レタス Feed

2016年3月28日 (月)

昨日報告済みなリーフレタスの完全収穫&「らっきょ屋カレー」

昨日の冒頭で記載した通りリーフレタスの完全収穫は既に完了済。あまり遅いとタイムリーな話題でなくなるし、連続掲載した方がわかりやすいとおもったので、本日もリーフレタスの記事を記録する。

まずは昨日の写真から約2週間後の写真。2016_0326a0011

防止効果のおかげもあって、縦にも急激に成長した。ここまでくれば、完全収穫してもいいだろう。トウ立ちするのも嫌だし。

2016_0326a0012 完全撤収の図。かなり良かったかな。

これで鉢植え株の失敗分も取り戻せたと思う。苗の植え付けから収穫までの期間が短いので、気短なオイラにはもってこいの作物かもしれない。しかも再生が数回可能なんてすばらしい機能も持ち合わせている。

次は鉢植えで成功させたいと思う。

 

では、昨日のランチカレーを。

2016_0328a0001 2016_0328a0003

 福井特産 「らっきょ屋カレー」

タイトル通り、福井のアンテナショップで購入したお土産カレー。パケ箱がないタイプ。ルウはネットリ系の軽い目。辛さの表記は無いが、中辛程度だろう。具材はコロコロのジャガイモがいくつか。らっきょうらしい酸味は感じられるが、らっきょうが丸ごとが入っているわけではない。

これはパッケージを知らなければ、らっきょうのカレーだとは一切気づくことはない。せっかくなので、ペーストじゃなくてまるごと入っている方が面白いと思う。折角の特産なの地味な扱いだからもったいないなと思った。

←ブログ村ランキング!話題はタイムリーじゃないとね。

2016年3月27日 (日)

リーフレタスの外側収穫第2弾&「阪神タイガースビーフカレー」

掲載純の都合でタイムリー的には遅れ遅れになっているリーフレタスの記録。実はすでに本体の収穫も終わっているが、まずは外側収穫第2弾の記録を掲載しておこう。

前回の収穫から約1週間後、リーフレタスはさらなる成長を遂げていた。

 2016_0313a0003 大きな葉っぱがワサワサと。

テキスト通り、さらに外側から数枚を収穫。

2016_0313a0004 結構、切り取ったでしょ。

切り取った葉っぱはこんな感じ。2016_0313a0005

葉っぱが大きいのでかなりの量に見えるが、実はこれで4~5枚程度。残した葉っぱが3枚程度。これにまた例の帽子を被せて最終段階に入るのである。さて、ここからどこまで大きくなってくれるのだろうか。こんぐらいうまく行くと、リーフレタスも楽しいね。

 

でわ、昨日のランチカレーを。

2016_0327a0001 2016_0327a0004

 「阪神タイガースビーフカレー」

ルウはネットリ系のよくあるタイプ。具材もそれなりに入っている。このカレーのおもしろいところは、箱にも表記されている「やや辛口」というテイスト。いまどきこげな中途半端な表記は無い。しかも「やや辛口」よりも「そこそこな辛口」ぐらいのスパイシーさを持っている。

さらに箱裏には、2016_0327a0003 六甲おろしの歌詞が3番までフルコーラスで記載されている。もっと言えば、レトルトパックの裏にもこの歌詞がそのままプリントされていた。くどいぐらいに。

この2点を発見しなければ、買わなかったかもしれない面白カレーの一つである。味の方は別に気にしなくてもいいんじゃない。

←ブログ村ランキング!今夜、新ネタが届く予定。楽しみ。

2016年3月19日 (土)

メイン花壇のリーフレタスはテキスト通りに外側から順次収穫

鉢植えのリーフレタスは収穫時期がイマイチわからなくていい感じでの収穫ができなかった。

メイン花壇のリーフレタスは、2016_0302a0014

帽子の外からでもわかるぐらいに大きくなっている。

でわ、帽子を取ってみよう。2016_0305a0023 今でしょ。

ということで外側から収穫、2016_0305a0025 こげな感じで残す。

あとは化成肥料をまいて、次を待つ。これがテキスト通り。

収穫したものは、2016_0305a0024 こんな感じ。

たいして枚数はないのだけれど、リーフレタスだけに広がっている葉っぱだから大きく見える。

あと何回採れるのかわからないけど、次回の収穫でおおよそのラインがつかめるかも。ここから次の収穫までは何日かかるのだろう。それはそれで楽しみだべさ。

←ブログ村ランキング!今日は雨。午後にはあがるみたいだけど。

2016年3月 6日 (日)

レタスはそろそろどころじゃなかったかも&「ゴルゴンゾーラビーフカレー」

リーフレタスの収穫のタイミングが今ひとつわからずにまごまごしていた。

2016_0227a0019 わかるかな。枯れてきた?食われてる?

だんだん弱ってきているように見える。2月中旬の寒波がどうやら直に影響したのかもしれない。

葉っぱの先っちょが、2016_0227a0020 完全にダメージ受けた。

こうなったら外側からとか言ってらんないので、丸まる収穫することに。

2016_0227a0021 なんだか想像していたよりも貧弱。

メイン花壇の2号株に期待しよう。採り遅れの無いように。

 

では昨日のランチカレー。

2016_0305a0007 2016_0305a0010

 「ゴルゴンゾーラビーフカレー」

わりとあちこちで見かけるシリーズもののカレー。オイラは中でも特徴のわかりやすいコレをセレクト。ルウはサラサラ系に近いネットリ系。やはりチーズの粘着力がなせる技か。温まるとかなりチーズ臭がする。実際のゴルゴンゾラってこんな匂いだったけかなあ。ゴルゴンゾラを食べ慣れてるわけでもないのでよくわからない。肉は割と大きなのが2つ。まあまあだがルウと一緒に入っているので、肉なのにかなりチーズ臭い。粘度の面でもチーズ入りのはネットリしていると思う。

取りまとめると、チーズが入っている分かなり個性的。オイラ的には今一つかもしれないが、チーズ好きにはいいかもしれない。

←ブログ村ランキング!雨は降らない?でも種まきしなきゃ。

2016年2月22日 (月)

そろそろなのかもレタス&「ばってんこだわりカレー」

2月を無事に迎えたレタス。

2016_0216a0006 結構なワサワサ感が出ていて収穫もそろそろか?

下の方の葉っぱには、2016_0216a0007 微妙な紅葉化が始まっている?

霜が降りる前に収穫した方がいいのかな。もうちょっと高さが欲しいイメージなんだけどなあ。さてどうしよう。

メイン花壇の株は、2016_0216a0008 順調に回復している。

帽子の中でぬくぬくと育っているので、もう特に心配することはなさそうだ。帽子の効力は絶大。そう思える。

リーフレタスの収穫時期、外側の葉っぱから3~4枚ちぎって追肥していくんだって。あの茶色くなった葉っぱも1枚って数えるんだよね。きっと。

 

では昨日のランチカレー。

2016_0221a0002 2016_0221a0003

 「ばってん こだわりカレー」

実はパッケージが初めてだったので気づかなかったんだけど、これの辛口を既に食していたみたいだ。(2015/9/21)ようは、馬肉のカレーなんだけど、こいつの肉は塊ではなく肉団子みたいだべさ。すじ肉って書いてあるけど、食感は肉団子。ルウはサラサラ系で中辛程度。肉の量はそこそこ入っているのでガッツリ食べたい人にはウケるかも。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!カレーは今シーズン中に500に届く予定。

2016年2月 8日 (月)

そしてレタスは2月を迎える

実は一昨日、野球の連名の総会があり、その後飲み会となった。ちょっと飲み過ぎたようで、昼前あたりから少し気分が悪かった。せっかくランチにはカレーを食べようと思っていたけど、結局夕方前にラーメンを軽くすすって終わってしまった。従って今日はカレーの掲載はお休みだべさ。

本題はレタス。

先月にメイン花壇へ植え替えて、防寒用の帽子を被せたレタスの第2株。その後の様子を観察してみた。

2016_0206a0013 まだ何とか生きている。

大きい葉っぱは黄色く変色しているが、2016_0206a0014

中心部の葉っぱは新しい緑色の葉っぱが出てきているようだ。今のところ虫も付いていない。この分だと大丈夫そうかな。こまめに観察を続けよう。

鉢植えの第1株は、2016_0206a0012 結構ワサワサ。

もうそろそろ収穫してもいいのかもしれない。これはリーフレタスなのだから、結球なんてしないんだよ。でもこの写真じゃわかりにくいかもしれないけれど、高さが足りないんだべなあ。イメージしているよりも。

さて、どうする?

今日のおまけ画像は、食べ忘れていて賞味期限がちょっとだけ過ぎてしまったコレ。

2016_0206a0022 トマトのゼリー。

珍しいのは、2016_0206a0024 中にふりかける塩が入っている。

こんなのは暑い夏に食べてスカッとしたいよね。スイカみたいに。

で、塩をふりかけて食べたけど、塩は少しで良かった。全部ふりかけたらショッパイこと間違いなし。でも間違いなく暑い夏に食べるゼリーだと思った。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!気力アップのためのおまじないを教えてくだされ。

2016年1月26日 (火)

帽子の第二弾はレタス

さて、帽子の第二弾はレタスなのだ。というよりも、本当はレタスのために買ってきたのだけど、順番の都合上、キャベツの掲載が先になったのだ。

レタスは、1月16日の時点で、鉢植え大と小がそれぞれこんな感じだった。

2016_0116a0004 2016_0116a0005

大の方は前回の掲載以降、怪しげな影も特に見えず、まずまずかも。ところが小の方は葉っぱも増えず、色も変わりだしてきた。やはりこのミニプランターでは小さすぎるのだ。

そこで、白菜を刈り取った後のメイン花壇が空いたので、そこに移動することにした。しかし、1月の真っただ中の移動である。ハンディがありすぎる中、すこしでもアドバンテージな条件を与えてやろうと思い買ったのが帽子である。

植え付け後、2016_0124a0006 かなり弱った様子だが、盛り返すことができるか。

日光さえ浴びられれば、中の気温は15℃を超えるだろう。夜はともかく、昼間は秋並みの世界だ。この条件でしばらく様子を見よう。

もう一方はそのままだけど、2016_0124a0018 栄養剤を挿してやった。

これも不織布ぐらいかけてやったほうがいいかな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!帰阪は明日。今日はヨメの実家へ単身行脚。

2016年1月11日 (月)

レタスに怪しい痕跡が

昨日は結局朝帰り。さほど飲みすぎってとこまで入ってなかったが、体を十分に休める日に当てた。

さて、リベンジのレタスだが、今はそろってメイン花壇に鎮座し、空きスペースの猫よけ番をしてもらっている。

2016_0109a0019 こんな風に。

いずれここにはサラダ菜が旨く発芽したら、植え付ける場所として考えている。

さて、肝心のレタスたちはどうだろう。

2016_0109a0020 んんんん、なんだか怪しい痕跡が残っている。

とはいってもきゃつらの姿は発見できず。おかしいな。

もう一方はどうだろう。2016_0109a0021 やはり怪しい痕跡がある。

しかも、こちらでもきゃつらの姿は発見できなかった。これらの写真は夕方に撮影したのもだが、次回は朝に見回りをしてもう一度きゃつらの捜索を行ってみよう。

さて、昨日は冒頭でも記述した通り朝帰りの疲れた体だったので、ランチカレーはお休みでした。今日は大丈夫かな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!種まき第2弾は何にしようかな。

2015年12月24日 (木)

早くもリベンジレタスのチャンス到来

一昨日、レタスを収穫した話だったはず。そしてリベンジ求むとしていたはず。

そのリベンジを果たすチャンスが生きたり訪れたのである。そもそも収穫したのが一昨日とかの最近ではなく、10日ほど前にさかのぼることだったが。その数日後にチャンスは巡ってきたのである。

とある出張の折、とあるホムセンに足を運んだ際に見つけたのである。ちょっと指向は異なるが、リーフレタスの苗を。1株50円。これを2株購入。そして植え付けたのである。

2015_1212a0021 2015_1212a0022

ご覧のとおり、ミニプランターと鉢植えにセッティング。あとはリベンジを果たすだけ。

今日は寝坊したので記事はここまで。ランチカレーはまた明日。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は寝坊した。しかも休みじゃないし。

2015年12月21日 (月)

初レタスの収穫はリベンジ求む&「与那国島ビーフカレー」

10月の頭に植え付けたレタス。ネットで調べてみると、収穫期は植え付けから50~60日だって。ええっ?そんなに早いの?ウチのはもう70日も経ってるけど?

2015_1212a0005 ひもで縛って数日。大きさはこんなもんかな。

そういえば、2015_1212a0006 葉っぱがどんどん枯れていく。

こうしてはおられないということで、急きょ、初レタスを収穫することにした。

外側の 2015_1212a0007 傷んだ葉っぱをドンドン取り除いていくと、

あれれっ、2015_1212a0008 こんなんなっちゃった。

至極小さな収穫だけど、ちょっと次を期待したい作物となった。意外と簡単そうだし、虫害もあんまりないし、リベンジを求む。さそくにワクワクしてきた。そしてどうしたか、それはまたの続きで。

 

さて、久しぶりとなった2日連続ランチカレー。

2015_1220a0003 2015_1220a0004

 日本最西端のカレー 「与那国島ビーフカレー」

誰が決めたか最西端。ま、地図上で最西端ならしかたなし。それはともかく、このカレーはボンカレーなどと同じようにレンジでチンできるタイプのレトルトパック。今回はそれにならってチンしてみた。

ルウはドロドロ系で具材はビーフとニンジンとジャガイモ。やっぱり思ったのはチンしたタイプは熱くなるのも早いけど冷めるのも早い。やっぱ湯煎した方がいいということが再確認できた。

味の方はというと、特に可もなし不可もなしといったところか。パッケージを見なければ十分にボンカレーで通る。だいたい与那国島で牛が飼われていることを知ってる人がどれぐらいいるだろう。ま、この手のブランド牛は言ったもん勝ちの世界なんだけどね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!雨は午前中だけ?

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart