« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

この先が想像できない鈴なりキャベツ

鈴なりシリーズとして購入した新苗の鈴なりキャベツ。

2012_1129a0001 <鈴なりキャベツ>

見る感じすでにボロボロなのがよくわかる。

しかも近寄ってみると、2012_1129a0002 さらにあきらか。

始めのころは同居しているブロッコリーの方により多くの虫がついていたが、最近は虫からの人気が逆転しており、こちらの被害の方が多い。

しかし、被害は今のところ中心部分には至っていないのが唯一の救い。

2012_1129a0003 一応はきれいな中心部。

ただ今後、これがどのように変化してくれるのかが全く想像できない。

鈴なりといいながらこんな感じになっている先端部分はわずかに2つ。

えっ?それで鈴なり?って思うのが普通だと思う。 さてこれからどうなるの?

久しぶりのおまけ画像は新しいコンビニ系ビールたち。

2012_1129a0011 2012_1129a0012

左は正確にはリキュール類なんだな。 オリオンの復刻シリーズはもしかしてコンビニ限定?

オイラ的にはどっちかといえばブラウンの方が飲みやすかったかな。

でも深いコクがあるので、そう何本ものめるような感じではないかもしれない。

まあオイラの場合、この2本であっという間に夢の中へ突入できるんだけどね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!無性におこわが食べたくなるときってある?あるんだなこれが。

2012年11月29日 (木)

春菊の成長をそろえるための収穫

発芽がそろわなかった春菊、追加に種まきしたが、やはり後々影響があるようだ。

2012_1123a0010 <春菊>

先に発芽したものと後に発芽したものと成長の度合いが違うため、先に大きくなったものの陰になってしまっている。

ただでさえ成長が遅いのに、陰になってしまっては増々成長の度合いに差が出てしまう。

大きいものは食べごろの大きさになったので、2012_1123a0011

成長度合いをそろえる意味でも一斉に刈り取ってみた。

2012_1128a0015 今は甘酢漬けとして冷蔵庫に

さて、冬になって再生春菊がどれぐらいとれるのか実験の始まりである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今週から来週にかけて忙しい。

2012年11月28日 (水)

大根ごみ箱株収穫

9月中旬種まきのときなし大根は、コンパニオンプランつのネギに守られてそこそこ大きくなった。

2012_1124a0001 <ときなし大根>

今までの中で1、2を争うほどの出来栄えといっても過言ではない。

虫害も皆無とはいかなかったが、中程度の被害もなくここまで来た。

ネギコンパニオンはおおよそ成功と言ってもいいだろう。

2012_1124a0006 まずはそこそこ立派な出来栄え。

釣果的にいうと20センチ級といった感じ。今は漬物として冷蔵庫の中に眠っている。

ここまでうまくいくと、これからのウチのコンパニオンはみんなネギになる気がする。

だって元手がいらないもん。 普通に食べる用に買ってくるし。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は東京。帰りの駅弁が楽しみだ。

2012年11月27日 (火)

寡黙すぎる人参

前回の掲載から2週間が経過し、そろそろ何らかの変化を求めたいところだが、なかなかのモンである。

2012_1123a0013 <金時人参>

2012_1123a0014 <ベビキャロ?>

2012_1123a0015 <ベビキャロ>

2番目の鉢は、もはやベビキャロだったか金時だったかも忘れてしまった。

もうどっちだっていいや。

ちょっとだけホジホジしてみたけど、まったくもって全然だし、次の掲載も似たようなタイトルになるんでないかなと思う。

人参ってこんなに成長しないもんだっけ?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!さて、今日も走るぞ!

2012年11月26日 (月)

葉大根は大根と「高野山精進カレー」

わざと残しておいたわけではない。

もう少し大きくならないかなあなどと思いながらも、どんどん虫との戦いに明け暮れるかれただけの放置葉大根だった。

ところが、おやおや、2012_1124a0002 根っこが肥大している。

というわけで、大根として収穫することとなったのである。

2012_1124a0004_2 <葉大根の根>

この大きさだと立派な二十日大根である。

よくここまで肥大したものだ。  

ランチカレーは一昨日のもの。

2012_1124a0008 2012_1124a0010

 心にやさしい 「高野山 精進カレー」

箱の表に書いてある通り、肉も魚もにんにくさえも入っていないカレーである。

ある意味これがカレーなのかとも思う。

肉の代わりに入ってるのは、さすが高野山だけあって高野豆腐であった。

ルウはどちらかといえばサラサラ系。 一口目はなかなかのスパイシーさに驚く。

しかしスプーンを進めていくたびに一抹の物足りなさを感じていくのは事実である。

精進できなくてもいいから肉が食べたい。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!憂鬱な月曜日、しかも雨なのである。

2012年11月25日 (日)

育たぬ小松菜と「函館港町カレー」

昨日はとある組織の納会。結局のこのこ遊びに行ってしまって始発早朝帰り。

しかも速攻で仕事に行ったが、寝坊で遅刻。 そのあと野球のヘルプに勤しむハードなスケジュール。ヒットも打てたので面目は立ったが、ブログのアップがこの時間になってしまった。

 

葉大根を植えていた鉢に種まきをしておいた。 確か小松菜だったと思う。

名札を立てていなかったので、どれがどれだかわかりにくい。

2012_1118a0004 2012_1123a0012

左が先週の写真で右が今週の写真。

なんか変化があるように見える? さすがに寒いのかほとんど成長していない。

さすがに冬だ。 この分だと収穫は来年の3月あたりか? いやまさか・・・。

ランチカレーは一昨日のものから。

2012_1123a0006 2012_1123a0009

 「函館港町カレー」 えび・いか・あさり

ご存じ(レトルトカレー好きには)あの有名な五島軒シリーズのカレーである。

以前に別包装のすごくおいしいシーフードカレーを食べたが、それの廉価盤だろうか。

シーフードの出汁が利いていてとても美味しい。 最近思うのは特に突拍子もないものは別として当たり前のシーフードカレーにはあまりハズレがないという感じがしている。

ただ、パッケージほどわんさかシーフードが盛りだくさんは行っているわけではなく、食感としてはマッシュルームを多く食べている感覚がするのは気のせいか。

五島軒シリーズは別の商品も試してみる価値がありそうだ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!さあ今から少しの間寝るぞ。

2012年11月24日 (土)

秋の紅葉(東福寺、高台寺)

たまぞうさんほどじゃないにしても、たまにはヨメさん孝行しなければと思い、物心ついた時から京阪沿線に住んでいながら、今の今まで秋の京都なんかには行ったことなかったオイラだけど、思うところあって出かけてみた。

行き先1か所目:東福寺

奈良の東大寺と興福寺から一文字ずつもらって東福寺と名付けたらしい。各駅停車しか止まらないマイナーな駅で降りて徒歩10分。たいして有名な寺でもないにもかかわらず、大変な人ごみに驚いた。建物はほとんどが国宝、鎌倉時代からそびえ立つ壮大な門構えに圧倒されて、のっけっからいい感じのサプライズ。

しかし、それにしても敷地の中は見事な紅葉である。 夕暮れの薄暗さとマッチしていい感じ。

Forb01 ここはヨメ入りの写真しかない。

この時点で午後4時。 雨も降っていたし、ランチ後に出かけたのでこんな時間。

本当の目的はこれ以降のライトアップを見ることだった。

急ぎ足で高台寺へ移動する。 5時までに受付しなけりゃ入れないかも。

行ってみるとものすごい長蛇の列。 並ぶことの嫌いな大阪人はすでに逃げ腰。

それでもヨメがトイレに行きたいといったので、どっちが早いか実験と思い、ヨメはトイレにオイラは受付に並ぶ。

並ぶこと約30分、結果的にはオイラの受付の方が早かった。 それだけ女子トイレは並ぶのである。

それはさておき、5時までの受付だと思ったのに紅葉の期間中は時間延長で受け付けていたので、そんなに急ぐ必要はなかったようだ。(とこのときは思っていた)

メインのライトアップ見物はこのときは清水寺をターゲットにしていたので、ここはそれまでに見物し終えるつもりだったのだが、ここもライトアップ観覧を行っているらしい。

行き先2か所目:高台寺

高台寺といえば豊臣秀吉の妻女である「ねね様」の出家後の住まいである。 秀吉没後、大阪城を退去し、徳川家康の援助を得て開いた寺だけあって広大な敷地に立派な建物。さすがに従一位北の政所である。 当時から残る建物は国の重要文化財に指定されている。

ユーチュブで「おんな太閤記」を見てからは、「ねね様」の大ファンになったオイラ。 冒頭に書いた思うところあってというのは、ここに来てみたかったのである。

さて、ライトアップの紅葉はForb02

これが自信の一枚。 池に移る色とりどりの葉が大変に美しい。

ここも大変な人だかりだった。 清水寺のすぐそばにありながら、知る人ぞ知る寺だと思っていたのに、入る前から100メートル近くも並んだのである。

しかし、本当に驚かされたのは観覧が終わって寺を出たとき。

オイラたちが並んだ時はほんの序章に過ぎなかった。 その列は境内前の駐車場だけでは飽き足らず下の公園にまで及んでおり、その距離は1キロを超えているのではないかという大変な長蛇の列になっていた。

これじゃ入るまでに2~3時間ぐらいかかりそうだべ。 と思ったぐらい。 ここもマイナーな寺にもかかわらずこの列を見た途端、メインターゲットとしていた清水寺行きは急きょキャンセルすることにした。 とてもじゃないけど想像を絶すると思ったからである。

帰路につき始める時点ですでに午後7時。 土産物屋と京極通りを見物して帰る。

そしてまた一風変わった珍しいものを買ってしまうんだな。

2012_1124a0001 日本刀みたいな傘なのだ。

おそらくは主に外国人向けなんだろう、そういうたぐいの店で売られていた。

でもオイラはこういう感覚が大好き。 多少迷った挙句に買ってしまうのである。

さて、どんな日に差していこうかな。 これで少しは雨の日も楽しくなるかも。

昨日のランチカレーはまたあした。 今日はここまで。

菜園もカレーもないけど、まあいいか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!これでしばらく秋の京都は行かないだろう。

2012年11月23日 (金)

二期作トウモロコシの仕上げ

今日はあいにくの雨である。

京都あたりへわびさびの見学に行ってこようと思っていたが、さてどうしようかな。

屋内では二期作トウモロコシの最後の仕上げが待っていた。

2012_1120a0001 <イエローポップ>

1カ月ほど干していたポップコーン用トウモロコシ。 カチンコチンに乾燥した。

これを1粒1粒指で外していくのである。

2012_1120a0002 2012_1120a0003

左が一期作目、右が二期作目である。

心なしか二期作目の粒の方が少し赤みがかっている。

今回乾燥させたのは全部で3本。

2012_1120a0004 しばらくはポップコーンには困らないだろう。

って、普通は家でそんなにポップコーンなんてしないよね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!交野マラソン登録完了!あとは走るのみ。

2012年11月22日 (木)

蕪の撤収と植え付け

天王寺蕪のプランター、3株残してさらなる肥大を待っていたが、このあたりであきらめよう。

2012_1118a0007 <天王寺蕪>

奥から2番目なんかはほぼやる気ないみたいな感じ。

両端の2株を収穫してみた。2012_1118a0008

よく言えば手頃な大きさ。 でもやっぱり正直なところ小さいと思う。

うまくバトンタッチできるように、次の株を炬燵内発芽で準備しておいた。

2012_1118a0005_2 不注意な見逃しがあったので少々徒長ぎみ。

従って植え付けは多少深め。ちょっと深いかな。2012_1118a0006

なにわともあれ、冬栽培用の蕪を定植したのであった。

名付けて真冬に蕪は収穫できるか実験。(そのまんまのタイトルかいな)

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!昨日からようやく走り始める。さっそく筋肉痛が・・・・・・。

2012年11月21日 (水)

麺系カレー最近事情

少々ネタ切れの感もあり、カレーカテゴリーを持つオイラの休憩所的な場所としてこんなものを集めてみました。

まずは北海道属。

2012_1117a0021 2012_10100001

京阪百貨店の北海道展で買ったもの。なぜか両方ともに函館。札幌や小樽はないのか?

次はカップ属。

2012_1111a0004 2012_10160004

右は同上北海道展で買ったもの。 やっぱ店に行って食べたいです。

そしてそうめん属というのも確立しているようだ。

2012_1103a0005 2012_1120a0006

ピリ辛のしゃばしゃばスープに意外と合うんだなこれが。 ネギ多めで食べたい。

最後は最近はやりの袋麺属。

2012_1106a0006_2 カレーの場合なぜかうどんが多い。

ねっとりルウにはうどんやラーメンが、さらさらルウにはそうめんやそばが合う。

ライスでもパンでも麺でも楽しめるカレー、

まだまだ奥深いスパイシーな話題はいっぱいそこらへんに落ちているのだ。

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ たまにはこんな日もあります。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart