« 数日間のロマネスコの成長がわかる記録「義平福ビーフカレー」 | メイン | トウモロコシ緊急収穫と葉ごぼうと金時人参の種まき »

2016年10月11日 (火)

キャベツはやはり鬼門作物なのか&「伊賀牛カレー辛口」

植え付け草々に結構な虫害にやられたキャベツ。しかし、オイラが鬼門かもしれないと思うのはそれだけではなかった。

まずは9月末の写真とその一週間後の写真を見比べる。

2016_0930a0011 2016_1006a0008

幾分かは成長しているように見える。穴だらけの葉っぱでさえ、少し大きくなったように見える。しかしさにあらず、新しく大きくなった葉っぱも虫害にあって新たに穴だらけになった葉っぱが増えただけなのである。スケルトンなのはここからでも十分に確認できるのでアップ写真は省略する。

重要なのはこれである。2016_1006a0009 この軸の長さ。

この茎の成長の仕方は、まるでブロッコリーと同じに見える。思わず支柱を立てたくなるひ弱さと長さ。これはキャベツなんだべな。日当たりがイマイチなのか。イエイエ、パプリカの前とはいえ、一番前面に設置してある。背面以外の周囲の高さはそれほどではない。元肥か。いやいや鶏糞をどっさり仕込んである。逆に鶏糞入れ過ぎか。んんんんんんんんー。

いずれにせよこのまま不完全成長するなら、やっぱりキャベツは鬼門作物として認定せざるを得ない。

 

さて、昨日のモーニングカレー。

2016_1010a0001 2016_1010a0008

 「伊賀牛カレー辛口(伊賀北部農協)」

まずは何故昨日一昨日とモーニングカレーだったのか。ここ数週間、ランチカレーの回数が減っていたのでそれを補うためにこの三連休を利用して追いつく作戦を決行したためである。昨日も一昨日も昼に不在になることがわかっていたからね。

では実食レポートに戻ろう。ルウはサラサラ系で辛口表記だがさほどの辛さはない、具材は小さな肉塊が2ケのみ。昨日も開設したが、〇〇牛カレーについては肉塊の存在の仕方がこげな感じである。予想通り。

他に大きな特徴もなく、〇〇牛を誇張するならもう少し肉塊を大きくするか増量するかが必要だと思う。

←ブログ村ランキング!昨日はカレーのタグ付けるの忘れたな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/33966081

キャベツはやはり鬼門作物なのか&「伊賀牛カレー辛口」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart