« 突然やってくるトウモロコシの予定変更 | メイン | 雨の合間にタマネギ収穫&「カレー百年物語」 »

2015年6月13日 (土)

やっちまった大和芋はこれからどうなる

昨日から名古屋へ見学。急きょのお泊りで、たった今帰ってきたところ。バスでね。

名古屋の話はあとにして、まずは菜園の話。 

4月の下旬に種芋を植え付けた大和芋。

いつのまにやら、2015_0531a0012 芽がこんにちわをしていた。

これが5月末のできごと。

それから一週間後、この蔓はあっという間に30センチぐらいにまで伸びてきたので、長い支柱を挿して、その支柱にぐるぐる巻きにしようと作業していた時、

あれっ、2015_0607a0021 小気味のいい音とともに先端が折れた。

ありゃりゃ、やっちまったなあ。えええええーっ、この後いったいどうなるのだろう。

さてここで問題です。このあと大和芋はどうなるでしょう。

①残念ながら枯れる。 ②このままの状態で葉っぱだけが生えてくる。

③新しい芽が折れたところから生えてくる。

オイラにも正解はわからないけれど、みなさんも考察してみてくだされ。

 

昨日は折角名古屋に行ったのだから、味噌カツと味噌煮込みは食べておきたい。ということで、食べてきたのだ。

2015_0613a0005 2015_0613a0008

左は見学会場のレストランで食べた味噌カツ重、右は山本屋の味噌煮込みうどん。

単純だけど、これを食べたら名古屋に来たなと感じるから不思議だ。お土産も味噌かつソースとか買ってきたし、また色々と楽しめそうだ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!よし、今からカレーを食べるぞ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/33435699

やっちまった大和芋はこれからどうなるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart