« 存在感が薄くなった白姫二十日大根 | メイン | 結局2本とも抜いてみたかわいい大根&「明石名物 蛸カレー」 »

2016年12月 4日 (日)

喰われながら成長するロマネスコ&「手羽元カレー」

ロマネスコは確実に成長している。

2016_1129a0010 底深プランターは一目瞭然。

やっぱり底が深いってすごく大事だというのがわかる。なぜか。

2016_1129a0007 2016_1129a0009

狭深鉢や底浅プランターと比べると、成長度合いが全く違うから。

如何せん、あとの2つはおそらくは鳥にだろうけど、喰われすぎ。ま、それでも確実に成長しているところがお見事といえばお見事。虫害は流石に減ってきた。

ぼちぼち不織布をかけるかどうか悩みどころ。かければかけたで、アブラーの心配をしなきゃいけないからなあ。第一不織布がもう手元にないし。買ってこなきゃ。

 

さて、昨日のランチカレー。

2016_1203a0002 2016_1203a0004

 福岡県産はかた地どり使用 「手羽元カレー」

先日の東京出張の折に、東京駅構内の土産屋で発見して購入したもの。それにしては賞味期限が一番近い。とはこれいかに。

ルウはサラサラ系で具材は手羽元がドン、ニンジンがごろごろといった感じ。手羽元はホロホロ状態で、すでに身は骨から外れていた。これも〇〇牛カレーと同じで、煮込んでしまえばいい肉かどうかはレトルトではわかりにくい。でも美味しい手羽元だった。肉の存在感がある分、いいカレーだと思う。ルウもなかなか美味しい。

インパクトもあるし美味しいのでお土産にはおススメだべさ。

←ブログ村ランキング!今日はどこかに出かける?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/34014363

喰われながら成長するロマネスコ&「手羽元カレー」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart