キャベツ Feed

2016年11月23日 (水)

キャベツも今シーズンはあっさりとあきらめた

結局ため息しか出ない。見てチョーだい、この悲惨な姿。

2016_1120a0001 2016_1120a0002

とてもかなりヴェリー超小さいジラースの顔。(わかる人はかなりの世代)

言葉では表せないぐらい虫だらけで、葉っぱ広がりまくりで、とてもじゃないけど回復の見込みなし。今までちゃんとしたキャベツができたためしがない。少なくともオイラにはキャベツづくりの才能がないことだけはわかった。

これらは早急にあきらめて、次の作物へと場所を明け渡すことにした。

 

さて、これらだけでは少しさびしいので、夏の終わりに行った福井トリップのお土産の中からちょびっとだけ公開しておこう。まずは、

2016_1105a0001 ベタなところで、こげな高級茶づけ。

このシリーズもオイラの定番。でもさすがに茶漬けだから、内容としてはN谷園の延長線上。それらしい風味はすれども中身は伴わずといったところ。やっぱり本物が食べたいべさ。

続いては、2016_1029a0016 密かな話題になってる?

ケンミンショーのおかげで割とメジャーになったソースかつ丼。ヨーロッパ軒も行ったことあるけど、今回は年寄りたちの同伴だったので立ち寄らず。

やっぱせんべいよりも本物を食べたいべさ。結局のところ、いずれも本物が食べたくなるよねって話なんだな。

←ブログ村ランキング!そろそろ本格的にダイエットしなきゃ。

2016年11月 9日 (水)

キャベツのライフラインがギリギリの状態

ちょっと写真が古いけど、10月末のキャベツの状態。

 2016_1031a0008 まずは見るからにまだまだ葉牡丹状態。

一向に結球する気配無く、モンシロチョウ存分に受け入れ状態模様。

さもあらん、2016_1031a0009 2016_1031a0010

いつでもどうぞとばかりに中心部分を屋外にさらけ出している。こんなんでは守れるものも守れない。状況によっては、年内どころか近いうちに撤収するかもしれない。やっぱりキャベツには不織布が必須なんだろうかなと思う。

 

さて、今日のオマケ画像は、

2016_1105a0006 久しぶりに缶詰シリーズ。

八戸工場で八戸にて水揚げされた鯖を味噌煮仕立てに仕上げた高級サバ缶。

中身は、2016_1105a0007 ガッツリと入っている。

率直な話、缶詰感がかなり残っている。もうちょっと味噌味があってもいい。つまりは、かなりオイリーだということ。ある程度は仕方ないんだけどね。値段が値段だからもうちょっと努力してほしいと思う。

←ブログ村ランキング!そろそろホムセンにも行かなきゃ。

2016年10月27日 (木)

キャベツがこれでもかと大きく手を広げているのはなんか不満があるの?

ウチのキャベツはおかしい。

2016_1018a0009 ほらね、どうみてもおかしいでしょ?

キャベツって、普通は丸くなるんだよ。

それなのに、うちの子たちときたら、こげに大きく手を広げて。何をWHYしてるん?物言えぬキャベツたちの抗議行動なのだろうか。

さても、キャベツたちの声が聞こえぬオイラは、彼らをこのまま放置するしか手がないのであった。

そんなおいらの密かな楽しみの一つに偽物食品収集がある。

今回見つけたのが、

2016_1022a00012016_1022a0002

カニカマならぬサモカマ。さすがに「風味」だけあって、味は丸のままカマボコ。色とちょっとした粘着食感だけがサーモン。でも良くできた偽物である。こげな偽物たちをガンガン世に送り出している食品会社に敬服しているのである。

ね、面白いでしょ。

←ブログ村ランキング!さて、今回のお土産は何かな?

2016年10月11日 (火)

キャベツはやはり鬼門作物なのか&「伊賀牛カレー辛口」

植え付け草々に結構な虫害にやられたキャベツ。しかし、オイラが鬼門かもしれないと思うのはそれだけではなかった。

まずは9月末の写真とその一週間後の写真を見比べる。

2016_0930a0011 2016_1006a0008

幾分かは成長しているように見える。穴だらけの葉っぱでさえ、少し大きくなったように見える。しかしさにあらず、新しく大きくなった葉っぱも虫害にあって新たに穴だらけになった葉っぱが増えただけなのである。スケルトンなのはここからでも十分に確認できるのでアップ写真は省略する。

重要なのはこれである。2016_1006a0009 この軸の長さ。

この茎の成長の仕方は、まるでブロッコリーと同じに見える。思わず支柱を立てたくなるひ弱さと長さ。これはキャベツなんだべな。日当たりがイマイチなのか。イエイエ、パプリカの前とはいえ、一番前面に設置してある。背面以外の周囲の高さはそれほどではない。元肥か。いやいや鶏糞をどっさり仕込んである。逆に鶏糞入れ過ぎか。んんんんんんんんー。

いずれにせよこのまま不完全成長するなら、やっぱりキャベツは鬼門作物として認定せざるを得ない。

 

さて、昨日のモーニングカレー。

2016_1010a0001 2016_1010a0008

 「伊賀牛カレー辛口(伊賀北部農協)」

まずは何故昨日一昨日とモーニングカレーだったのか。ここ数週間、ランチカレーの回数が減っていたのでそれを補うためにこの三連休を利用して追いつく作戦を決行したためである。昨日も一昨日も昼に不在になることがわかっていたからね。

では実食レポートに戻ろう。ルウはサラサラ系で辛口表記だがさほどの辛さはない、具材は小さな肉塊が2ケのみ。昨日も開設したが、〇〇牛カレーについては肉塊の存在の仕方がこげな感じである。予想通り。

他に大きな特徴もなく、〇〇牛を誇張するならもう少し肉塊を大きくするか増量するかが必要だと思う。

←ブログ村ランキング!昨日はカレーのタグ付けるの忘れたな。

2016年9月24日 (土)

リベンジキャベツの植え付けから2週間後

さて、キャベツはどうなったかな。植え付けから2週間を経過して様子を記録しておく。

 2016_0917a0012 少し成長したかな。

キャベツはセロリとは逆で、背丈よりも幅が大事。相撲で言うあんこ型のようにどっぷり体系になってほしいものである。

ではズームインしてみよう。2016_0917a0013 立派に見える。

高さはこのままで、図太く生きてほしい。

 

さて、おまけ画像だが、こげなものを用意した。

 2016_0914a0003 チーズ入りマーガリンってとこかな。

うす~くぬってみたけど、オイラが思ってたほどカリカリにならない。ていうか、相当薄く塗らないとダメみたいだから、その場合は全くもってチーズの味がしない。

結局のところ何度か試してみたが、普通にぬってじゅわーにしてケチャップとマスタードをプラスするのが、普通に美味しく食べられる方法かもしれない。

こういう怪しいヤツを買っちまうんだべなあ。

←ブログ村ランキング!今日から暑さがぶり返すって?

2016年9月10日 (土)

秋冬に向けて苗の植え付けと種まき計4種

そろそろ秋の準備をしなきゃ。ってことで先週末にコーナンへダッシュ。

結果として2種の苗と2種の種を購入し、さそくに植え付けと種まきを行った。まずは苗2種。

2016_0904a0015 2016_0904a0016

毎回なかなかうまくいかないキャベツをこのプランターで再挑戦。

2016_0904a0017 2016_0904a0018

これも植えと同様、なかなかうまくいかないセロリの再挑戦。

種まきは、

2016_0904a00192016_0907a0001 水菜と、

2016_0904a00202016_0907a0002 ルッコラ。

この2つもこのところあまりうまくいってない方々。だからこそ再挑戦したくなるんだな。

この秋冬、存分に楽しませてね。

←ブログ村ランキング!一応予約投稿。昼過ぎには一旦帰宅予定。

2016年4月22日 (金)

キャベツは半ば強制的に悲惨な結果で撤収となる

まずはメイン花壇のキャベツ、不織布を開けてみると、

 2016_0417a0015 すごい広がりよう。

鉢植えの株は、

 2016_0417a0012 これもかなり広がっている。

しかも、2016_0417a0013 根元の葉っぱは紅葉してるし。

これはもう収穫時期を迎えたということでしょう。しかもこの鉢植え株には少々問題が発生していたので、半ば強制的に撤収することに。

少々の問題、それは不織布がそれこそ一部腐食していて穴が開いていた。そこからアブラムシが侵入していたらしい。かなりを洗い落としたつもりだったが、やっぱり悲惨なことになっていた。

かなり気持ち悪いのであまりアップで見ることをおススメしない。2016_0417a0016

切り取った裏にビッシリ張り付いていた。これも相当洗い流して、さらに水に漬け倒して除去してから食べた。まあ、アブラーのことだから表面にしかいないし、中の奥の方までは侵入していなかったようだし、それが不幸中の幸い。

で、収穫の絵ズラがこちら。

2016_0417a0018 2016_0417a0017

これだけ見れば、まあめでたしめでたしってとこかな。

メイン花壇株の大きく開いた葉っぱもわりと綺麗だったので、少々苦かったけれどかなりの部分は食べたよ。やっぱし鉢植えよりも路地植えだべなってとこかな。

←ブログ村ランキング!今日で東京出張はお終い。帰るのはいつ?

2016年4月 7日 (木)

キャベツは葉牡丹のように広がる葉っぱが

キャベツの不織布を剥がして、中を覗いてみた。

 2016_0330a0010 葉っぱは実にキャベツらしい。

けど、この広がりようは何だ。まるで葉牡丹のようだ。いや、それよりも葉牡丹っぽい。

中の奥の方を覗いてみると、2016_0330a0011

一応、結球している。さて、こうなると難しいのは収穫適期だ。外側が丸まってないだけに完成形が予測できない。とはいえ、まさかこの大きさで収穫するわけにはいかないよね。

 

さて、今日のオマケ画像は久しぶりにキャラメルもんをオンパレード。

2016_0227a0004 2016_0227a0027 2016_0319a0024

ここまではイマイチだったシロモノ。二度と買うことはないだろう。

2016_0127a0001 2016_0402a0022 これはまあまあだったかな。

2016_0227a0005 2016_0403a0010 Fァミマのシリーズは良かった。

2016_0330a0001 2016_0403a0001 デザート系もなかなかだった。

今回は割とあたりが多かったな。なかでもFァミマのドーナツは今回の中では一番のキャラメルもんだったべさ。また買ってこよう。

←ブログ村ランキング!本文よりもおまけの方が写真が多いってどう?

2016年3月24日 (木)

メイン花壇のキャベツはこれでいいのか疑問に思う

メイン花壇のキャベツ。帽子を被せても暴れるほど成長したので、不織布を上から被せていた。

 2016_0320a0014 今度は下から葉っぱがはみ出してくる。

久し振りに不織布を剥がしてみよう。2016_0320a0015 わさっと広がる。

では中心部は?2016_0320a0016 奥の方で一応結球が始まっている。

しかし、外の葉っぱは横に横に暴れているが、こんなんでいいのか?大いに疑問である。我が農園ではなかなかキャベツがうまくいった試しがない。とはいえ何か手立てがあるわけでもない。

葉っぱがあんまり暴れるので、上からではなく、周囲をくるむようにして不織布でカバーする。

 2016_0320a0017 あんまし変わらんか。

大きさは鉢株よりも大きくなったかも。そのあたりはさすがに路地植えだなと思った。

←ブログ村ランキング!毎日花粉のとび具合が気になる。

2016年3月10日 (木)

帽子の中で暴れるキャベツ

防寒用の帽子がね。2016_0302a0009 こんなんになってた。

また愚息2号あたりが蹴とばしたんだろうと思っていた。折角なので中を覗いてみたら。

2016_0302a0010 葉っぱは暴発状態、めちゃひろがっている。

 2016_0302a0011 成長点ともいえる中心部は結球しかかっている。

結局帽子が浮いていたのは愚息2号の蹴りではなく、キャベツ自身が暴れているせいだった。

これじゃもう帽子も役に立たないので、2016_0305a0026

鉢植えと同じように不織布を被せてやった。

ちなみに鉢植えの方は、2016_0302a0012 同じように暴れていた。

これも来月あたりがぼちぼちの時期になればうれしいなあ。

←ブログ村ランキング!今日はどうも降らないらしい。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart