« そうそう、セロリの間引きも忘れてた | メイン | またぞろ春菊は6回目の収穫ができるのだ »

2016年4月22日 (金)

キャベツは半ば強制的に悲惨な結果で撤収となる

まずはメイン花壇のキャベツ、不織布を開けてみると、

 2016_0417a0015 すごい広がりよう。

鉢植えの株は、

 2016_0417a0012 これもかなり広がっている。

しかも、2016_0417a0013 根元の葉っぱは紅葉してるし。

これはもう収穫時期を迎えたということでしょう。しかもこの鉢植え株には少々問題が発生していたので、半ば強制的に撤収することに。

少々の問題、それは不織布がそれこそ一部腐食していて穴が開いていた。そこからアブラムシが侵入していたらしい。かなりを洗い落としたつもりだったが、やっぱり悲惨なことになっていた。

かなり気持ち悪いのであまりアップで見ることをおススメしない。2016_0417a0016

切り取った裏にビッシリ張り付いていた。これも相当洗い流して、さらに水に漬け倒して除去してから食べた。まあ、アブラーのことだから表面にしかいないし、中の奥の方までは侵入していなかったようだし、それが不幸中の幸い。

で、収穫の絵ズラがこちら。

2016_0417a0018 2016_0417a0017

これだけ見れば、まあめでたしめでたしってとこかな。

メイン花壇株の大きく開いた葉っぱもわりと綺麗だったので、少々苦かったけれどかなりの部分は食べたよ。やっぱし鉢植えよりも路地植えだべなってとこかな。

←ブログ村ランキング!今日で東京出張はお終い。帰るのはいつ?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/33801351

キャベツは半ば強制的に悲惨な結果で撤収となるを参照しているブログ:

コメント

キャベツ、難しいですよね。
でも、青虫じゃなくて良かったですね。
春キャベツ、柔らかくて美味しいですよねー。

ねぎ夫様
キャベツの壁もなんだかんだ言って高いハードルです。
また挑戦しようと思っています。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart