« デカチャンプの仕込みと「帆立カレー」 | メイン | 定植大根その後と「賀茂茄子カレー」 »

2012年3月18日 (日)

メイン花壇の葉物収穫と「京都麦酒地ビールカレー」

玉葱プランターに生えていたおまけ正月菜がトウ立ちしてから数日後のある朝。

まだマフラーが手放せないぐらいの肌寒い空気だったが、どうにもメイン花壇のビニルの中が気になってめくってみた。

2012_0316a0005 <正月菜と葉大根>

結構、いけてるかも。 というよりもこれがトウ立ちするとイヤだ。 黄色い葉っぱ所々目立っている。

つまりは収穫するタイミングの一つということ。

2012_0316a0006 2012_0316a0007

正月菜は最後の一株、葉大根は計7株を収穫。

確かに市場で売られているものよりも明らかに小ぶりではあるが、トウ立ちの前に食べるのが鉄則。

これらは早速浅漬けに仕込むことに。 今夜あたりが食べごろかな。

今日のランチカレーはこちら。

2012_0317a0002 2012_0317a0004

 黄桜 「京都麦酒地ビールカレー」

肉をビールで煮込むとやわらかくなるのは有名な話。 しかーし、このネーミングには偽りがある。

原材料として記載されているのは「麦汁」であり、「ビール」ではない。

第一、黄桜といえば有数の日本酒メーカーではないか。 などという疑問を残しながら食してみた。

中辛といいながら全然辛くないのが少々残念だが、比較的旨い。

野菜の切り方やルウの後味など、多少レトルトっぽさが残るものの、肉の食感は非常に良い。

リピートする気にはなれないが、まあそこそこ満足したカレーであった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!今日は20日交野マラソンに向けてのラスト調整。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/28120191

メイン花壇の葉物収穫と「京都麦酒地ビールカレー」を参照しているブログ:

コメント

とう立ち前に収穫できて ナイスタイミングですね。
この時期は どんどんとう立ちしますからね。
我が家も成長前のチンゲン菜がとう立ちしています。
この菜花を収穫せざるを得ません。
ちなみに農業屋はお気に入りのお店です。
交野マラソン頑張ってください!

葉大根・・これの漬物がたまらなく美味しいですね。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart