« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

ブロッコリーはアブラナ科

鈴なりブロッコリーはなんとか冬の間は上の方に伸びる成長は止まっているようだ。

2013_0123a0022 <鈴なりブロッコリー>

それでも全く止まっているわけでもなく、下の方の葉っぱはドンドン紅葉化しているし、ちょっとずつわからないように新しい葉っぱも出てきている。

中間の茎の様子を見てみると、2013_0123a0023

なんだか見たことあるような・・・・・・・・。 そうだ、芽キャベツに似ている。

そりゃそうか、おんなじアブラナ科だもんね。 今更ながらだけど、ブロッコリーがアブラナ科だって確認できた。 そんな感じ。

昨日はチョコレートの風味がするという大麦の焼酎を湯割りにして飲んでみたけど、やっぱりチョコレートの風味はしなかった。

でも結構飲んだけどね。おかげでなんだか二日酔い気味だ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!ウコンでも飲んで今日も走るか。

2013年1月30日 (水)

久しぶりにキャベツを覗く

不織布を被せているのでどんなふうになっているのか見た目ではわからない。

ときどき思い出したように不織布を開けて覗いてみることが必要だ。

2013_0129a0009 <すずなりキャベツ>

根元に近い葉っぱが随分と紅葉化しているが、先端部分もちょっと変化があるみたい。

2013_0129a0010 2013_0129a0011

わずかだけど結球しかけている感じでない?

まだまだ大きさ自体が未熟なので期待を持つには少し早いかもしれないが、ちょっと楽しくなってくる。

またそっと不織布をかけながらほくそ笑むオイラであった。

先日面白そうな焼酎を買ってきたので飲んでみた。

2013_0127a0007 2013_0129a0004

左が「甘い芋焼酎」で右が「チョコレートの風味がする大麦焼酎」というふれこみ。

左の芋は確かにとても甘い。今までに最高の甘さだ。本当に焼き芋を食べてる感じ。

右の大麦は全くだった。チョコレートの香りなんか全然しないやんか。

とは言いつつも、開栓して数日でなくなる勢いだ。 理由は「とりあえず飲むしかないから」。

おかげでぶっつりと眠れるってもんだ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!今日も走るぞ。2キロちょっとだけど。

2013年1月29日 (火)

忘れ去られていたベビキャロの収穫

先日の金時人参の収穫を記事にしたとき、最後に「ベビキャロの収穫はまた明日」としながら、全くもって忘れていた。 しかも写真はすでにごみ箱の中に入っていた。

2013_0126a0004 <ベビーキャロット>

全部で8本、出来のいいのもあればそうでないものも色々。

思ったよりはそれなりにできていたので一安心。 今シーズンは一通りニンジンの出来はイマイチだったので、最後にまずまずの収穫ができたので満足である。

さて、本編の写真が一枚しかないので、今日はおまけの写真で水増ししておこう。

2013_0124a0005 2013_0124a0006

1つ目は缶詰、缶つまシリーズでなんだかうまそうだったひと品。

明けてみるとやっぱり缶詰らしい肉が詰まっていた、レンジで温めた時は良かったが、冷めると脂が凝固してきて見た目が辛かった。味もまあまあ以上でも以下でもない。

2013_0127a0003 2013_0127a0006

2つ目はお高めのインスタントみそ汁、その名も「究極の赤出し」。

エノキもみつばも入っているフリーズドライタイプ。 それでも2食入って300円ぐらいだったかな。

赤出し好きのオイラには文句ないみそ汁でした。

久しぶりのおまけ画像でした。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!さて、今朝は久しぶりに走ってくるかな。

2013年1月28日 (月)

ネギの切り取りと「帆立伽哩」

土曜日の朝食にどんべいのカレーうどんを作って食べた。

去年に発売された袋めんバージョンだ。 おもしろそうだと思って買ってみたが、よくよく考えてみると、カップに入っているものを単に袋に入れただけだと思うと関心は薄れる。 従って写真などは特にない。

とにかく麺とスープだけだから、薬味だけでもと思い、農園の再生ねぎを切り取ってくる。

2013_0126a0001 2013_0126a0002

ここは先日購入した鶏糞を投入したごみ箱。 切り取ってもすぐに再生してくるだろうと期待している。

こんなとき再生ねぎをいっぱい抱えていると便利だね。

ほんでもって昨日のランチカレー!

2013_0127a0001 2013_0127a0005

 “ オホーツク発 ” のデリシャスカレー 「帆立伽哩」

ご覧のとおり写真みたいに丸ごと1個の貝柱は発見できなかった。

なおかつ、よくよく見ると販売者は「しんや」である。なんだか聞いたことある会社。

それもそのはず、過去にも「しんや」の「帆立カレー」を食べている。(去年の12月10日)

パッケージもネームも違うし、別もんかと思いきや味は同じみたいだ。

でも、写真を見比べてみると少し違う。 ひもは入っていないし、ルウもこちらの方が少し粘度が高い気がする。コスト削減によるバージョンの更新だろうか。

しかしながら相変わらずというべきか、この手のカレーにハズレはない。

帆立だしの利いたかなりうまいカレーであることは否めない。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ ←ブログ村ランキング!

2013年1月27日 (日)

スナップの岐路と「印度屋 ビーフカレー」

今が、ここがスナップエンドウの分かれ道かもしれない。

2013_0126a0001 <スナップエンドウ>

ここに来て、ビニル防寒と不織布防寒との差が出てきたようだ。

2013_0126a0002 2013_0126a0003

左がビニル防寒で右が不織布防寒。

設置の仕方にも問題があったかもしれないが、ビニル防寒の方は瀕死の状態。

不織布防寒の株も何枚かは萎れている葉もあるが、全体的には完全にまだ生き残っている。

春まであと2か月もあるというのに、左の株の状態ではとても維持できそうにない。

一応、水撒きだけはしておいた。 このところ水撒き頻度が落ちている。

これも原因の一つではないかと考えたからである。

とりあえずもう少し様子を見てみよう。

昨日は久しぶりに整体に行ってお昼はランチカレーとなった。

2013_0126a0004 2013_0126a0005

 「印度屋 ビーフカレー」 (手作り 牛肉たっぷり入 辛口)

どうやら最近売り出した大阪の会社が販売しているカレーのようだ。

買ったのも先週だったと思う。 それなのに賞味期限が最短ってなんか意味があるのかな。

ルウはどちらかといえばネットリ系。 「辛口」と表記してあるぐらいそこそこスパイシー。

だからと言って飛び上るほど辛いわけではない、これぐらいの刺激は欲しいという程度。

また肉も確かにたっぷり入っている。 しっかり煮込まれたシチューのような肉だ。

「この肉柔らけー!」を堪能するにはもってこいだが、「この肉旨んめー!」ってな感じではない。

スパイシーなルウは手作り感のある舌触りと辛さの前に甘みを感じることができるフルーティな味付けなので、久ぶりにご飯がススムカレーだったと思う。

探せばスーパーでも見つかるかもしれないよ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!少し寝坊した、急いで出かけなきゃ。

2013年1月26日 (土)

金時人参試し抜き

昨日の新年会は予定通り日付変更線が変わる前に帰宅。

そんでもってそのまま炬燵インで早めの就寝、ユーチュブ見ながら夢の世界へ・・・・・・。

 

9月の種まきからそろそろ150日が経過しようとしている。

葉っぱもそろそろ限界が近いよと言ってるようだ。

2013_0123a0017 2013_0123a0018

そこで、試し抜きをそれぞれしてみることに。

各鉢の一番大きそうな株を抜いてみた。 気分的には最終間引き。

2013_0126a0006 <金時人参>

まあなんて細い金時人参だこと。 それでも植木鉢栽培ではよくできた方かも。

上が6株鉢で下が2株鉢。 やはり株数は少ない方がよく育つことがわかる。

この寒さじゃこれ以上引き延ばしても大差ないかもしれないね。

来週末には残りの株も収穫することとしよう。

さて、ベビキャロはどうかな、それはまた明日ということで。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!ネタは小出しにということで。

2013年1月25日 (金)

セロリのプランター整理

寒いけど青々とした葉っぱを誇らせているセロリ。

2013_0123a0019 <セロリ>

ネギが中央で横綱みたいな居座り様。

そうだそうだ、その足元に小松菜が生えているんだった。

しかし、このプランターはあまりにもせわしない。 そこで、

2013_0123a0020 2013_0123a0021

小松菜はあきらめて除去することとした。

その分セロリの育成に専念するのである。 ネギはコンパニオンとしてしっかり外敵から守ってほしい。

いったん発芽するとわりとがんばる小松菜だが、別のプランターで頑張ってくれれば今回は十分である。

今日は仕事関係の新年会。 例年午前様になるが、今日は早く帰ろう。

と、今のところは思っている。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!体がだるいのは気のせいか。

2013年1月24日 (木)

メイン花壇タマネギの寒肥

ちょっと遅いのかもしれない。

でも見た目が随分と貧弱なのだ、ウチのメイン花壇は。

2013_0121a0001 <メイン花壇>

遠目で見ると何が埋まっているかわからないでしょ?

これがね、近くまで寄ってもあまりよくわからない。2013_0121a0002

これはいかん、ということで遅ればせながら寒肥を追肥することとした。

先日入手した鶏糞の投入である。

2013_0123a0015 前列と後列の間に溝を掘り、その中に投入。

春まであと数か月。 タマネギ初の路地植えなんだから立派に育ってほしい。

鉢植えの時だって、もう少しましだったような気がする。

がんばれ!オイラの紫タマネギ!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!やっと木曜日か、週末が待ち遠しい。

2013年1月23日 (水)

ルッコラの挑戦その2

さて、昨日の続きである。

始めから狙っていたわけではないが、昨日のグッズを入手したおかげで「その2」として開始することとなったのである。

事の思い付きはテレビ番組青空レストランでもやしの栽培を紹介しているのを見たことから始まる。

なんとそこのもやしは土に種を蒔いてむしろを被せてもやしを作っていたのだ。

それを見て驚愕した。そうだ、スプラウトって必ずしも水耕栽培でなくてもいいんだ。オイラとしたことがとんだ先入観でスプラウトを見ていたことだろう。

しかも、そこで栽培していたのはオイラが全くもってうまくいかなかったそばのもやしなのである。

そこで、ホムセンにそばのスプラウトの種を買いに行ったのが、そもそもの起源となるのである。

で、結果的にそばの種はなく、買ってきたのはルッコラの種である。それは昨日のグッズに合わせてルッコラをわざわざ指定したことによるのだ。

能書きはこれぐらいにして、今回の栽培については容器に土を敷き、炬燵内での栽培とする。

2013_0121a0003 買ってきた種はこれ。 ごく一般的なスプラウト用ルッコラ。

使用する容器はたまたま空になった味噌容器。2013_0121a0008

これに土を敷いてその上に種を蒔くのである。

どうせだったらと思い、色々と空になった容器に手元に残っていた他のスプラウトの種も蒔いてみた。

2013_0121a0009_4 全部で3種類。

右がルッコラ、左がレッドキャベツ、中央がアルファルファである。

ころあいを見て水をシュパシュパ吹きかけながら乾燥しないように注意を払うのである。

うまくいけば3日後あたりには発芽するかも。

また、これを機に炬燵を活用できるスプラウト栽培こそ、冬のメインイベントとなるかもしれない。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!あとはバットが出てくるのを待つだけである。

2013年1月22日 (火)

ルッコラの挑戦その1

日曜日、とある目的をもってホムセンに行ってきた。

種を買いに行ったのである。

残念ながら目的の種は見つからなかったものの、面白いものを見つけた。

2013_0121a0004 <ペットマト お家で野菜を作ろう>

コンセプトは「植物は光と水と空気で育つのだ」だって。

めざましテレビでも紹介されたらしい。 買っちゃうんだなこういうの。

商品名にもあるとおり元々はトマト水耕栽培がメインだったのだろう。オイラは一昨年のリベンジも含めてルッコラを選択。同じタイプでは8種類ほど用意されている。

さっそくセッティングだ。2013_0121a0005 説明書きは・・・・・。

なんだか簡単。 発芽に重要なのは温度確保だけ。

発芽後に日光が照射できて、ある程度の温度を確保できるのは愚息1号2号の部屋しかない。

2013_0121a0006 そこの出窓にセッティング完了。

夜は寒いので、カーテンをきっちり引いて、朝になったらカーテンを開ける。ただそれだけ。

愚息2号が進級をかけてお勉強しているので、部屋は暖房されているはず。

うまくいけば発芽は1~2週間後。

これで挑戦その1は準備完了で~す!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!その2は明日掲載しま~す!

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart