アスパラ菜 Feed

2011年5月29日 (日)

梅雨前のイマイチ

長い雨の期間を見越して撮りだめしておいた写真たち。

この中でも今一つ伸び悩んでいるモノたちがいる。

例えば、2011_0526a0007 春蒔き春菊。

越冬春菊は脇芽が何回も収穫できたのに、春まきったら脇芽の生え方が遅い。 というかなかなか生えてこない。

変な色にはなってくるし、葉っぱの伸びよりも頭に蕾ができるトウ立ち現象の方が早いし、そろそろ時期が終りなのかもしれない。

さらには2011_0526a0008 アスパラ菜だったと思うミニプランター。

これも発芽したはいいけれど、そこから先がまったくもって貧弱すぎる。

このままだとあっという間に虫たちの餌食になるのは目に見えている。

もっとイマイチだったのは2011_0526a0010 小松菜だろうな。

管理人自身がここに至るまで、この容器に生えているのは水菜だとばかり思っていたぐらいイマイチである。

雨の後は意外と植物の早い成長の後が見られることがある。

いずれもあっと驚くタメゴロー的な発育を見せて欲しい。

この時期の葉っぱモンって難しいよね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!やっぱりテンションは上がらない。まずは天候の回復を待つのみ。

2011年4月25日 (月)

やはりアスパラ菜は失敗

冬の寒い間に室内栽培チャレンジしていたアスパラ菜であるが、どうやら残念な結果となりそうだ。

2011_0424a0001 <アスパラ菜>

上の写真は3日ほど前のものだが、現在は紅葉化がさらに進んでおり、さながら秋の様相である。

葉っぱにもハモグリが横行し始め、2011_0424a0002

もはやこれ以上ここで続ける意欲が失せてしまった。 

原因は成長期の日光不足と乾燥なのだろう。 あらためて冬の室内栽培の難しさを実感したこととなった。

 

ところで、先日知り合いから面白い玉子を頂いた。

2011_0424a0009 <お分かりだろうか>

黄身が黄色くない。 そう白い玉子なのである。

なんでも餌のほとんどを米に変えるとこげな玉子になるそうな。

早速これを卵焼きにしてみた。(焼いたのはオイラではなくヨメであるが)

2011_0424a0011 2011_0424a0014

断面まで結構白い玉子焼き。 これはこれで面白い。 味の方はというとあっさりした癖のない味というべきか。

逆に言えば玉子らしい香りはあまりなく、玉子を味わうには少し物足りない感じがする。

上品なケーキや菓子にはあいそうだ。 

オイラのアスパラ菜は失敗作となってしまったが、白い玉子は成功を収めることが出来るのだろうか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!やはりまだあと「数百グラム」が落とせない。 これが問題だ。

2011年4月 3日 (日)

アスパラ菜と春菊と紅白二十日大根

ハッピバースデーツーミー ♪

日曜日の朝は誰も起きてこない。 愛娘のクラブがおやすみの日はいたって平穏である。

誕生日の日曜日にひっそりと出勤できるとはなんというプレゼントなんでしょう。

その前に昨日の続きをアップしておこう。

昨日は春の変化に関する内容であったが、今日は発芽シリーズを中心にアップするのである。

3月6日発芽の室内設置アスパラ菜は、ニョキニョキしてきたものの日光不足のためか貧弱徒長ぎみ。

2011_0331a0025 2011_0331a0026

暖かくなったのを契機に屋外へと引越しした。

以前、この場所にあったタマネギは収穫まで雨の当たらない場所へ引越しした。

春蒔きの春菊と正月菜プランターに追加蒔きした紅白二十日大根は目出度く発芽。

2011_0331a0001 2011_0402a0004

これから先はムシ共との戦いとなるのだろう。

仕事も菜園もこれからどんどん忙しくなってくる。 もちろん野球も。

体が3つ欲しいし1日が36時間になればいいとも思う時期である。

ともあれ、夕方には愛娘企画の誕生会があるらしい。今年中2の難しい年頃だが、こういう気遣いを忘れずにいてくれるとはありがたい。

もちろん、旗振りだけで中身は全部親とジジババまかせなんだけどね。

ようは自分が楽しみたいだけ? ま、それでもいいか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! 結局はみんなでカラオケにでも行くことになるだろう。

2011年3月 6日 (日)

収穫と発芽と

今朝もとても寒かったです。

そんな中、40歳以上のチームで野球をしてきました。

三塁というポジションを任されているのですが、昨日から肩が痛くて大変です。

三打席二打数一安打一四球一得点六守備機会一失策

漢字で書くとこういう結果でした。

メイン花壇もそろそろ結果を出したいところです。

2011_0306a0005 <収穫です>

左から京水菜、脇芽春菊、小松菜、正月菜です。

京水菜も小松菜もこぼれ種かと思わせる1株植え、春菊は生き残り脇芽狙い、正月菜は株間を取るための最終間引きです。

2011_0306a0006 <正月菜>

残り4株、もっと大きくなあれ!

先日種まきしたアスパラ菜も部屋の中で毎日発令されている異常乾燥警報のなか、無事に発芽しました。

2011_0306a0007 <アスパラ菜>

これからも異常乾燥警報はほぼ毎日発令されることでしょう。

メイン花壇はソラマメと正月菜区域以外は春の種まき準備をそろそろ考えないといけません。

春菊脇芽狙いをどこまで引っ張るかがカギです。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!たぶん、春菊なんてあっさりと抜いてしまうでしょう。3株だけだから。

2011年3月 1日 (火)

2月の種まき

暦は変わって弥生3月となり申した。 さすがに如月2月って言うのはあっという間に過ぎるんでやんすな。

その2月末の日曜日に、ぽかぽか陽気につられてプランターの処分と種まきを行ったのである。

やっと手を出したトウガラシプランターの処分である。 後には裏庭で寝かしてあった土と入れ替えて雨を待つ。

春菊の脇芽狙いが失敗したミニプランターも土を入れ替えて、コチラは春に向けた種まきを行った。

2011_0227a0001 2011_0227a0002

プレートはないが左が葉大根、右はプレートのとおりパセリである。

パセリはちょっと早いかもしれないが、2週間はかかるだろうといわれる発芽の頃にはまた暖かくなっていることを期待しての種まきである。

そして、枯れ果てた二十日大根の室内ポットにはアスパラ菜の種を蒔いた。

2011_0301a0001 <アスパラ菜種まき>

コチラは乾燥との戦いなので、毎日の水やりが必須である。

さて、あしたからまた寒くなるらしいが、昨日の東京は昼間に雪が降っていた。

残念ながら帰りの新幹線内で食べた駅弁は前回ほどの感激はなく、紹介するまでもないものだった。

こっそりとマイファイルの中にだけしまっておくこととしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!暦の上でも今日から春。色も春っぽくしてみよう。

2010年11月24日 (水)

厳しい発芽事情

さすがに11月の中旬ともなるといろんな影響がモロにわかる。

特に発芽に関して言えば、たいへんスペシャル超厳しい。

そんな厳しい様子を紹介してみよう。

2010_1123a0005 <まずは正月菜>

何度も種まきしてみたが、結局発芽したのは2株で、そのうちまともっぽいのはこの1株のみ。

非常にさびしい。

2010_1121a0002 <紅白二十日大根>

これは種まきして、外は寒かろうと玄関という室内で放置していたもの。

バットの陰に隠れて見えなかったため、このようなモヤシみたいな徒長状態で発見された。

非常に難しい。

2010_1123a0004 <紅芯大根>

発芽ではないが、9月頃に移植したもの。

根付いたのはいいけれど、そこから先がどうやら難しそうだ。

どうも大きくなる気配を見せてくれる様子はない。

非常に厳しい。

2010_1123a0002_2 <アスパラ菜>

発芽はとにかくなったので間引きしてみた。

思い切って株間を開けてみたつもりだが、ココから先は気温との戦いとなるだろう。

状況としては非常に超厳しい。

といいながらも昨日、新しい種を買ってきてしまった。

種袋には11月末まで種まき可能とかいてある。 が、もちろんこれらは一種の挑戦であることに他ならない。

これらは簡易温室の中に種まきする予定だが、発芽したらお知らせすることとしよう。

とっち道、非常に厳しいことには違いないだろうけどね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ランキング!  昨日はどうしてもワインが飲みたくて、でも飲みすぎでまた二日酔いである。

2010年11月16日 (火)

屋内設置作戦成功

種まきしても発芽しない状況が続く中、せめて夜だけでも屋内に置いてみよう。

ということで、紅白とアスパラ菜の種まき鉢を夜だけ玄関に入れておいた。

2010_1115a0001 2010_1115a0002

左がアスパラ菜、右が紅白である。

やっぱり違うんだな。  屋外放置してしばらく経っていたからダメかもしれないと思っていた矢先なので、非常に嬉しい。

同時に、葉大根やソラマメも玄関内に設置してあるが、これらの発芽はまだのようだ。

さて、発芽してからどうするか。 不織布でもかけるか。

どちらにしても冬を越すのは一苦労である。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今週から大忙し。

2010年5月29日 (土)

生えてくるもの収穫と順番待ち

再発脇芽狙いで2次収穫を試みていた2つの野菜。

2010_0522a0018 2010_0522a0021

アスパラ菜と春菊を比較してみると、圧倒的多数で春菊の勝利となった。

もともと植えてある株数も圧倒的に春菊の方が多いのだけど、再発率と置き換えて考えてみてもアスパラ菜はまったくもって今一つだった。

2010_0524a0002 <ちなみに収穫の図>

ついでに収穫した紅白と共に記念写真。

これでも春菊などは湯がいてしまうと、たったの一人前ぽっちになってしまうのである。

 

さて、したの写真は何の芽でしょう?

2010_0528a0001 <正解はトウモロコシ>

今年はあきらめようと思っていたのだが、よくよく考えてみるとジャガイモが終了した後のメイン花壇の作物が無いことに気づいたので、急遽種まきすることとした。

思い出せば本来はミニトマトたちをメイン花壇に定植しようと思っていたのだが、すでに別の鉢に定植してしまったので、予定が狂ったのである。

とはいえ、ジャガイモの収穫は悪天候のおかげでもう少し先に伸びている状態。

なるべく早く植えつけてしまいたいので、結局はお日様待ちというところである。

せめて4株は植えないと実がなる可能性が低くなるし、とにかく日射量がないと成長しないので、早く例年通りの天候になって欲しいのである。

もうすぐ6月だというのに、大阪で朝晩コタツが恋しいって変じゃない?

2010年5月10日 (月)

一人前の収穫

ここ2~3日の間に行えた収穫の話を一挙に公開。

まずはアスパラガス8号株。

2010_0506a0009 2010_0508a0003

左が5月6日の写真、2日後には30センチを越えてしまった。それだけ気温が上がってきた証拠。残念ながら、根っこ近く5センチは硬いのでカットせざるを得なかった。やはり収穫は20センチあたりが妥当か。

アスパラ菜も収穫した。

2010_0508a0005 2010_0508a0006

摘み取った直後は左だが、ハモグリ被害の葉っぱを除くと右のような結果に変わり果てる。

ところで、アスパラ菜は「収穫後も次々と脇芽がでてくる」と種袋に書いてあった(http://ndabenanouen.blog.eonet.jp/manical/2010/03/post-3c99.html参照)はずなので、今回は〝ホントかな〟というわけで、収穫後もそのまま放置してみることにした。(下の写真左)

2010_0508a0004 2010_0508a0007

で、アスパラガスとアスパラ菜を土曜日の昼食として頂いたのである。もちろん、1人前である。

日曜日の夜、さらにわずかながらの収穫を行った。

2010_0509a0001 2010_0509a0002

春菊である。茹でると右のように、本の一握りになってしまう。もちろん、1人前である。

これも意外と根っこ近くはハモグリ被害があり、1割程度は除去せざるを得なかった。

春菊はいわずと知れた〝収穫後も脇芽が出る野菜〟であるので、もちろん鉢はそのまま放置である。

ウチの農園の場合は、収穫物はほとんどが1人前である。わざわざ宣言するまでもないのだが、家族が収穫に対して余りにも無関心なのに「ちょっとご立腹」なので、しばらくはオイラ1人で食べることにするための宣言なのである。

それすらも無関心だったりして、ちょっと寂しかったりして、・・・そんなもんかなあ。

2010年5月 6日 (木)

収穫(撤収)と大根の様子

昨日掲載したアスパラ菜と冬を越して頑張ったパセリを収穫(撤収ともいう)した。

紅白二十日大根帝国もぼちぼち収穫時期に順次進んでいく。

2010_0505a0005 <紅白はまずまず>

すべてタマゴサラダのなかに投入された。

紅白のあいた鉢に今年度版パセリの種まきを行ったので、早ければ秋には食べられるかな。

アスパラ菜は同じ容器に、土だけ入れ替えてリベンジ再開である。

 

2010_0505a0001 <大根>

一応、ココだけ見ると順調といえる様子である。

ガードマンとしてジャンボニンニクをそばに置いてみたが、あまりコンパニオンプランツとしての効果はなかったようだ。

2010_0505a0002 <見るも無残な葉っぱたち>

結局やられるのである。

とくにジャンボニンニクが置いてある反対側の葉っぱがやられている。

周りを囲むようにしておかねばならないということ?

大根1本につき、ニンニク2本植えるなどという不経済なことは不可能である。

大根の種は100つぐらい入って150円ぐらいなのに、ジャンボニンニクは6片で980円もするんだもん。

こまめに巡回するしかないってことよ。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart