わけぎ Feed

2009年2月20日 (金)

意外な途中経過

やっと変化が明確になってきたわけぎの比較実験。

途中経過を報告しておこう。

2009_0220a0003初めて見る人と何の実験か忘れた人のために、実験の内容を簡単に説明しよう。

500ml飲料パックに、7分目ぐらいまでは単に化成肥料と土のみを同条件で入れ、その上から土だけを入れた対照区、牛糞堆肥を入れたもの、鶏糞堆肥を入れたものに、それぞれわけぎの球根を植え、生育の比較をする実験である。

写真手前から、対照区、牛糞区、鶏糞区となっている。

 

意外なことに、牛糞区での育成が遅れている。

室内コタツの上団地での育成となっているので、何日かおきに場所をローリングしているにもかかわらずである。

まあ、対照区でも化成肥料は必要量程度は入っているので、ある程度育成するのはわかっている。

予想としては、肥料成分の高い鶏糞区の伸びが、後半にも衰えず、トップでゴールするのではないかと考えている。

あとは、どれぐらい大きく又は立派に又は美しくなるかがポイントとなるであろう。

スキーのジャンプ競技ではないが、「飛形点」みたいなものも取り入れていきたい。

(別に品評会があるわけではないが・・・・・・・・。)

しかし、なんとなく手前のわけぎの形は「おどろおどろしい」妖艶な姿である。

今の時期、ある程度の大きさまでは、ぬくぬくのコタツの上団地が適切なのであろう。

水耕栽培に挑戦中のわけぎ球根も、今宵からコタツの上団地へ引っ越すことにした。

 

暖かくなるのはいつからだろう。

明日は待ちに待った週末デー。また新しい仲間が増えそうで怖い。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング《他にも楽しいプランター仲間達がいっぱい!》

2009年2月13日 (金)

実験が欲求を満たすのだ

さて、お待たせいたしやした。

で、葉大根を植えていた鉢は、ゆっくり休養させることとし、

我が欲求を満たすために行ったことは、その1・・・

2009_0211a0011まずは、小学校朝顔用鉢に土を入れ、

購入済みのわけぎを8株投入。

すでに、先週にわけぎに関する実験は開始されているので、

これは単なるこの大きさでこれぐらいの数がいけるか実験にしか過ぎない。

 

 

 

 

 

 

まさに、これしきのことで“んだべな実験農園”主として満足できるわけもなく、

我が欲求を満たすために行ったこと、その2がこれである。 2009_0211a0010

 

題して、500mlパック容器にて紅白大根2株と4株どっちがどっち実験。

手前が看板どおり4株育成予定、奥が2株育成予定である。

このところ気温も高いので、特になんの覆いもなく、完全屋外で実験スタートであ~る。

いやはや室内育成実験が余り芳しくないこともあり、

早々に紅白大根第2弾目の実験となってしまう。

但し、また気温が下がるようならば、この容器も写真にチラリと見えているビニルハウス行きとなることだろう。

ああ、我輩の欲求も、とりあえずは満たされた。

そして更なる欲求は・・・・・・・・・・・・bud

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!チェック必須!また見てね~!

2009年2月 7日 (土)

わけぎでの比較実験開始

昨日、100円ショップで新兵器を購入した話の続き・・・。

今日は朝からワクワク気分で、作業に取り掛かる。

先週コレクションした500ml飲料パックにせっせと土をいれ、

以前に買いおきしていた“わけぎ”の球根を植えつける。

2009_0207a0003右がいわゆる対照区。

真中が鶏糞堆肥多め、左が牛糞堆肥多めと区別してみた。

つまりは、堆肥別発育比較実験である。

 

 

 

 

えっ、なぜ500ml飲料パックだって?

それは、昨日買ってきた新兵器を使いたいからである。

2009_0207a0001いわゆる文房具の一種であり、ブックなんとかというやつだ。

もともと、小野菜の植え付けを500ml飲料パックで色々試したい思いがあり、それを納める良きモノを探しておったところ、これに行き当たったのである。

但し、幅サイズがピッタリでも底が穴あきではないので、水の逃げ場がなくなってしまう。

2009_0207a0002そこで(特に駄洒落を意識したわけではないが)、底に割り箸を二本入れることで、若干の遊びスペースを作った。

わんさか散水することもないと思うので、これで十分である。

 

 

 

で、ごらんあれ、美しいでしょ?2009_0207a0004

このタイプのブック何とかは、もう一つ購入してあるので、次は1000ml飲料パックで、小長物野菜に挑戦したいと考えている。

又、この球根には「水耕栽培もできます」とかいてあったので、ヨーグルト容器のふたを活用しての栽培実験も同時進行する。

2009_0207a0005 ティッシュを5枚重ねたものを敷き(その方が保水性がよいことがスプラウト実験でわかったから)、その上になるべく腰の低そうなずんぐり形の球根をセレクト。

 

巻いているのはクッキングペーパーであるが、左は全身浴、右は半身浴をイメージさせ、リビングで唯一日の当たる出窓においた。但しココは朝の気温がすこぶる下がる場所でもある。

都合8株。20~30日で出来るらしい。楽しみである。

この作業が終わってから、ロイヤルホームセンターとコーナンへ繰り出し、玄関前で展開する3段棚と新しい種を購入。

3段棚は置くだけのものなので、特筆すべき事項はないが、新しい種については、来週にも種蒔き可能なシロモノなので、その折に公開することとしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←プランター菜園、他にもいろいろあるよ。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart