« スプセルの霜焼け | メイン | 冬の小松菜間引きする »

2013年1月17日 (木)

清水養鶏場と「但馬のどてカレー」

現在わが農園において足りないものをゲットしてきた。

鶏糞である。2013_0116a0015 <乾燥鶏糞15㎏入り300円>

からっからに乾いているいい鶏糞である。 

これがなかったためいわゆる「寒肥」を全く施肥できていなかった。

さそくにアスパラやブドウ、大根にネギまでも、多くの作物に寒肥を与えてやった。

これでまずは一安心。

ついでに卵も買ってきた。2013_0116a0020 10ケ入M玉300円

新鮮な卵がゲットできた日にはたまかけご飯に限る。

2013_0116a0022 2013_0116a0021

今回の調味料は江戸前の調味料「煎酒」である。 これはたまかけご飯にぴったり。

昨日は昼にいったん帰宅したのでランチはカレーを食した。

2013_0116a0016 2013_0116a0019

 但馬牛100% 「但馬のどてカレー」

ルウはサラサラ系とドロッと系の中間ぐらい。 見ての通り角切りのジャガイモと人参も入っていた。

とにかく中に入っているすじが最高に旨い。

カレーってやっぱりすじ肉がベストマッチだなと再認識させられる。

牛の出汁が出ているので、中辛よりは少し甘口に感じる。 この甘味は但馬牛だから沁み出てくる甘味なのだろうか。

このところ旨いカレーに当たっているが、その中でも結構上位レベルで旨いカレーであった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!寒いけど今日は走ろう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/30810563

清水養鶏場と「但馬のどてカレー」を参照しているブログ:

コメント

15kgで300円とは安いですね。牛糞堆肥は安く手に入るのですがね。。。

「寒肥」って言葉を初めて知りました。
なるほど、これで春のダッシュ力が付きそうです。
確かまだ鶏糞あったと思うので、ウチの畑にも蒔いてみます。

還暦+2の爺さん様
直接養鶏場へ行って買えばこれぐらいだと思います。
軽トラ買いだともっと安いのでは。

ねぎ夫様
冬の寒い時期に栄養を蓄えるために必要なのではないでしょうか。
寒いと外に出なくなりがちなのでよく忘れます。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart