« 葉ごぼうの成長過程と兄弟の差異 | メイン | 喰われながら成長するロマネスコ&「手羽元カレー」 »

2016年12月 3日 (土)

存在感が薄くなった白姫二十日大根

種まきはともかく、前回の掲載はいつかなと調べてみたら、10月末だった。つまり11月は一度も掲載してないことになる。なぜか。

それは、2016_1201a0006 あまりにも変化に乏しかったからである。

一応防寒用に帽子は被せた。少しでも成長が促進するように。でも、

2016_1201a00072016_1201a0008

これも、それもなかなか大きくならない。ここが連作になっているからかもな。

中には、2016_1201a0009 風前のともしびってやつもいる。

さて、どこまで引っ張ることやら。まさか越冬ということはないだろうが、種まきからすでに60日を経過した株もあるはず。でもきっとオイラの性格からすればもう少し保留なんだろうな。

 

昨日の東京出張の帰りの駅弁。

2016_1202a0005_2 2016_1202a0007

昨日はちゃんと「祭」で買えた。売り場が変わると少し違和感を感じた。でもそれもしばらくのことだろう。この駅弁は以前から気になっていたモノ。でも定番中の定番なので、ついついトピックス的な駅弁に走ってしまいがちなオイラ。

でも昨日は口が酢飯を欲していたので、納得して購入。結果的には良かった。この手の寿司はハズレがない。ドバっと当たりもないがもっさりのハズレもない。しかも4種類もあるから食べ飽きない。小鯵は想像範囲内の安定した味、金目鯛のきずしは初めてだったが、これも何の心配もない美味しさ。金目鯛の方が少しあっさり目かな。味はやっぱり独特の風味がある。それはそれでないとダメなんだな。1350円とちょっとお高めだが納得いく駅弁だと思う。

おかげでビールもクイクイだったべさ。

←ブログ村ランキング!今日は久しぶりにタクチャンとこいくかな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/34014082

存在感が薄くなった白姫二十日大根を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart