« 小松菜の様子と「キーマカレー風大豆のそぼろちゃん」 | メイン | 人参を覗いてみた »

2012年1月10日 (火)

キクラゲの仕込みと「熊野牛カレー」

昨日は穏やかな気温で午前中でも充分に意欲が湧く、そんな一日だった。

昨年末に愚息1号に作業をさせておいたほだ木に菌種を埋めつける作業を行った。

これがキクラゲの菌種である。2012_0109a0008 全部で100個入っている。

それをあらかじめ開けておいた穴に埋めつけるのである。2012_0109a0009

新旧あわせて埋めつけたほだ木は全部で4本。

2012_0109a0010 湿度の高い家裏に設置し、保温のためのシートを被せる。

これで完了である。 ところが、2012_0109a0013 5つほど菌種が余ってしまった。

そこで、2012_0109a0014 こんな鉢を用意し、2012_0109a0015 腐葉土と昔飼っていたカブトムシ用の切り株設置し、2012_0109a0016 オガコたっぷりの牛糞を敷き、2012_0109a0017 軽く土をまぶして、切り株の周囲に菌種をペンタゴン状に埋めてみた。

題して「ほだ木以外でキクラゲは生えるか実験」である。

ちなみに切り株にはに液肥の原液をたっぷりとしみこませておいた。

さて、生えてくる確率は何パーセント?

 

昨日のランチカレーは和歌山土産シリース第3弾。

2012_0109a0019 2012_0109a0021

 熊野牛はうまい! 「熊野牛カレー」

前回までと違い、変り種ではない。 いわゆる直球勝負というカレーである。

少し固めのルウで辛すぎず、とてもスパイシー。 肉も多く入っており、食べ応えがある。

レトルトパウチが大きくてヤカンに入れるのに苦労した。 ヤカンで湯煎する方が早いのである。

箱の裏をよく読んでみると、説明書きの最後にこう記してあった。

 〝この製品はレトルトパウチ食品です。1.5人前です。〟  ・・・・・・どうりで。

いかんせん、一番最近買ってきたものが最も賞味期限が近いとはどういうことだ?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ←ブログ村ランキング!また今日から出勤だ体が重い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/27747675

キクラゲの仕込みと「熊野牛カレー」を参照しているブログ:

コメント

キクラゲはこうやって栽培するんですね。
手間ひまかかってるのが分かります。
新品のほだ木なども用意されて 熱が入ってますね!
鉢でのキクラゲ実験は とても興味あります!
キクラゲの成育条件が合えば育つのでは。

カレーはお腹いっぱい食べたいので 1.5人前は大歓迎です!
ポチッ!

tamazou様
自家栽培のキクラゲって魅力でしょ?
まともなほだ木でさえ成功してないんですけどね。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart