« 無残やな大事なメロンにアブラ湧く | メイン | オクラの追っかけ種まきと間引きのあと »

2016年6月27日 (月)

はてさてどうしてくれようネギの群れ&「茂造ハチャメチャカレー」

勝手に再生してくれるとはいえ、あまりにも放置しすぎているのだろうか。再生ネギは二又に分かれてしまっていて、ついには全てをリセット状態にすることになった。あれから約ひと月、なんとなくそろりそろりと再生してきたのである。

2016_0617a0001 ではどのように生えてきたかを見て見よう。

2016_0617a0002 2016_0617a0003

あるものは、二又のうちの片方だけが、あるものは二又の両方が再生している。総じていえるのはいずれも細いということである。もともと植えた根っこは太いモノばかり。一冬超えて春を迎えると、そのほとんどがこういった細いネギになってしまう。

ここまでくればもう根こそぎやり直すしかないだろう。今から冬に備えて再生ネギはプランターの土ごと入れ替えることに決定したのである。

 

さて、昨日のランチカレー。

2016_0626a0002 2016_0626a0004

 「茂造ハチャメチャカレー」

ご存知吉本新喜劇の茂造さんこと辻本茂雄氏のパッケージカレー。彼の出身は泉州は阪南市ということでタマネギカレーらしい。タイトルとは異なり、そんなにハチャメチャではない。どちらかというとおとなしくまとまっている。

ルウはサラサラ系で具材は全てがみじん切り状態。舌触りがざらざらしている。それなりの中辛スタイルで、万人向けといえる。どうせなら、もっと大胆にタマネギが入っていてほしかった。でもタマネギの形を残すっていうのは、それだけ水分を多く含んだ状態で残さなきゃいけないんだろうから、難しいのかもね。

←ブログ村ランキング!やっぱ7月だべ。メモリアルは。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/33867425

はてさてどうしてくれようネギの群れ&「茂造ハチャメチャカレー」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart