« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

月末キャラメルH24年5・6月

忘れるんですな、これが。

本当は毎月の末にまとめて掲載しようと思っているんだけど、結果的にはまとめすぎてしまっている。

来月は忘れずに務めようと思う。 みかんさん、たいへんお待たせしました!

それでは5・6月分のキャラメルモンまとめて紹介。 まずは<ランクD>

D01 D02 D03 D04 D05 D06 D07 D09 D10_2 D11

なぜかパン系が多い。 しかし、数打ちゃ当たるって訳にはいかなかった。

この系統でよかったのはサンミーぐらいかな。

続いて<ランクC>

C01 C02 C03 C04 C05 C06

まさに「惜しいっ」っていう感じ。 まあまあかもしんないけんど、リピートはないべな。

んでもって<ランクB>はコチラ。

B01 B02

プレッツェルはもう3度もリピートした。 100円というお手軽感もグッドな逸品だべさ。

ラテは珍しく濃厚なキャラメル味が良かった。 塩味が利いていたのが良かったのかもしれない。

すでに販売期間は終了か。

さて、また来月までコツコツとコレクションするかな。

マニア向けに小噺をひとつ。 

先日、ヨメの付き添いで本屋に出かけた。 ヨメは専門書をむさぼるが、オイラはオイラでふらふらと別の本棚へ。

そして見つけたのだ。 オイラのマニアックなビクンビクンを揺さぶる本が。

もちろん、お駄賃代わりに嫁に買ってもらいやした。

2012_0628a0002 「横溝正史研究創刊号 特集金田一耕助登場」

しかも初版本だべな。 ワクワクしながらあっという間に読んでしまった。

あとはひっそりお蔵入りだべな。 時々思い出しては読み返すのである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! さて、今日のランチカレーは何でしょう?

2012年6月29日 (金)

白キュウリとプッチーニ

今年の目玉白キュウリ。

キュウリといえばウチの鬼門作物。 プッチーニとともにブドウ棚の下で奮闘している最中である。

2012_0626a0024 <白キュウリ>

まずはいい感じの写真から。 このあたりの写真だと何も言うことはない。

しかし、悪い感じの写真を見ると、2012_0626a0025 なんだか過去に見た風景。

やはりキュウリは鬼門作物なんだろうか。 まずは最初の1本を収穫するまで気が気でない。

プッチーニは、今のところ雄花と雌花がタイミングよく見られる。

2012_0626a0026 2012_0626a0027

あとは虫がうまく媒介してくれるかどうかにかかっている。

ところで、この2つは仲良く並んでいるのだが、意外なことに気がついた。

2012_0626a0023 <2つの葉っぱを比べてみる>

大きさの比較ではない。 右がプッチーニで左が白キュウリの葉っぱである。

こんなに大きさから形から色までそっくりやんか。

ともにウリ科、似ていて当たり前なのかもしれないが、ナスとトマトは全然違うよね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! さて週末です。そろそろ散髪に行こうかな。

2012年6月28日 (木)

オクラはどうなってる?

4株のうちの1株は2回も枯れて、都合3回も種をまきなおすことになった今年のオクラ。

2012_0626a0020 <丸オクラ:エメラルド>

仕方ないけど、明らかに生育状況が違いすぎる。

2012_0626a0021 ま、そこそこ綺麗な葉っぱだから大丈夫かな。

それはそうと、他の3株もまだまだ生育が遅い。

にもかかわらず、この高さで2012_0626a0022 蕾が膨らんでいる。

こんな貧弱な茎じゃなくて、もっと太い茎にするにはどうしたらいいんだろう。 プランターでは難しいか、やっぱり。

昨日のお茶漬けシリーズの続きで面白いものがあるのだ。

2012_0626a0031 2012_0626a0032

なんと「冷やし茶漬け」。1袋168円だったべな。 中身はというとフリーズドライの塊である。

これに水を注いで氷を浮かべると出来上がり。2012_0626a0033 <ジャン>

中からシャケの小切り身が2カケあらわれ出でた。 出汁が利いていてまあまあ旨い。

もう1個の明太子味も楽しみだ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!いかん!夜更かししてしまった。見てたのは石立鉄男ドラマだべさ。

2012年6月27日 (水)

タイニーシュシュ間引きしてみる

忘れていたわけではない。

ほったらかしになっていただけである。

種まきしなおしたタイニーシュシュは一応成長はしていた。 不織布の中で。

2012_0626a0010 2012_0626a0011

そろそろころあいかなということで3株まで間引いてみた。

コンパニオンプランツのつもりはないが、隣のニンジンはまだそのままである。

不織布の中だというのに、ところどころ葉っぱに穴が空いている。 なぜだろう。

ミニプランター株は2012_0626a0012 それらしい葉っぱになってきたが、

白菜であることは自覚できていないようだ。 まるで巻く気配がない。

白菜らしい葉っぱのこすれる音はするので、もう少し待ってみよう。

今日のおまけ画像は、もしかしたらゆっこさんが楽しみにしているかもしれないお茶漬けシリーズ。

2012_0626a0029 2012_0626a0030

3袋入って200円ぐらいだったかな。 シャキシャキわさびが新鮮な歯ざわりだった。

さらに「ツーン辛」が欲しいときはねりわさびを追加すると良いだろう。

シリーズはあるかもしれないが、カテゴリとして増やすつもりはないので、あしからず。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!続きは明日もあるよ。

2012年6月26日 (火)

メイン花壇のキュウリとナス

我が農園では最も苦手となっているキュウリとナス。

マー坊ナスは昨年、おかげさまをもってやっとのことで大成功の実績を得たが、キュウリは未だかつてまともな収穫を収めたことがない。

今年はメイン花壇を闊歩してリベンジを図ろうともくろんでいるところであるが・・・

2012_0621a0005 2012_0621a0006

地這キュウリは今のところ何とかうどん粉病にもならずにそこそこか。

マー坊ナスはちょっと貧弱なんでないかいなと思わざるを得ない。

手前にあったケルンが日光浴の邪魔をしていたかもしれないが、すでに撤収済みである。

これからの急速な伸びを期待しよう。

鉢植えのキュウリはというと、2012_0621a0004 ご覧のとおり。

若干復活の兆しを見せている。 足元に妙なキノコが見えるのが少し不気味な気もするが、愛嬌である。

日当たりは確保できているので、ここから頑張ってほしい。

今日のおまけ画像は、こんなのがあったんだプリッツである。

2012_0623a0011 2012_0623a0012 2012_0623a0013

キャラメルソースをつけて食べるんだって。 メインが「プリン味」となっているのでキャラメルモンカテゴリには入れなかった。

結構うまおもろかったよ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は特にコメントありましぇん。 でも pccht はよろしく。

2012年6月25日 (月)

トウモロコシの日向性を物理的に是正する

タイトルは仰々しいものだが、要約をいうと日光浴のために一定方向に傾くと、隣の作物のジャマになるので、つっかえ棒を差して姿勢を正しただけである。

こんな風に。2012_0621a0009 <イエローポップ>

それでも日々傾いてくるので、この措置は何度か繰り返さねばならないだろう。

去年も一昨年もそうだった。

2012_0621a0010 まだ、中から穂は出てきていない。

さて、今年の害獣対策はどうしたものか、まだ良い案が浮かばない。

良い案といえば、ほかにアイデアは無かったのかと思わせるプリンが発売されている。

2012_0623a0002 2012_0623a0003

「男のプッチンプリン」 おつまみ冷奴風! ってビックリマークまでつけているけど、確かに豆腐の味がするし、プッチンだけど、これをこんな風にする必要がどこにあるんだ?

しかも本格的に冷奴に近い味だからよけいに違和感があるじゃないか!

プリント名の付く商品だが、けっして朝にそして昼におやつ気分で食べてはいけない。

単に砂糖の代わりに醤油を入れてしまったプリンの出来損ないに過ぎないのだから。

 

ところで昨日、大阪府体育大会の地区予選があり、残念ながら準決勝で負けてしまった。

そしてほぼ公式にオイラの引退宣告がなされたため、9年にわたる40歳以上の代表選手としての役目は終わった。

今後は監督として若い(?)選手達を率いていくこととなる。 が、やっぱり現役引退というのは少し寂しいものである。

気持ちはまだまだ現役だし、自分のチームでは機会があれば試合に出たいと思う。

イチローみたいにカレーを食ってから試合に臨むとするか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! 月曜日、雨、しかも蒸し暑い。 なんかいいことないかな。

2012年6月24日 (日)

平莢インゲン小さな莢と「さざえカレー」

マンズナルの代用で100均で買った平莢インゲンは、地味に育っていた。

2012_0621a0007 <平莢インゲン>

蔓がドドーっと伸びるわけでもない。 花がワサーっと咲くわけでもない。

それでもいつの間にか小さな莢をぶら下げていた。

2012_0621a0008 <ほらね>

この手のマメ系はどうしてもアブラーとの戦いになる。

そこで、木酢と重曹と油を水で薄めた液をスプレーする防御策を試みている。

これによってアブラーは防御できているようだが、スプレーしすぎると油分が葉っぱをコーティングしたかのようにテカテカになり、少し痛んでしまうようだ。

アブラーにやられるのとどっちがいい?

 

昨日のランチカレーは、本来愛娘の修学旅行でお土産になるはずだったメインのカレー。

2012_0623a0005 2012_0623a0010

 島じゃ常識 「さざえカレー」

ルウは細かく刻まれた野菜のピューレが煮込まれた感じ。 さざえの肉片が大小4~5個入っている。

さざえの肝をすりつぶした「サザエバター」で仕上げているらしい。 コレが味噌かな。

味的にはカレーというより別の料理を食べているみたいだ。

YOUTUBEの動画でjetdaisuke氏が表現していたとおりの感じだった。

決して不味いわけではない。 さざえも非常に良かった。 でも、カレーを食った気にはならなかった。

ネットで1箱550円で購入可能。 興味のある方はお試しを。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へにほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!そういえば梅雨入りしているので今日から青バナーに変更。

2012年6月23日 (土)

雨宿りのシンディオレンジ

このところしばしば天候が雨。

そのたびにシンディオレンジは軒下へと雨宿りをするのである。

2012_0621a0001 <シンディオレンジ>

つい先月までここは愚息1号の自転車置き場だった。

勤め先の駐輪場で盗まれて、金もないもんだから買い換えられないんだってさ。

社会人なんだからがんばって稼いで買いなさい。

シンディオレンジの果実はというと、2012_0621a0002 あんまし変わらん。

中玉だから直径であと3センチは欲しいところ。

鉢株2号にも花が咲いている。2012_0621a0003 貧弱そうな花だ。

これから夏本番。 とはいいながら梅雨明け宣言はいつ頃なんだろう。

暑い夏は冷たいものが欲しくなる。 こんなものはいかが?2012_0613a0008

凍らせるゼリーだって。 結果的にはソーダアイスみたいになるんだけどね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!午後からヨメのお買い物付き添い。駄賃に何買ってもらおうかな。

2012年6月22日 (金)

ニンジンだって日向性

野菜は光合成をもって成長する。

ニンジンもやはり然りであった。 れっきとした日向性だったというわけである。

2012_0619a0008 <パープルヘイズ>

プランターの様子。 写真右側が日光側。 そちらの方だけが大きくなっている感じ。

コレはイカンということで、サイドチェンジしてみた。

2012_0619a0009 さて、これで逆サイド側も大きくなってくれるかな。

ちなみに、最後に1本残っていた幼苗も先月収穫した大根の跡地に植え替えてある。

2012_0619a0010 こげな感じ。 もうゴミ箱容器もボロボロだ。 コレが最後かな。

掲載し忘れていたおまけ画像があった。

先日の父の日に「自分で買った」プレゼントビールがあったのだ。

2012_0613a0006 2012_0613a0007

グラス入りの父の日セットみたいなビール。

どこ産だったか忘れたのがタマニキズ。 ラベルの色がビールの色。 さすがに青くは無かったがそれなりに濃い色。

しかし、飲んでしまえばみな同じ。 美味しくいただきましたとさ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は歯医者の日。ドキドキするよね歯医者って。

2012年6月21日 (木)

太いケルンと長いケルン

初めてメイン花壇に露地植えしてみたケルン。

2012_0619a0011 <露地植えケルン>

あっと言う間に大きくなってナスの日光浴をじゃましている。

2012_0619a0004 よく見るとこげに太くなったので収穫した。

一方、プランターの方は相変わらず細長い。2012_0619a0006

これも丈が30センチを越えたので収穫した。2012_0619a0012

この違いは一体なんだ。2012_0619a0013 こんなに違うんダゼェ?

やっぱり露地植えしないとダメなんだな。 今度は深い容器が空いたら試してみよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日はまた雨。台風も来るらしい。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart