« 梅雨のさ中にとりあえず茗荷は大きくなってきた | メイン | はてさてどうしてくれようネギの群れ&「茂造ハチャメチャカレー」 »

2016年6月26日 (日)

無残やな大事なメロンにアブラ湧く

メロンというのは茎まで甘いのだろうか。

2016_0617a0012 ようやく棚の上に何本もの蔓が這いあがってこれるようになってきた。

しかも、2016_0617a0013 雄花とはいえ、花がたくさんつき始めている。

しかああああああああああああしっ!

この大事な時に、2016_0617a0014 なんとまあアブラーだらけである。

ありんこたちが連れてきたのだろうか、葉っぱの裏なんかは公で見せられないほどみっちりと張り付いている。メロンだけに蔓や茎や葉っぱまでも甘いのだろうか。ここに来ての大ピンチ、いったいこのアブラーたちはどっから来るのだろうか。

などと言っている暇はない、策を練っている暇もない、ホムセンに直行してアリンコ退治の置き薬とアブラー退治の殺虫剤を買ってきた。我が農園始まって以来の、菜園に直接シュパシュパする殺虫剤だ。一応、何とか菊由来の自然素材らしいが、如何せんまずは撃退しなければ。

数日後、2016_0625a0010 成長中の新しい蔓。

綺麗な蔓は美しい。アリンコが全滅しているわけではないので、臨戦態勢は変わらない。もう少し続くのだろうなこの戦いは。川中島みたいにならなければいいのだが。

←ブログ村ランキング!今日のランチはカレーを食べるぞ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/33866555

無残やな大事なメロンにアブラ湧くを参照しているブログ:

コメント

やはり高級果物(野菜)にはそれなりの理由があるんですね。
作物によっては無農薬って難しそうです。
とりあえずアブラムシは早目に撃退できて良かったですね。
ぶどうも何とか命を繋いで何よりです。

ねぎ夫様
ホントは薬は使いたくなかったんですがね。今回ばかりは仕方ないです。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart