道具・技巧・工夫 Feed

2016年2月16日 (火)

裏庭の堆肥の状況

忘れかけていた。裏庭で堆肥を熟成させていたことを。

 2016_0211a0019 鉢中と放置。

去年、山芋の種芋を越冬させるためにもらったもみ殻を裏庭で土と混合し、堆肥化に臨んでいた。もみ殻の量が多いためなかなか土と混ざってくれない。

鉢中の方は少しずつ混ぜていたからかなり土と混ざってくれていた。でも思ったよりねちょっているのが想像外。表の放置組のもみ殻をさらに鉢中に移しこんで混ぜる。

 2016_0211a0022 こんな風に。そしてさらにネットをかけて熟成させる。

放置組の方は、2016_0211a0023 新しい土を混ぜ込みさらに放置。

もみ殻の前に混ぜ込んである落ち葉はもう完全に溶け込んでいるが、さらにもみ殻が溶け込んだ堆肥はどんなものになるのだろう。職場のセミプロからもみ殻は時間がかかるよって言われているので、あせらず気長に待ってみたいと思っている。

今日のおまけ画像はこんなものを用意した。

2016_0213a0001 2016_0213a0002

フリーズドライのとろろ。水で溶いてご飯にかけるのである。ちょっと水が足りなかったかな。味がすんごい濃いくてしょっぱかった。確かにとろろの味はするけど、かなり粉っぽかった。それもやっぱり水が足りなかったからかな。

いまどき、とろろごはんでさえもこんなインスタントがあるんだべな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!寒いのは今日まで?

2015年2月24日 (火)

今更ながらスナップに防寒防鳥

そこそこ大きくなってきたので、洗濯ばさみからヒモに切り替えて整理整頓。

2015_0222a0006 春を迎える準備万端。

とおもいきや、2015_0222a0007 食われている。

となりのカリフラワーに不織布がかぶさっているせいか、ヒヨドリがコチラをターゲットにし始めた。

これは対策を練らねばということで用意した作戦がコレ。2015_0222a0005

コンビニで紙パック飲料を買った時にもらえるストローを糸でつないだものである。

これを一番被害にあっている株に被せる。

2015_0222a0008 本来は稲わらとかでやるんだろうけど。

ワラも英語ではストローというのだから、あながち間違いではない。唯一の心配は素材がビニルということだ。水滴が乾かぬままに葉っぱと接触し続けると、葉っぱは枯れてしまうかも。

心配してもきりがないので、今更ながら防寒の意味も含めてしばらくこれで様子を見てみよう。

さて、今日のおまけ画像は、先月の北海道展で買った羊ギョーザ。

2015_0220a0001 2015_0220a0002

これを鍋に入れてねぎと一緒に食べるのである。なかなか旨かった。

試食の時は焼きギョーザを食べたけど、焼いたものも旨いよ。おススメの逸品だべさ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日はちょっとしたイベントがあるのだ。

2015年2月 2日 (月)

忘れていた熟成土の存在&「オニオンチキンカレー」

茗荷の防御ライン確保の作業をしているすぐ近くで土を熟成させていたのを忘れていた。

2015_0201a0014 白いのは不織布とネットである。

これは雑草を生えさせないようにするために被せてある。おかげで、この下には草一本生えていなかった。

被せモノを取り除き土の中に酸素を送り込むために混ぜ込んでみた。

思っていたほどではないが、2015_0201a0015 まあまあフカフカである。

さて、あとはこいつをどのように使うか。寝かしてはいるものの、使う予定がないのが少しさびしい。

さて、昨日は朝から野球のヘルプに行って帰ってきてからのランチカレー。

2015_0201a0005 2015_0201a0028

 コトコト煮込んだ 「オニオンチキンカレー」

金曜日に出張に出かけた際、天王寺の輸入雑貨で見つけた。国産品も置いてあり、たまにレアものが売られている。

ルウはドロドロ系で中辛程度。具材はチキンがゴロッと3つほど。キーマのようなつぶつぶ感があるが、これは玉ねぎか。

ある程度はスパイシーなのだが、玉ねぎがたんまり入っているおかげでかなり甘く感じる。ディナーには物足りないがランチにはもってこいのカレーであった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!なんだか体が痛い。やりすぎたかな。

2015年1月27日 (火)

ようやくゴーヤの鉢を整理する

さて、すでにタイトルで種明かししているが、この写真を見てわかる人はかなりのマニヤだといえる。

2015_0124a0016 「生で食べられるゴーヤ」の鉢である。

栽培そのものは11月まで粘って終了しているが、その後の整理をなぜ今まで放置していたか。

それは、2015_0125a0006 容器がボロボロだからである。

もともとこれは、100均の店で買った200円のごみ箱である。屋外で使う用途としての商品ではないため、こういう使い方をすると消耗が激しいのはしかたない。逆に3~4年使った気がするので、よくここまで持ってくれたと思う。

コイツをまだ根っこが若いうちに整理するのが難儀と思ったので、ある程度根っこが貧弱化するのを待っていた。結果としては、太い根っこは残っていたが、なんとか容器を空中分解させずに土を回収できた。

容器は廃棄処分となるが、置いていたスペースは確保できたので、ここに何を置くことになるのか、今後の検討課題としたい。

さて、今日のおまけ画像は、こんな調味料を紹介しておこう。

2015_0117a0001 ちょっと曇っててソフトフォーカスみたいだが、

「かけるしょうゆ風ソース」である。醤油なの?ソースなの?醤油味のソースなんだな。そのくせ、たこ焼きやお好み焼きにあうなんて書いてある。開発者は粉もんをイメージして作ったのだろうか。そういえば似た様な商品で「しょース」ってのがあったような気がする。<過去記事

あっさりしていて、何にでもあう。一度これで焼きめしを作ってみたいと思っている。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!

2015年1月11日 (日)

土の処理を考えてみた&「幸せのまかない牛すじカレー」

毎回毎回めんどうなのが土の後片付けである。石灰を入れたり、堆肥を入れたり、乾かして根っこを取ったり、どうしても作業があとあとになりがちである。

我が農園では、こんな容器に入れておく。2015_0110a0003

表面においてあるのは猫よけなのであしからず。あ奴らは決まって軟らかい土の上で分をしたがるからな。

この中で乾かしながら、少しずつ、2015_0110a0004 こういう根っこを取っていくのである。作物によってはこの細い細かい根っこが無尽蔵に発生するので、子の後始末が大変な作業になるのである。

たいへんなのがわかっているので、鉢のまま放置しているものもある。何とかならんものかなと思案していると、突然いい考えが浮かんだ。

これを使うのである。2015_0110a0005

コイツを使って土の表面を焼いていけば、根っこは灰になるし、土も少なからず乾くし、一石二鳥ではないか。

早速試してみる。2015_0110a0006 ボーーーーーーッ!

表面に出ている小さな根っこは見る見るうちに灰になっていく。おお、これはいいかも。

なんて一瞬喜んだのもつかの間、焼けるのはほんの表面の一部だけということが理解できてくる。結局土の表面を穿り返しながら焼いていくのだが、全くもって容量的に進んでいる気がしない。

しかもこのところのにわか雨で土が思いのほか水分を含んでおり、全くもって乾く気配もない。これは相当骨の折れる作業になるな、そんな予感が走る。

15分ほど焼き作業を続けたが、キリがない作業であることを理解して中止し、おとなしくビニルをかけて、もう少し乾燥させてからにしよう。ということにした。お粗末な話でやした。

さて、昨日のランチカレーは、

2015_0110a0001 2015_0110a0008

 「幸せのまかない牛すじカレー」 尾道

久しぶりの牛すじカレーなのでかなり期待した。ルウはシャバシャバ系でかなり緩い。具材はほとんどがコンニャク。牛肉っぽいのも2カケほど入っていたが、想像していた牛すじとはかなり異なる感じ。

結論を言えば、期待した分だけ損した感じである。ルウはもう少しスパイシーさが欲しいかなと感じるぐらい甘い。でも結構おいしいルウである。いかんせん、牛すじが少ないのがもったいない。あのクニクニとした食感がもう少し欲しかった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!意外と二日酔いじゃないよ。

2014年3月 4日 (火)

思っきし日陰のホウレン草

昨日は割と寒かったかな。まだまだ寒い日と暖かい日が交互にやってくる。そろそろ虫もやってくる。不織布はまだ取り外せない。

2014_0223a0014 <メイン花壇ホウレン草>

気が付けば・・・・・・・。ってこともなかったんだけど、メイン花壇のロマネスコの葉っぱが大きくなりすぎて、ホウレン草が思っきし日陰になっている。こんなんで大丈夫かな。

めくってみると、2014_0223a0015 見た目はワサワサ。

でもよくよく見ると、2014_0223a0016 やっぱ少し徒長ぎみか。

でもロマネスコが収穫されない限りは日陰のまんまなんだから、環境は改善されないよね。

日陰といえば裏庭で堆肥を積んでいるのを忘れていた。

2014_0223a0031 忘れていたおかげで、完全に草ボーボーである。

これは遺憾と思い、草引きと再混ぜ込み。2014_0223a0032

また、愚息2号に落ち葉を拾ってこさせるか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は夜から雨だって。

続きを読む »

2013年2月25日 (月)

ブロッコリーのネットと「ぎょれんのこだわり帆立カレー」

ヒヨドリ避けに100均で買った洗濯ネットを被せているブロッコリー。

2013_0222a0006 <鈴なりブロッコリー>

どうなってるかなと思って中を覗いてみることにした。

2013_0222a0007 中の様子はあんまり変わっていないかも。

でも新しい葉っぱが出てきて、今の葉っぱが成長するとともに、被せてあるネット内は狭くなる。

それと同時にネットも古いので、結構ガタがきている。

例えば、2013_0222a0008 ファスナーなんかは壊れちゃったし、

色は褪せてるし、次に外すときはネットごとカットして外すことになりそうだ。

さて、昨日のランチカレーはコイツだ。

2013_0224a0002 2013_0224a0005

 「ぎょれんのこだわり 帆立カレー」

前回の魚出汁カレーとは違って、こいつはまさにシーフードカレーである。

ルウはサラサラ系の中辛。 具材はベビー帆立が2ケとジャガイモが数個、人参とタマネギはみじん切りで溶けて馴染んでいるって感じかな。

結論から言うと、いままで食べた帆立カレーの中では最もインパクトが薄い。 シーフードだからと期待していたからかもしれないが、ベビー帆立が2ケ申し訳なさそうに入っているのは少し貧乏くさいし、ぎょれんさんが何にこだわったのかよくわからない。北海道といえばタマネギも人参も一大産地である。そこにこだわるならタマネギも人参もみじん切りでない方が良かった。

価格設定を気にして、中途半端な値段にするくらいなら、きっちりと仕上げてこれでもかっていう値段で勝負してほしかった。 まずくはないが、まったくもってインパクトに欠けるカレーといえる。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ ←ブログ村ランキング!今週は出張づくしになるかも。

2013年1月17日 (木)

清水養鶏場と「但馬のどてカレー」

現在わが農園において足りないものをゲットしてきた。

鶏糞である。2013_0116a0015 <乾燥鶏糞15㎏入り300円>

からっからに乾いているいい鶏糞である。 

これがなかったためいわゆる「寒肥」を全く施肥できていなかった。

さそくにアスパラやブドウ、大根にネギまでも、多くの作物に寒肥を与えてやった。

これでまずは一安心。

ついでに卵も買ってきた。2013_0116a0020 10ケ入M玉300円

新鮮な卵がゲットできた日にはたまかけご飯に限る。

2013_0116a0022 2013_0116a0021

今回の調味料は江戸前の調味料「煎酒」である。 これはたまかけご飯にぴったり。

昨日は昼にいったん帰宅したのでランチはカレーを食した。

2013_0116a0016 2013_0116a0019

 但馬牛100% 「但馬のどてカレー」

ルウはサラサラ系とドロッと系の中間ぐらい。 見ての通り角切りのジャガイモと人参も入っていた。

とにかく中に入っているすじが最高に旨い。

カレーってやっぱりすじ肉がベストマッチだなと再認識させられる。

牛の出汁が出ているので、中辛よりは少し甘口に感じる。 この甘味は但馬牛だから沁み出てくる甘味なのだろうか。

このところ旨いカレーに当たっているが、その中でも結構上位レベルで旨いカレーであった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!寒いけど今日は走ろう。

2012年12月29日 (土)

年末の衣替えとメジャーデビュー

ここにきてようやく一通りの防寒を行えた。

たいした防寒ではないが、ないよりはマシだろう。

2012_1229a0001 2012_1229a0002

大根はより大きなビニル袋を被せ、もともと大根鉢に張り付けていたビニル袋をにんじん鉢に被せた。 大根にとっては軽い衣替えとなったかな。

雨が降ってつぶれては困るので、上部中心に穴をあけてある。

2012_1229a0003 こちらはキャベツ。

不織布を100均で購入してきたので二重にして被せてある。

これで一通り最低限の防寒は終了である。

それはさておき、ついにおいらもメジャーデビューすることとなった。

2012_1229a0009 農文協という会社から出版されている「現代農業」

ここからメールがあってオイラの写真を使いたいとのこと。

「どうぞどうぞ」ということで返信しておいたが、ほんとかどうか半信半疑。

で、昨日送られてきた見本がこれなのである。

開いてみると、あったあった、オイラの写真。2012_1229a0011

「FTsumujiro 撮影」 と書かれてある。 これはオイラが30年来使っているペンネーム。

ちょっとマニアックな冊子だが、これでオイラもメジャーデビューを果たしたことになるのである。

今時B版で380ページもある農家向けの800円もする冊子だが、中身を見ると色々と面白くて興味深い内容も入っている。

よかったらオイラの写真ものぞいてやってください。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!今日から仕事は休みだけど年末まで忙しい!

2012年5月21日 (月)

シンディオレンジパクリ栽培方

かのよんさん葉っぱさんとこで仕入れた情報によると、トマトは土増ししていった方がいいんだってさ。

2012_0516a0006 <シンディオレンジ>

ウチの中玉トマト、シンディオレンジもこんな感じの鉢でマアマアかなと思っていたけれど、彼女達の栽培方法を派暮らせてもらうことにしたのである。

もう鉢に入ってしまっているので、手法としてはかのよんさんをパクらせてもらいました。

2012_0520a0005 こんな感じ。

適当なペットボトルが無かったので、夏期の給水具がついたままのペットボトルを埋め込んだ。

コレを使う頃には、ちょうど土増しする頃だろう。 と勝手に想像するのである。

昨日は朝から賞味期限切れの処理パレードだった。 朝は100均で買った賞味期限が切れたカレーうどん。 

昼もランチカレーではなく、賞味期限が切れたラーメンを食べることになった。

そのランチセットはこちら。

2012_0520a0001 2012_0520a0002

缶詰は100均で買った珍しい逸品。 もちろんコレは賞味期限内である。 出来上がりはこちら。

2012_0520a0003 2012_0520a0004

ラーメンの具はネギのみ。 下仁田が枯れてしまったので、この細ネギの根っこを長めに切って取っておいたのに、ヨメにさっさと片付けられてしまった。

どうも立て続けに賞味期限切れを食べたせいか、夜になってお腹がギュルギュルなってきて慌ててトイレに駆け込んだ。

おもしろ食品もいいけれど、ちゃんと賞味期限内に食べないとね。 反省。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! またブルーマンデーがやってきた。 月曜日は大嫌いだ。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart