこれはいったいなんでしょう?

答えは・・・・・・・

えっ?トマト味?しかもピリ辛?晩酌のちょっとしたつまみに最適でした。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!グーグルクロームは使い慣れてないからな。

2014年2月21日 (金)

冬のねまがりたけプランターの雑草除去

色々調べてみると寒い地方の植物らしい。従って冬の間は特に心配することも無かろう。

2014_0216a0010 2014_0216a0011

ねまがりたけ自身もそうなんだが、雑草のヤツラも夏も冬も関係なく生えてくる。やっぱりこいつらは一応除去してやらねばなるまい。

気をつけねばならんのが、間違って本体の一部をも抜いてしまうことだ。夏はそれをやらかしてしまったからな。

よっし、完了。

2014_0216a0013 2014_0216a0012

ほらね、綺麗になったでしょ?右のプランターでは新しい葉っぱが出ていた。これは春には楽しみだ。

楽しみなのは蛇太郎も同じ。冬なのに元気である。今回初めて生脱皮が見られた。

2014_0215a0002 2014_0215a0003

脅かさないようにと思ってケース越しなのでかすんでいるけど見えるでしょ?最初は顔のところがパカッと割れて、次第に剥けていく。ずりずりと這いずり回って引っかかるところを探す。

右の写真はちょうど石の角に引っかかったので、一生懸命脱いでいる様子。でも今回は完全には自分で脱ぎ切れなかったので、最後は少し手伝ってしまった。大きくなるごとに、どんどん脱ぎにくくなっていくのかな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!えっ?もう2月下旬?早いなあ。

続きを読む »

2013年11月22日 (金)

ねまがりたけでシマッタ

ねまがりたけというのはもともと寒い地域の植物らしいので、今から寒くなる分には何ともないだろう。

2013_1121a0009

それにしても雑草が生えすぎている。

ここは一番雑草抜きをしてやらねばと、鼻息を荒くしながら雑草を抜いていた。すると、

あららららら、

2013_1121a0010

やっちまったぜ。はしっこに伸びていた新芽を雑草と一緒に抜いてしまった。ああもったいない。

ただでさえ去年は枯らしているのに、こんなヘマをしていたんでは先が思いやられる。

ま、これからは寒くなるからちょっといい感じかも。この間に充分に力を蓄えてほしい。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村!なんだかIEの具合が変だぞ。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart