« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

月末キャラメルH26年3月

今月は忘れずに月末にアップできます。

でも今月は意外と少ないんだよね。そろそろネタが尽き始めたかな。

ではそんな中で、<ランクD>からいってみよう。

D01 D02 D03 D04

分類としてはケーキ類と乳飲料類。この乳飲料類にはいつも騙される。どうしてもミルクっぽさが抜けないんだな。

そして<ランクC>は、

C01 C02 C03C04 C05 C06

ざっとこんだけである。1つ目のデニッシュと3つ目の四角いドーナツはホントに惜しい。でもそこは甘くしないのがオイラのやり方なのである。

しかも今回はここまで。<ランクB>以上はありませんでした。またぼちぼちコレクションしていくことになるかな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!眠いのはなぜだろう。春だから?

続きを読む »

2014年3月30日 (日)

ホウレン草の間引きはまだかなと「飛騨牛カレー(覇楼館)」

雨だべ。・・・・・・・・・・・・・・・・こんな日は予定してた行事がぶっとぶ。

昨日ある作業をしたのだが、これはやっておいてよかった。その話はまた後日。

今日はほうれんそうの様子を見てみよう。

2014_0327a0014 <ホウレン草>

厳密にいうと写真は金曜日の朝である。ロマネスコの陰になり、なかなか日光が当たらない。それでも少しずつロマネスコの収穫があるにつれて照射日光が増えていくことだろう。

近くに寄って見ると、2014_0327a0015 そろそろ間引きが必要かな。

今日の雨で水分を十分に補給した彼らがどんなワサワサを見せてくれるのだろう。シナシナしているこの姿がもう少し上にむくようになったら、ちゃんと間引きをしてみようと思う。

昨日のランチカレーはコチラ。

2014_0329a0004 2014_0329a0006

 「飛騨牛カレー(覇楼館)」 飛騨美濃特産

ルウはネットリ系の濃い目。具材は肉が2切れとタマネギがしっかり。

これはただそれだけのカレー。パッケージのイメージからはほど遠い内容である。なんだか申し訳なさげに浮いている肉もパッケージのようなステーキを連想させる肉ではない。たいへん残念である。

ただタマネギの量は尋常じゃない。ここまでタマネギが残っているカレーも珍しい。いっそのことタマネギカレーとすればいいのにと思ってしまった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!今日はちょっとだけ二日酔い。

続きを読む »

2014年3月29日 (土)

再生玉ねぎの春

面白実験として展開しているタマネギの再生実験。

2014_0327a0005 <再生玉ねぎ>

随分と大きくなってきた。これで1株?上から覗いてみよう。

2014_0327a0006 おお、結局4つに株別れしている。

ここからどんな展開になるんだろう。それはそれで面白そうだ。

比較実験プランターはどうだろう。2014_0327a0007

左と中央が新苗株、右が再生株。

再生株を上から覗いてみよう。2014_0327a0008

これも4つぐらいに株別れしているみたいだ。 4つに分かれるのが法則なのかな。

4つとも根っこが膨らんでくるのかな?オイラの期待は十分に膨らんでいるというのに。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!なんだかんだでこの土日は忙しいぞ!

続きを読む »

2014年3月28日 (金)

さてと、春菊はどうしてくれよう

真冬に発芽させた春菊たちはなかなか晩生。みんなそこそこ春を感じているはずなのに、春菊たちはちょっと鈍感?

2014_0327a0001 <春菊>

それでも春菊らしい葉っぱになってきたかな?

2014_0327a0002 単独で生えているよりも群生組の方が草勢がいい。なんでだろう?

根っこ部分をアップで見てみよう。2014_0327a0003

やっぱり、間引きはした方がいいじゃないかなと思うが、さてと、いったいどうしてくれようか。

この週末には作業するかもしれないね。

ちょっといろいろと忙しいけど。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日はおまけ画像はありません。

続きを読む »

2014年3月27日 (木)

スナップエンドウは順調そうに見える

春が近くなり、アブラナ科の仲間たちはどんどんトウ立ちしていく。

強制収穫の時期ともいえる。

そんな中、スナップエンドウが無事に越冬を終えたことを証明するかのように、花が咲き始める。

2014_0322a0007 先週から咲き始めた上部の花。

2つ目の花も咲き始め、その隣のつぼみも随分と膨らんできた。

下の方はどうだろう。2014_0322a0006 こっちも咲いてきた。

花が咲かないと実がならない。もっと咲け、もっと咲けと願うだけである。去年は思ったほど収穫できなかったけど、今年は期待したい。期待できる根拠は何もないけれど。

さて、おまけ画像はこんなものを用意した。

2014_0325a0001 2014_0325a0002

おもしろいでしょう。なすのジャムなのだ。 淡い紫色が美しい。これで420円。高いか安いかは別として、オイラのような珍しモノ好きにはたまらない。

2014_0325a0003 普通にトーストに乗っけて食べてみた。

そんなに甘くはない。製造者に聞くと、ただなすを炊いただけだという。もちろん砂糖も入っているんだろうけど、ピュアなナス感を出したかったのだろう。

正直なところ、少し違和感はある。なんだかしば漬けを食べてるみたいで。味もそんな風な味がしてくるように思ってしまう。トーストよりも違う食べ方の方がいいのかも。もう少しそのあたりを考えて食べてみることにしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!なんだか急にはまってしまった。ずっぽりと。

続きを読む »

2014年3月26日 (水)

トウ立ちタイニーシュシュも強制収穫

春だなあ。まだなんとなく肌寒さがぬぐいきれないけど。

そのおかげで一気に野菜たちはトウ立ちを始める。コイツも・・・・・・・・・。

2014_0322a0001 2014_0322a0002

ビニル仕様から不織布仕様に変えて、少しでも結球状態を期待したのだが大きな間違いだった。

2014_0322a0003 この季節だもんであっという間にトウ立ち。

早く花が咲きたい意欲丸出しのタイニーシュシュなのである。 もちろん強制的に収穫することになった。

2014_0323a0005 手に持った感じはなんとなく青梗菜。

ま、結球しなくても収穫できたんだからいいとしようか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!嫌な年度末が近付いている。

続きを読む »

2014年3月25日 (火)

恐る恐る試しに抜いてみた金時人参

金時人参の葉っぱが結構ワサワサになってきたような気がする。

2014_0316a0034 <金時人参>

これも種まきのタイミングがちょっとだけ遅かったかなと思われたのだが、無事に越冬期間を終えた。

2014_0322a0011 ほらね。オイラの指ぐらいになってきたでしょ。

ホジホジしてみたけれど、あんまりよくわからない。そこで、思い切って抜いてみることにした。

抜いてみるのは、真ん中の株。2014_0323a0006

やっぱりまだだったかな。太さも色も不十分な感じ。次回の収穫はとりあえず来月になってから考えようと思う。

さすがに今日はカレーの話はありません。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!足に違和感。交野マラソン出場ピンチ!

続きを読む »

2014年3月24日 (月)

再生がストップしたスティッキオと「いちごのカレー」

何度も何度も何度も再生してきた、まるでネギのようだったハーブカテゴリのスティッキオ。この冬に何度目か忘れたぐらいの再々再生を試みてみたが、そのごはどうなっているだろう。

2014_0322a0008 <スティッキオ>

冬に切り取ったのは真ん中の株。ここからでもわかるぐらい生えてない。

2014_0322a0009 指で触ってみても、痕跡すら感じさせない。

つまり、真冬には再生しないということが証明されたといえるのではないか。とかく頑張ってきたスティッキオだったが、再々再生の発芽どころか、両端の再々生育成中株すら成長はほとんど止まったままの状態だ。

再々再生もそろそろ引き上げて、また種まきから始めてみるべきかな。

さては昨日のランチカレーはというと、

2014_0323a0002 2014_0323a0003

 「いちごのカレー」

ヨメの実家は栃木県なのである。昨年帰省した際のお土産品としてゲットした品物である。

ルウはネットリ系で一般的なレトルトらしいジャガイモや牛肉などの具材が入っている。このカレーの何よりの特徴は、封を開けた瞬間から漂ってくる甘酸っぱい香りだ。そう、間違いなくこれはイチゴのカレーだということ。香りはもちろん味も甘酸っぱい。しかも種のジョリジョリした食感までイチゴそのものだ。

さて、果たしてカレーとして旨いかというと、それはそうでもない。とても違和感を感じる。しかし、食べ進めるとともにジャガや肉のおかげでカレー感を味わうことはできる。食べ終わる頃にはこの不思議な感覚に慣れてしまうんだな。以前に「メロンカレー」なるものを食べたが、それよりはコンセプトがはっきりしていてよっぽどマシだ。

今度誰かのお土産として買ってこようかな。オイラはもう十分堪能したし。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!なんでこんな時間に更新かって?

続きを読む »

2014年3月23日 (日)

春を感じているロマネスコと「さらさらレッドのオニオンカレー」

メイン花壇にもうもうと生えているロマネスコ。葉っぱがやたら大きくてまるでケールみたいだ。

2014_0322a0005 <ロマネスコ>

気づいたかな?1週間前には葉っぱの奥深くかき分けないと見えなかった可食部が、ここからの撮影ショットで垣間見えるようにまでなった。同じ株で見比べてみよう。

2014_0316a0031 2014_0322a0004

右の写真はもう指で開かなくても葉っぱが「どうぞ。」って見せてくれる。大きさ的にはまだそんなに多くくないのだけど、ここから先はタイミングが大事だ。いい時期を見計らいたい。

さらに、葉っぱがワサワサなために、隣のホウレン草に影響を及ぼす懸念があるため、下部の方を散髪して、少しでも日陰にならないよう配慮した。

2014_0316a0042 もう下の方の葉っぱは要らないよね。

さてと、ロマネスコの収穫は1~2週間後ってとこかな?

昨日のナイトカレーだべさ。

2014_0322a0012 2014_0322a0014

 「さらさらレッドのオニオンカレー」

これも東京出張の土産だったかな?ルウはドロドロ系で具材はタマネギとひき肉が際立つ。さすがにオニオンカレーというだけあって、ルウの中にタマネギの形がちゃんと残っている。これはうれしい。大概のカレーの場合、玉ねぎはほとんどルウの中に溶け込んでいるので、なかなかタマネギの食感をレトルトで味わうのは難しいのである。ちなみにひき肉はチキンらしい。

しかし、レッドオニオンである必要はないよね。なんでレッドなの?レッドの方が荷崩れしにくいのかな。この地方はレッドしか生産していないのかな。その辺の物語を箱にもう少し書いてあると面白いのに。と思った。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!最近どうにも涙もろくなってきたかも。

続きを読む »

2014年3月22日 (土)

蕪の強制撤収と「南富良野 冒険カレー」

正直に言うと、これは先週末の話なんだ。これまでにも葉大根がトウ立ちしたり、ネギ坊主もどきが出ているなど、初の兆しを思わせる話をいくつかしてきたが、蕪も同じ状態になっていたのだった。

2014_0315a0016 <天王寺かぶら>

いつものようにビニルを開き、遠目から観察する。この目線では特に変わりはなかった・・・・。

しかし、右端の蕪の先端にズームインしてみると、2014_0315a0017

間違いなくトウ立ちしている。完全なる蕾だ。でも根っこの方はというと、

2014_0315a0018 お世辞にもこれが蕪かとは言えないくらい貧弱。

けど、こればかりはもうどうしようもないので、強制撤収することにした。

2014_0316a0036 計3株。葉っぱが大きいので、なんとかみそ汁の具材ぐらいにはなるでしょう。 また完ぺきに暖かくなったらリベンジしよう。

さては、昨日のランチカレー。

2014_0321a0022 2014_0321a0024

 旅籠屋レストランなんぷてい 「南富良野 冒険カレー」

これは先日の東京出張の際の北海道アンテナショップで買ってきたお土産。

ルウはサラサラ系で具材はでっかい鹿肉がゴロッゴロ。野菜は見えない。辛さの表記は無いがほぼ中辛レベルといったところだろう。このカレーは辛さで言うよりもコクの深さでスケールを図った方がいいカレーだ。まったりとした深いデミソースの仕上がりが何とも言えない。肉は確実に鹿臭が残っているので、ジビエが全く苦手な人には今一つかもしれないが、よく煮込まれてホロホロになっているので、ワイルド系にはおススメできるカレーといえる。

前回食べた鹿カレーは肉が固いだけのイマイチ品だったが、今回の鹿カレーはルウがその肉を粗悪さを十分にフォローできている。これなら北海道でエゾ鹿を食べてみたいと思うかもしれない。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!今日もランチカレー食べられるかな?

続きを読む »

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart