« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

月末キャラメルH26年7月

先に謝っておこう。今月のキャラメルもんは非常につまんない。

ラインナップもさることながら、これといったキャラメルもんが全く見つからなかったことは真に遺憾である。

で、どんなもんだったかというと、まずは<ランクD>から。

D01 D02 D03 D04

天満橋駅で週替わりで出店するスイーツ店のものがたまにキャラメルもんをだすのだが、このところあたりがない。ハイネケンのワッフルもイマイチだった。

そして<ランクC>は、

C01 C02 C03

C04 ざっとこんなもんである。

最後の蒸しパンが一番マシだったかな。

さすがに夏はキャラメルの季節じゃないってことかな。秋になるのを待とう。

これだけじゃ寂しいので、今日は特別におまけ画像を。

一昨日は土用の丑の日だったけど、みんなウナギは食べたかな。

ウチではこんなものを食べたべな。

2014_0729a0001 2014_0729a0028

おからでできたウナギ風蒲焼だとさ。まあ見た目は良くできているが、さすがに食べてみると全くもってウナギ感は情けない。ヘルシーではあるが、これでスタミナが付くとは思えない。

でも話のネタにはなること間違いなし。ダイエット中の諸君らにももってこいだべな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!台風が来るって?いつ?

2014年7月30日 (水)

葡萄と蛇太郎の近況報告

まずはブドウの近況報告から。

夏を迎えて増々旺盛に伸びるぶどうの蔓。

2014_0729a0021

まだまだ10日に1回は散髪が必要。新しい蔓が脇芽が生えるようにどんどん出てくる。

袋かけした様子はどうだろう。2014_0729a0022 おや?

なんか色が変わってきた感じしない?ちょっと中身を覗いてみたい好奇心にかられない?

やっぱり覗いてみようよ。

2014_0729a0024 オー!ワンダホー! 

粒も大きく育っているみたいだし、色も少しずつ紫から黒へと変わっていく様子がよくわかる。今年は房の中の粒の剪定まで行ったから、未成熟の粒はかなり少ないはずだと思う。これは来月が楽しみだ。

そして久しぶりに蛇太郎の近況報告を。

2014_0729a0029 2014_0729a0033

顔はそんなに変わらない。でも大きさはかなり大きくなってきたかも。推定60センチ。

昨日はたまたま給餌の日。

2014_0729a0035 Sサイズのマウスなんてあっという間に飲み込んじゃう。

正面のアップをなかなか撮らせてくれないので、かわいい顔を披露できないでいるのが少し悔しい。

そんな中での最近のベストショットがこれだべさ。

2014_0615a0005 どう?なかなかいいでしょ?

早く大きくならないかなあ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!土用のウナギは食べたかな?ウチは?それはまた明日。

2014年7月29日 (火)

今年のオクラはもうどうしていいかわからん

本当は今年のメイン花壇はオクラでバッチリ飾るはずだった。しかし、発芽がうまくいかず、かぼちゃに主導権を握られて翻弄されていた。しかし、ここにきてカボチャが衰退の傾向を見せ始めると、ようやくオクラが暑さに乗じて勢いを加速してきた。

2014_0727a0001 メイン花壇のオクラ。1号と2号。

足元に小さな弟たちが申し訳なさそうに鎮座している。2014_0727a0003 これとか、

2014_0727a0004 これとか、2014_0727a0005 こんなのも。

成長具合がバラバラで、もうどうしていいかわからん。

唯一明るい話題は1号株の先端にあった。2014_0727a0006

いつの間にか花も咲き終わって果実ができてるでないの。その先にも蕾が見える。そろそろ暑い季節のピークを迎える。ここで一気に形勢逆転というのを見たいものである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!朝の見回りレッツゴー!

2014年7月28日 (月)

残された種別不明のかぼちゃと「ステーキカリー」

どうしようかと思っているうちに、結局だらだらと放置していたかぼちゃ。

葉っぱや蔓だけはいまだに旺盛な成長を見せ続けている。

2014_0721a0006 2014_0727a0010

メイン花壇から左右に分かれた蔓は、それぞれ若い葉っぱや蕾を蓄えていくが、結果的には雌花を保持することはない。その兆しがいくつかは見られたが、あっという間に縮んでしまう。もう新しい果実を期待するのは無理かなと感じている。

で、唯一残されている種別不明な果実は、2014_0727a0009

こんな感じになっている。しかも、こちら側は日が当たっている方で、裏側は色が異なる。

2014_0727a0008 ほらね。日が当たると色が変わるのかも。

とおもったので、この日から裏表を逆にして置いた。なんのカボチャかわからないので、とっとと収穫したいのだが、どうにもタイミングがわからなかったが、こっちの面が黄色くなったら、すぐにでも撤収することにしよう。

オクラのためにも。

さて、昨日のランチカレーは、

2014_0727a0020 2014_0727a0021

 とっとり大山望 「ステーキカリー」

これも東京都内の鳥取アンテナショップで買ってきたお土産である。ルウはネットリ系とサラサラ系の間ぐらい、具材は肉塊以外は見つからない。肉は写真のようなステーキの形状をしていたのかもしれないが、開けたときには4分割ぐらいになっていた。また、肉そのものはステーキなのかもしれないが、とてもじゃないけど写真のような脂肪交雑が入っているような肉ではない。写真の部位はロースだろうが、入っていた部位はカタかスネかせいぜいモモといったところだと思う。普通に考えれば3以上のロース肉がこんなに煮込まれたら、跡形もなく崩れてしまうだろうと思うからである。

形状さえ無視すれば、りっぱなビーフカレーではあるが、ステーキカリーとする割には肉の出来栄えがイマイチのような気がする。完全にステーキをメインにドンと持ってきたのなら、もう少し肉がおいしくできないとせっかくのインパクトが逆効果になると思う。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!さて、また月曜日が始まるんだな。

2014年7月27日 (日)

茗荷のピークがやってきたと「タイガーカレー牛筋スープカレー」

この時期だ。まさにこの時期だ。裏庭の茗荷畑がピークを迎えている。

2014_0726a0002 葉っぱの方は枯葉が出始めている。

もう十分に光合成の役割を果たしたかのように、疲れ切った葉っぱたち。そんな印象を受ける。

その葉っぱたちの努力に応えるがごとく、2014_0726a0003

地面ではあちこちから花芽が顔を出している。右上の花芽はすでに花が出かかっている。この状態がいわゆる<完熟>状態なのではないだろうか。田舎の方ではこの状態で収穫し、この出かかっている花ごと天ぷらにするようだ。

でその完熟状態の茗荷を収穫してみる。

2014_0726a0001 これは金曜日の朝に収穫したもの。

少し小ぶりなのは例年ことである。

そして土曜日に収穫したのがこちら。2014_0726a0004

正確には9つ。右の2つは地面から出ちゃってるので、あまり大きくならない。なぜだかはわからないが、地面に多く埋まっている方が大きくなるみたいだ。

上の花が出かかってないものがあと10ほど残っている。今日も含めてあと3日ぐらいで収穫し終わるんだろうな。それで今年の茗荷はお終いということになるんだろうな。それでも今年はまあまあうまくいった年といえるだろう。

さ、今日から茗荷三昧だ。

さて、昨日のランチカレーは、

2014_0726a0005 2014_0726a0008

 札幌 「タイガーカレー牛筋スープカレー」

基本的にはスープカレーはできるだけ対象にしたくない(種類がものすごく増えるみたいだから)のだが、これは旨そうだし、パッケージが面白かったので買ってみた。有楽町の北海道アンテナショップだ。

ルウはスープカレーだからシャバシャバ系だと思ったのに、サラサラ系ぐらいに煮溶けた野菜がいい感じになっている。具材は大きな野菜と肉がガッツリ。これがスープカレーの特徴ともいえるのだろう。

箱の写真ほど赤くはなく、スパイシー感も若干ゆるい目か。美味しいけれどもパンチ力には×気がする。もう少し辛い方がオイラ的には好きかも。牛筋はタイトルに出すぐらいならもう少し入っていた方がありがたい。

本当にウマいかどうか、一度、お店で食べて確認してみたい。そんな一品である。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!休みの日は遅い目の始動になるな。

2014年7月26日 (土)

パセリは収穫ピークで今が最後のチャンス

意外と今年はうまくいったパセリ。

2014_0712a0029

こんな頼りない鉢でよくぞここまで育ってくれた。

 見る限りここらあたりがピーク。今までもちょくちょくつまんでは収穫していたが、今回はあるものに入れることが目的でざくっと収穫した。

それは・・・・・・、2014_0712a0030 パセリ塩ラーメン!

ちょっとこんなことを急にしたくなったので、ワカメとともにトッピング。

パセリってなかなか主役になれない素材なので、たまにはこんな風にもてなしてあげないとね。

これ以降のパセリは徐々に萎れていくばかりだろう。早く見切りをつけて、二期作に挑むか?

今日のおまけ画像は、これにちなんでラーメンシリーズ。

2014_0504a0007 2014_0523a0021 2014_0517a0011

いずれも有楽町にある北海道のアンテナショップで購入したモノ。それぞれに楽しませてもらったが、正直言って「別ゆでタイプ」はめんどくさい。

最近はこうした地方色豊かな袋めんが発売されているが、多くは藤原製麺所の製品である。今回は、それ以外の製造所で作られたものだけを買ってきた。

ラーメンって、なんか落ち着くよね。オイラ、店のラーメンよりもインスタントの方が好きかもしれない。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今からお出かけだべさ!

2014年7月25日 (金)

春菊の再生収穫2回目も合格点だろう

春菊なのに夏の収穫。これをめざして育成しているが、いまのところ特に大きな問題はない。中葉タイプで可能な再生栽培も今のところ順調ではないだろうか。

2014_0720a0059 不織布越しに見る春菊

この不織布も水を吸って日光に晒されるので、あっという間にボロボロになっていく。まるで海水浴で焼けた皮がめくれるみたいなボロボロ加減である。

さて、こいつを開けてみると、2014_0720a0060 じゃじゃん!

それなりに大きく育った春菊が現れる。間引きしながらの収穫なので、密集感は和らいでいる。

これをまたもや根元から1対以上残してカットする。そしてざるに移す。

そうすると、2014_0720a0061 こげな風に収穫の絵柄になるのである。

3回目はうまくいけば8月の収穫になるかもね。春菊は夏季でも虫が付きにくいイメージで、そのとおり、実際にほぼ虫食いがないため、夏季栽培がおススメなのかもしれない。

もう一つ夏季栽培チャレンジしているものがあるが、それは後日の掲載としておこう。

さて、今日のおまけ画像は、

2014_0724a0008_2 2014_0724a0010

 チェリービールの飲み比べ。

はっきり言って右の瓶ビールは甘い。左の缶ビールの方がビター感があってビールらしい。

成城石井で買った面白ビール。最近やたらフルーツビールというかカクテルビールが増えてるけど、これって流行なの?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は寝付けなかった。今から寝るぞ。

2014年7月24日 (木)

山芋の蔓は伸び盛りと「常陸牛」

上級マニアからもらった山芋が今、夏真っ盛りの状態である。

蔓がどんどん伸びていって、2014_0705a0010 屋根まで届いた。

これは遺憾ということで、この先っちょを摘心したんだけど、あっというまに、

2014_0717a0014 次の蔓が到達。そしてまた摘芯。

 そうこうしているうちに、2014_0720a0069 次々と到達してくる。

これではまさにきりがない。けれども全て摘芯していかねば、ヨメに叱られる。

今、山芋は伸び盛りピーク真っ最中って感じ。

なんせ見て、2014_0717a0015 この葉っぱ。

この青々とそして生き生きとした葉っぱ。この艶はキュウリやナスではけっして見られない。

この分だと秋が楽しみだ。

さて昨日、午後出張になったオイラは、いったん帰宅し、ランチカレーを食べた。

2014_0723a0004 2014_0723a0006

 茨城県産銘柄黒毛和牛 「常陸牛」

東京都内のアンテナショップで買った史上最高額のカレー。なんと税別2000円である。今までの最高額が1400円だったから、一気に600円も超えたことになる。この差額だけで通常の地産カレーが一つ買えるかもしれない。

ルウはネットリ系のデミグラ派、具材はご覧のとおりでっかい肉塊がわんさか。十分に煮込まれていて、ホロホロでやわらかいが肉の旨さの点で言えば難点がある。少し獣臭が残っていて、折角の銘柄牛がもったいない感じだ。部位のせいか下処理のせいかはわからないが、このリアルすぎる風味は完全にマニア向けといえる。ある意味、肉らしさがそのまま出ているともいえるが、決して美味しいとは言い難い。

よくグルメリポートなどで、タレントが肉を食べたときの最初の感想が「やわらか~い」だったりする。しかし、やわらかいのは味の感想ではない。本当に旨い肉は「やわらかい」の前に「旨い」という感想が入るものなのである。こういう点に気を付けながら食レポを観察すると、本当に旨い肉はどれかというのがわかるという話。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!いくらなんでも2000円は高いよね。

2014年7月23日 (水)

すいかはもしかしてダメかも

台木の花まで咲かせてしまったスイカ。

2014_0717a0020

その蔓はカットしたとはいうものの、それ以降スイカの勢いは止まっているようだ。

2014_0717a0021 雌花の跡。

なんでこんなに真っ黒になっている?焼けただれたみたい。

葉っぱも元気がない。2014_0717a0022

写真じゃわかりにくいかもしれないけれど、ナメクジ野郎が這いずり回った跡にも見える。

花も咲かない、蕾もでない。んんんんん、やっぱり夕顔の花を咲かせるまで放っておいたのがまずかったかな。もしかしてダメかもしれない。初めての挑戦だったのに悔いの残る結果になりそうだ。

でももう少し粘ってみよう。

 今日のおまけ画像はオモシロ豆腐。

2014_0717a0003 2014_0717a0004

以前にバナナ風味の豆腐を掲載したが、今回はトウモロコシ。同じシリーズでトマトのスイーツ風ってのもあり、これも食べたが、オイラ的にはこっちのトウモロコシバージョンの方が好き。

でもはっきり言って、スイートコーンをすりつぶして固めた感じなので、ビールのアテにはなりにくいと思う。おかずにもなりにくいかな。かといって、これはやっぱりスイーツではない気がする。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!私市の朝は涼しくて気持ちいい。

2014年7月22日 (火)

薄皮ミニトマトは収穫が難しいと「びらとり和牛カレー」

一般的なミニトマトの唯一ともいえる欠点が皮が厚くてかたいことである。その欠点を解消するかのように品種改良されたのだろうこのミニトマトは確かに皮が薄い。

おかげでニジュウヤダマシ野郎どもは葉っぱだけでなく、果実まで汁を吸いに来る。

2014_0717a0026 ボチッと穴が開いているのが吸われた跡である。

これは収穫は虫との競争になるのか?と思い、少し早めの収穫をしてみた。

2014_0720a0067 真っ赤に熟すまで待てない。

虫にやられるかスコールにやられるかどっちかである。

まだ上の方では、2014_0717a0024 花も咲いているし、もう少し楽しめるはず。

脇芽株の方はというと、2014_0720a0068 ご覧のとおり。

青い果実が付いている。背丈はあまり高くないが、少しずつ変化を遂げている。これも結局は虫とスコールとの戦いになるのだろう。

さて、3日続けてのランチカレーは、

2014_0721a0001 2014_0721a0004

 北海道の勝負肉。 「びらとり和牛カレー」

ルウはネットリ系で肉塊が5つはっきりと入っている。びらとり和牛なんて聞いたことなかったが、ネットで調べてみると一応黒毛和牛のようだ。なんとか和牛って名前のカレーは大概ちょろっとしか肉が入ってないことがほとんどだが、このボリュームはいったいなんだ。

肉はホロホロになっていて旨い。これだけの肉が入っているだけでまずは満足。ルウもビーフらしくコクのある甘さが際立つ。いい、これはいい。

先々週の水曜日からオイラの大好きな「孤独のグルメ」シーズン4が始まっているので、ついつい五郎さん口調になってしまう。

無名だがなかなかのビーフカレーだった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!また今日からウイークデーが始まる。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart