キュウリ Feed

2014年6月26日 (木)

期待三様キュウリ三種

我が農園にはキュウリが三種類ある。地這キュウリ、白キュウリ、プチキューリ。元々ウチでは鬼門作物として崇めている非常に難儀な作物であるが、今年は無謀にも三種類ものキュウリを一気に栽培している。しかして、その現状はというと。

まずは、2014_0616a0005 いわゆる普通のキュウリ。

右株も左株も種まき時期や発芽時期もほぼ同じ。でも成長度合いが若干違う。

それでも背の低い右株の方に、2014_0616a0006 雌花ちらほら。

左株の方は雄花ばかり。どこまで期待できるのかとても中途半端。

これよりも、2014_0624a0005 白キュウリの方が先行している。

それでも先っちょが細々しい果実しかできていないが、まだ蔓は上の方に伸びて行っている。ウチのキュウリの中では、いま最も期待度が高い。

2014_0624a0007 2014_0624a0006

上の方は元気で若い緑だが、下の方から順番に粉を吹き始める。こんな葉っぱは即処分だ。

そして最も残念なのが、2014_0620a0011 プチキューである。

この写真は先週の写真なのだが、すでに葉っぱが枯れ始めている。原因は不明。

そして一昨日撮影の写真では、2014_0624a0021 もうこれは完全にあきらめざるを得ない、崩壊した姿しかとらえられなかった。グリーンカーテンさえ夢見たプチキューの企画も、あっという間に夏の戯れ。とっとと別の作物に入れ替えるか。

何でウチではキュウリがうまくいかないんだろう、いつまで鬼門作物なんだろう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!週末の雨は嫌だな。

2014年6月12日 (木)

プチキューの方はね

昨日に続いてキュウリ関係の話題をもう一つ。

面白そうなので買ってみた苗、プチキュー。

2014_0523a0025 ちょっと写真が古いかな。

今はもう少し大きくなっている。

グリーンカーテンには程遠いが、2014_0523a0026 どんどん、

株が分かれていく。縦に伸びるよりも横に伸びて行ってる感じ。一応タワー型に仕立てる予定。

でもなかなか縦には伸びてくれない。

そんな中、2014_0525a0012 雌花を発見。でもどうしていいやらわからない。

初めての苗ってわからないことだらけ。とにかく水やりを続けるしかない。

さて、この後、どーなるのでしょうか。全く想像つきましぇん!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は休みたい気分。

続きを読む »

2014年6月11日 (水)

キュウリの剪定はもったいない気がした

種まきから苗を作り、一応白キュウリと緑キュウリの予定なんだが、それぞれみんな伸び方が違うから作業に戸惑う。でも面倒くさいので、行う作業は3株同時。

ロングプランター株は、2014_0531a0012_2 5月末にこんなだったのが、

一週間後には、2014_0607a0005 ここまで大きくなった。

ちなみにした方は「花が咲いても剪定しなさい」ってことらしいので、少し涼しげにそして遠慮深げに剪定しておいた。2014_0607a0006 花が咲いていたけど。

単独株も、5月の末は2014_0531a0014 こんなだったのが、一週間後には、

2014_0607a0007 ここまで大きくなる。しかも、写真見えてる?

下部の方の剪定を行ったのだが、2014_0607a0008 これこれ。

断腸の思いで3本の雌花を摘果。 これでこのあと実がならなかったら、しばらくは落ち込みまくるかもしれない。

剪定と同時に追肥を行い、水をまき、あとは神に祈るばかりである。どうぞオイラにキュウリの収穫を味あわせてくれますようにと。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!昨日、雨降ったよね少し。

続きを読む »

2014年5月27日 (火)

ちょっとやばかったキュウリとミニきゅうりの様子

今年のキュウリはバラエティ豊か。

2014_0517a0025 これは一番最後に定植したキュウリ。

青いのか白いのかはわからない。どっちでもいい。特に問題ない。

やばかったのはプランターに定植した株。2014_0517a0026

えっ?倒れかけてる。根っこを少しほじってみた。根切虫か?

2014_0517a0027 んんん、そうでもないみたい。

もっと深く植えた方がいいんだなと思い、そのままより深くに植え直した。そして水をたっぷり与える。 

根っこが切れたり食われたりしているわけではないので、これで大丈夫だろう。

新しい購入苗はどうだろう。

2014_0517a0018 2014_0523a0025

ざっとした1週間の変化。縦よりも横に大きくなっているかもしれない。なんでもへちまやゴーヤみたいにグリーンカーテンができるぐらい伸びるらしい。そんぐらい伸びたら伸びたでちょっと困るかもしれないけど、それはその時に考えればいいか。

これも確実に成長している。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日からしばらく晴れ。今朝はまだ水やりは要らない。

続きを読む »

2014年5月14日 (水)

きゅうりの苗も植えつけた・・・けど

きゅうりの種は、まあまあうまく発芽して、なんとか苗っぽくなった。少し小さいけど。

放置してても仕方ないので、プランターに植え付けた。

2014_0512a0007 2014_0512a0006

細長プランターの左右に鎮座させた。

今年種まきしたのは、地這きゅうり2株と白きゅうり1株。結局どれがどうやって発芽したのかわからない。これは地這?それとも白きゅ?

もう1株残っているのもどっちかわかんないけど、

いずれどっかに植え付けることになるだろう。

まずは今年のきゅうり、準備OKってとこかな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は水やりしなきゃ。

2014年5月 9日 (金)

種まきのその後どうなるどうする?

今年は種まきの結果がとてつもなく悪い。散々な結果である。例えば、

2014_0508a0008 これは小松菜?発芽率10%?

生えてきたとたん、2014_0508a0009 虫食い。速攻で抜いてしまった。

このプランターも週末には入れ替えである。

2014_0508a0006 パセリの鉢も生えてきたのは雑草か?

これも別のミニプランターに種まきし直し。2014_0508a0007

今度こそお願い、発芽してちょーだい。 今年買った種だべ!

2014_0508a0005 葉大根も筋蒔きして発芽したのは1株?

これも種まきしなおした。今回は点蒔きで5か所。これも去年のタネだべ!

最後は育苗中のポット。2014_0504a0019 格差が激しい。

まともなのは右側のキュウリとかぼちゃだけ。デカチャンプは結局発芽せず。これも去年買った種なのに。525円もしたのに。

とにかく今年は発芽率が我が農園始まって以来史上最低の感じである。テンションは下がる一方。

早く育ってくれないとブログネタがなくなる!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!金曜日っていいよね。

続きを読む »

2014年5月 7日 (水)

我慢できずに新苗購入3点

いくら種まきしても芽が出ない。特にデカチャンプなんかは確か去年買った種だったと思ったのに、もうダメになるとはちょっとショックである。

プランターも空き部屋が増えてきて少しさびしい。現時点で用意できそうな苗はかぼちゃとキュウリだけ。これでは我が実験農園らしさが全く見られない。そんな状況に我慢できないオイラは結局ホムセンに行って苗を物色することにした。

そして購入したのがこれらの苗3点。

2014_0506a0001 <プチキュー>

マメみたいな粒上のキュウリができるんだって。面白そうじゃない?

2014_0506a0003 <つやぷるん>

さくらんぼみたいなトマトっていうのがサブタイトル。グミみたいなミニトマトを想像している。

2014_0506a0002 <ブラックブッシュ>

最後は我が農園初挑戦となる「スイカ」である。名札に書いてある「お手入れ簡単」の謳い文句に釣られて買ってしまった。見た目はカボチャみたいだが、さてどんな結果になるか楽しみである。

さて、昨日はGW最終日。せっかく天気も良いのだからとお出かけしてきた。まずは恒例のお城めぐり。去年はなんだかんだで滋賀ずくしだったので、まずは兵庫に目を向けた。しかし、姫路城は改装が終わったばかりで満員御礼が予測される。そこでちょっと控えめな明石城へ行くことにした。

ここは基本的に城跡であり、櫓しか残っていない。散策はあっという間に終わってしまった。しかも事前調査で「一番風貌が良いのは駅からの眺め」って書いてあったのに、駅からの目線はこんな感じ。

2014_0506a0010 目の前に電線が走っていて、景観台無し。

なんでこんな中途半端な高さに電線がある?

城跡しかないのは前日の下調べてある程度分かっていたので、早く見物が終わった時のために次のイベントを用意しておいた。このまま一気に京都へ移動するのだあ。

到着したのは高台寺。一昨年の秋に行った夜のライトアップが美しい寺。その寺がこの春にも期間限定ライトアップを行うというので見に行ったのである。

2014_0506a0019 2014_0506a0023

池の水面に映る新緑の姿がわかるかな。紅葉の時とはまた一味違う鮮やかさであった。

ライトアップは昨日が最終日で、春の夜間特別拝観は最後のチャンスだったのだ。朝から夜までいい一日だったべさ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日からまたウイークデーが始まるのだ。

続きを読む »

2014年4月25日 (金)

発芽がイマイチ なんでだ?

なんでだろう~なんでだろう~なんでだなんでだろう~?

一世を風靡したこのフレーズ。まさに「なんでだろう」がウチの農園で起こっている。

発芽がめちゃくちゃゆるいのだ。つまり、発芽しにくい状態が起こっている。

2014_0423a0001 一斉種まきの現状。

発芽しているのはかぼちゃとキュウリの一部のみ。

2014_0423a0005 2014_0423a0006

こちらは紅白二十日大根。何ともさびしい発芽状況である。越冬期間のタネの保管状況が悪かったのかな。いつもと同じなんだけどな。早く発芽してくれないと、ネタ切れになっちゃうやんかいさ。

そんなネタ切れを防止するためにおまけ画像を用意するのである。

2014_0420a0012 2014_0423a0007

最近発売されたと思われる新製品。いずれもカクテルビールのような感じ。左のコーラビールはアルコールが3.5%しかないので、なかなか飲んだ気がしない。右のライムブラックは飲んだ瞬間に爽やかなライムのフレーバーが広がって、なかなかイケる。

さて、今日は久しぶりの東京出張。今年は何回行けるかな。朝から駅弁探検しに行こう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今、ipod が手放せない。

続きを読む »

2014年4月 6日 (日)

続いて種まきと「香食楽黒カレー」

昨日に引き続き種まきの話を。

2014_0405a0002 午前中に整体に出かけ、思いのほか予定が狂った(?)ために、時間ができたので、気持ちにゆとりができた。その浮いた時間の一部を種まきに費やしたのである。

ご覧のとおり、今年もメイン花壇を活用しようと思っているデカチャンプを3株、かぼちゃはそれぞれ1種ずつ、マー坊なすを2株、白キュウリは最後の2粒一気に埋めて、普通のキュウリは知り合いに提供する分も含めて4株分を種まきした。

水を与え、午後からの雨を待つこととしたが、結果的には夕方にしか降らなかったよね。黒いかごに入れてるんだけど、あんまり寒いとコタツ内へ移動するつもりだが、明日からは暖かくなる予定なので、その心配はないかな。

さて、どれが一番早く発芽するかな?

ランチカレーはこれである。

2014_0405a0004 2014_0405a0007

 「香食楽黒カレー」 明日の元気のために

サブタイトルがいいじゃない?いかにも健康そうで。結局これはないかというと、イカスミ入り野菜カレーといったところかな。ルウはサラサラ系でゴロゴロ野菜がこれ見よがしに入っている。肉はチキンのミンチが入っているようだ。

イカスミのまろやかな旨味が見事に発揮している。野菜が主体のカレーとしては今まででナンバーワンじゃないかなと思う。ゴマやココナツミルクもコクとまろやかさを醸し出しているに違いない。

ダイ〇ク薬局で買った300円ぐらいのお手頃なカレー。健康志向の方におススメである。葉っぱさん見てる?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!「少女漫画の靴」を見て涙するのはオイラだけだろうか。

続きを読む »

2013年8月 2日 (金)

やっぱり鬼門だったキュウリは撤収

白キュウリも緑のキュウリも2本目を収穫した。

2013_0722a0005 2013_0728a0007

しかもそろいもそろって1本目よりも若干ながら出来が劣る。

さらに具合の悪いことに、2013_0722a0010 花は死滅し、

2013_0722a0006 茎は縊れている。

やはりプランターでキュウリは難しいのだ。 どうにもこうにもやっぱりオイラには鬼門作物なのだ。

こうなればもう撤収するしかない。 さて、秋冬に向けて空いたスペースに何を植えようかな。

まだ8月に入ったばかりなのに夏野菜のスペースが空くなんて、なんとさびしい事だろう。

今日のおまけ画像はスイーツ系のビールたち。

2013_0730a0003 チョコと 2013_0730a0017 ブドウ のビール。

とても普通のビールではない。 ま、話のネタかな。

2013_0801a0003 こんなのも飲んでみた。 これは抜群に甘い。

これでもってカロリオフってんだから、単にアルコール低いだけやん。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は舞鶴へボランティア。帰りは何時だろう。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart