« 種まきからサラダ菜の約一か月 | メイン | オクラは初収穫のあとにすぐピークへと達する »

2016年8月 5日 (金)

裏庭の茗荷は終了せざるをえない

茗荷の収穫結果。2016_0725a0012  これが7月25日。

そしてこれが、2016_0730a0001 7月30日。どんどん小さくなる。

葉っぱも 2016_0730a0004 こげな感じだし、もう今年の収穫はこれでお終い。

全部で、一応40個は超えたけれど、今年のは皆一様に小さい。これはやっぱり植替えが必要かなと思っていた矢先のこと。

先日、触れる動物園に行った後、時間があったので安土城へも行って来た。そこで茗荷の林を見つけたのである。覗いてみるとビックリ。

2016_0730a0032 こげなおっきいのが生えている。

栽培したのより自然に生えてるのが大きいってどゆこと?「そっか、腐葉土だべさ。」と思った。 茗荷の栽培に重要なのは腐葉土なんでねえべか。

安土城にあってウチの裏庭にないモノ。まさか安土城の脇に生えてる茗荷を植え替える人はいないだろうから、今年は植え替えを思いとどめて、私市の山からどどんと腐葉土をかき集めて裏庭に蒔こうと思う。

←ブログ村ランキング!せっかく買ってきたエメンタールにカビが生えててショック。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/33901585

裏庭の茗荷は終了せざるをえないを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart