生姜 Feed

2016年6月15日 (水)

初挑戦の生姜の植え付けは失敗に終わる

はじかみを作ろうと挑戦していた金時生姜。

発芽させようと思って、植え付け前に日光に当てていた。ネットで経験者のブログにそう書いてあったんだもん。ところが天気が良すぎる日に日光に当てすぎて少し干からびてしまった。あわてて植え付けて様子を見ていた。

 2016_0614a0016 このプランターの中に2株の生姜が。

植え付けから3週間ほどが経過した。しかし一向にその気配を見せず、不安は募るばかり。

そこで必殺のホジホジ覗き見作戦。2016_0614a0017

残念ながら、地中でほぼ腐りかけていた。これじゃダメでしょ。やっぱり干からびるとダメだべ。こんなだったら素直に最初から植え付けしておくべきだった。

残念すぎるので、来年もう一度リベンジを誓うオイラであった。

←ブログ村ランキング!今日はちょっと寝不足。

2016年5月24日 (火)

生姜の仕込みから一か月・・・・・・・・

今年初めて挑む金時生姜。発芽させるための仕込みを行って一月ほどが経過した。

 2016_0519a0019 あるブログでは日光に当てるべしと書かれてあった。

ので、被せてあった土を覗いて、根っこが全部見えるようにして日光に当てるようにした。

すると一番大きな根っこでは、2016_0519a0020 ちょっと出てきたかも。

っていうより、ここまで一カ月もかかるんだったら、何も根だしの仕込みなんか必要じゃなかったんじゃないの?って思う。それでももう少し他の根っこの芽が出始めるまで日光浴させて置こうと思う。

プランターの用意はもうとっくにできているというのに。

 

今日のオマケ画像は、

2016_0515a0026 これと、2016_0521a0016 これ。

ともに少し辛口の純米酒だべさ。似たような感じだけど、オイラは左側の方が好きかな。日本酒らしい風味とともにフルーティな飲み心地があった。右側の酒は昔ながらの日本酒らしさを持っている。そんな感じだったべさ。

←ブログ村ランキング!今日も暑くなるぞ!

2016年4月19日 (火)

初めての作業は生姜の仕込み

こんな簡単に売ってたなんて。結構探してた。あるホムセンでは12月ごろだといったので、冬まで待って探したりもした。でも近所のホムセンで普通に見かけたので、迷わず購入した。

 2016_0409a0028 しょうがだべさ。

普通の土生姜ではなくて、鰤の照り焼きなんかの隣にちょぼっと鎮座している「はじかみ」のしょうが。これを専門用語で<葉しょうが>というらしい。これは金時生姜や三琇生姜という割と小さなしょうがの種類で作る早撮りの生姜らしい。

だいたいのことをネットで下調べし、さらに芽出しが必要なこともネットで知る。そこで、芽出しの仕込みを行う。

まずは、発泡スチロールの容器にキッチンペーパーを敷き、水を含ませて、

2016_0416a0010 種生姜を並べる。50グラムが標準らしい。

計ってみたら、この大きな塊でも50グラムなんてないんだけど。いたしかたなし。普通のプランターで2株、鉢で1株、残りは路地植えの予定。

ネット調べによると、これに、2016_0417a0001 薄く土を被せ、

暖かい室内で保持するのが良いらしい。なんでも南国育ちなもんで寒いと発芽しないんだって。我が農園ではオイラの部屋の窓際に設置した。あとは乾燥しないように時々水を与えること。

さて、何日で発芽するかな。今から楽しみだべさ。

←ブログ村ランキング!明日から東京出張なんだべさ。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart