« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

オクラに蕾がやっとこさ

夏真っ盛りだというのに、スーパーなんかでもオクラが非常に高い。

シーズンだから旬の野菜としてもっと出回ってなければいけないと思うのに、世間でもオクラは不調なのだろうか。

2011_0731a0003 <オクラ2011>

ウチのオクラもやっとこんな感じ。

背丈だけは中央のベニーが大きくなっているが、幅を利かせているのは右のピークファイブである。

2011_0731a0004 <やっと蕾>

やっとこの時期に来て蕾らしき姿が見える。 しかし、ベニーの方はまだ茎が伸びているだけである。

早く咲いた花を見たいものだ。 ナスと違ってさすがにオクラにはウチでも無駄花がない。

去年のスターデビッドは今一つだったが、定番のピークファイブなら間違いないだろう。

オクラの夏、ニッポンの夏、そろそろ本格的な本番の夏を迎えるのである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は一日野球の日になりそうだ。

2011年7月30日 (土)

早めの収穫中玉トマトと茗荷

愛娘にデジカメを奪われたおかげでブログの更新タイミングが少しずつずれている。

今日は不安定な天気で、今も夕立の中、雷がしばし鳴り響く。

これで夕方の水やりもせずに済む。 

昨日の朝、思いがけずいい色になっていたトマトを見かけた。

2011_0729a0009 <思いのほか赤くなっている>

割れてきては大変と、早速収穫することとした。

2011_0729a0012 2011_0729a0013

手にひらにおさまるぐらいの手ごろな大きさ。 断面はとても瑞々しい。

実は結局オイラの口に入ることなく、ヨメと愛娘と半分ずつで食したらしい。

味は昔のトマトの味がしたらしく、少し酸っぱかったといわれた。

なんせオイラは食ってないのだからコメントのしようがない。

思い出したので茗荷も早めの収穫をしてみた。

2011_0729a0011 <なんとも可愛すぎる大きさ>

去年はもっと大きくなったんだけどな。 冬の間に肥料もやったし、土も足してやったのに。

37本あるのだから、まだまだ30個以上は収穫できるはずである。

残りはもう少し大きくなるまで様子を見ることとしよう。

ところで、ペプシのおもしろコーラシリーズが出ているのをご存知だろうか。

2011_0730a0003 <ペプシカリビアンゴールド>

結局のところ何の味かよくわからない。

「カリブ海の高級リゾートをイメージした爽やかなコーラ」だって。  カリブ海の味ってこんな感じなの?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!そろそろ夏の甲子園。夏真っ盛りである。

2011年7月29日 (金)

夏の小松菜間引きと防虫

7月に種まきし、夏の間に収穫しようと目論んだ小松菜。

先週、見事に発芽し、本格的に育成段階に入った。

2011_0729a0001 2011_0729a0002

不織布を被せてあったので、虫の害はない。 その分わしゃわしゃ育ってきたので、間引きを行う。

ちょっと徒長気味なので、ひょろひょろと情けない姿勢になる。

これからは縦に伸びてもらうことを前提とした不織布仕立てをしなければならない。

100均で短い支柱を購入し、その上から新たな不織布を被せてハウスのように仕立てる。

2011_0729a0003 <ビニルハウスならぬ不織布ハウス>

これまたちっちゃいクリップを100均で購入し、支柱と不織布をしっかりと固定。

これで虫対策は今のところ万全である。

しかしながらこれは対イモムシ用なので、土の中から湧き出てくる虫には効果がない。

すきあらばアブラムシが湧き出てくる可能性があるので、油断は禁物である。

ガッツリした気温の中、いち早く成長し、9月上旬までには収穫にありつきたいと考えている。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!諸事情により更新が夜になった。明日からはまた朝に更新の予定。

2011年7月28日 (木)

鬼門キュウリの成長ぶり

ウチの農園ではナスと並んで両雄ともいえる鬼門のキュウリ。

苗を購入し植え付けから約1週間が経過した。 その成長ぶりをチェックしてみよう。

2011_0727a0019 <秋キュウリの蔓>

紛れもなく成長している。 見事な蒔き具合である。 

この調子でドンドン成長し、今までの悪い前例を綺麗さっぱり払拭してもらいたいものである。

おお、2011_0727a0018 早くも花が咲いているではないか。

残念ながら、これは雄花であるが、この次は雌花が咲きますようにと祈るばかりである。

今日は和歌山まで出張しなければならない。 朝が早いので深夜の更新。

そろそろ中玉トマトがいい色になってきたぞ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!明日は面白い写真が手に入るかもしれない。

2011年7月27日 (水)

どうもナスとの相性が悪いみたいだ

一番果を収穫してから随分日にちが経った。

もうそろそろ二番果を収穫してもいい頃だろうに、ところがどっこい、わが農園の鬼門伝説は簡単にナスの収穫にありつけてくれそうにない様相を呈している。

2011_0727a0020 <相当枝だけは縦横無尽に生えている>

おかげでひもとうがらしが完全に日陰暮らしになってしまった。 まさに日照権を奪われている格好である。

「ナスは肥料食い」そんな文言を信じてせっせと肥料を与えてきた。

にもかかわらず、いまだ花は咲けども実は生らずの状態が繰り返されている。

この時点で7つもの花が咲いているのだが、着果しそうな気配は感じられない。

一番果実を収穫したときも5つほどの花が咲いていたのに、結局どれもこれもみ~んな落ちてしまった。

2011_0723a0006 2011_0727a0021

葉っぱは確かにニジュウヤ共にやられてはいるけれど、せめて半分ぐらいは残って欲しいものである。

さて、ウチでの鬼門作物は今後どのような結果を残してくれるのでしょう。

それはさておき、今CMで話題のビールを買ってみた。

2011_0727a0015 <氷を入れて飲むビール>

ウチには丸い氷があるので、2011_0727a0016 これで飲んでみた。

んんんんんん、やっぱり貧乏性なんだろうか、どうしても氷で薄まった感があり、しかも氷が解けないうちに飲まないといけない気がしてピッチが早くなる。

「キレが増す」って書いてあるけど、果たしてそうなんだろうか。

ねぎ夫どのの感想を待つことにしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!暑いけどポッチもヨロシク!

2011年7月26日 (火)

デカチャンプも無理せず収穫

デカチャンプも第一果実は充分にその収穫時期を迎えた。

2011_0721a0003 2011_0725a0002

およそ5日ほど前の果実(左)が昨日、ソコソコの大きさになっていた(右)。

ピーマン系は第一果実は早めの収穫が鉄則。 これはほぼ双子だったのを間引きしたのだが、第一果実には違いないので、後のことを考えて収穫した。

手のひらに載せると、2011_0725a0005 こんな感じ。

ちょっと大きなピーマンという感じはする。 肉厚で噛み応えのある果肉だった。

ところがこの株には後継ともいえる花が咲いていない。

2011_0721a0009 2011_0721a0011 <左:メイン花壇、右:保冷容器株>

枝だけを見ればソコソコ大きくなっているデカチャンプたち。

でもなかなか実がなりそうな気配がない。

2011_0721a0010 <一応、こんな花も咲いてはいるのだが。>

唯一いい話題は、昨日見つけたわが農園の救世主。2011_0725a0001

いいじゃない、カマキリとかテントウムシとかクモとか。 悪い虫を退治してくれる救世主たちは大歓迎である。

あとは収穫を促してくれる救世主が来てくれるのを待つだけなんだべさ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! 私市は夜は寒いぐらい。作物は嫌がっているかもね。

2011年7月25日 (月)

ミニトマト収穫始め

一昨日の出来事。

野球の練習に出かける前にふとプランターを見ると、ミニトマトの実が割れているのに気づいた。

たいして赤くもなっていないのに割れているのである。

2011_0723a0002 <しかも2個、それぞれ違う株で>

これはイカン! ということでこれよりも赤い実を緊急収穫。 今年のミニトマト収穫始めとなった。

2011_0723a0005 2011_0724a0007

左が一昨日で右が昨日の収穫。 あわせて7つであるが、自家採種ミニトマトことしも収穫と相成ったのである。

中玉トマトも色づいてきた。

2011_0723a0003 2011_0723a0004

色がオレンジっぽくてなんだか変だけど、きっと赤くなってくれるだろうことを願いながら待ちたい。

話は変わるが昨日飲んだビールはとても変だった。

2011_0724a0008 外国産なんだけど日本語タイトルなのである。

しかも、2011_0724a0017 注ぎ口が下にあり、開封後は缶が逆さまに。

なおかつ、よく見ると「発泡酒」と書いてあり、そもそもビールではない。

味はさわやか過ぎるほどフルーティでとてもビールと呼べる感覚ではない。

この後に飲んだ2011_0724a0018 これの方がよっぽど飲みやすかった。

昨日は2本飲んだので、あっという間に夢の中。 目が覚めたら暗闇の中3時30分だった。

もちろん、もう一回寝直したけどね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日も暑いけど、ポッチもよろしくね!

2011年7月24日 (日)

七月末のマメ事情

なかなかである。

もうちっとスムーズにことが運ぶと思っていたけれど、そうは問屋がおろさぬようだ。

二期作かとも思われる花が咲いたあとに着果を待っていたマンズナル。

2011_0719a0007 <マンズナル着果>

一応、莢が生り始めた。 最初はこんなんだったっけ?

二期作なれば初の体験。 出来るのは水をやることと待つことだけ。

ゼブラも迷走しているかのよう。

2011_0721a0001 2011_0721a0002

蔓が延び始めてからそこそこ経つというのに、まだ伸びる伸びる。

ところが花が一向に咲く気配がない。 先端はまだ伸びる気いっぱい。

これ以上上には伸びなくてもいいから早く花を咲かせて欲しい。

去年はソコソコの丈で充分に花が咲いたように思うんだけどなあ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!昨日は自治会の役員会だった。珍ウナギは今晩だな。

2011年7月23日 (土)

ネギとニンジンの憂い

昨日は野球の抽選会だった。

そのあと仲間たちとの飲み会もあり、予告していた珍ウナギもんは今夜の馳走となる。

しかし、暑さでバテているのは野菜も同じ。

2011_0721a0013 2011_0721a0014

ネギ三兄弟も食べごろには育っているが、足元の苔がどうも見苦しい。

2011_0721a0007 2011_0721a0006

ニンジンは根っこは見た目普通だが、葉っぱが焼けたように枯れている部分がある。

それぞれに暑さを耐えている様子が感じられるようだ。

夏はこれからが本番。 ウチの野菜たちはどう変わってくれるのだろうか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!明日はわがチームの試合だ。久しぶりにスタメンで行くぞ!

2011年7月22日 (金)

丑の日の鰻とオクラ

昨日は世間的には土用丑の日だった。

スーパーなどでも鰻コーナーがあちらこちらで増設されて、ちょっとお高めの鰻を買い求める客でいっぱいだった。

もともと夏バテ防止のために平賀源内が発案したらしいが、「う」のつくものなら何も鰻でなくてもいいらしい。

ウチなどは基本的に夏バテどころか夏太りするぐらい元気が良すぎるので、昨日の食卓などは普通の焼き魚だったりするのである。

そこで、雰囲気だけでも味わおうとこんなものを買ってきた。

2011_0721a0016 <うな焼き?>

若鮎なる菓子の別バージョンと思ってもらえればわかりやすい。

中には求肥が入っており食感的には若鮎と変わりない。 若鮎と異なるのは皮が黒糖風味であることと中にはアンコが入っていることである。

従って若鮎よりもかなり「甘い」。 ウチの鰻はこんなもので充分なのである。

本当は家庭菜園やってるなら野菜でも夏バテ防止をしたいところである。

特にオクラなどは夏バテ防止にはもってこいの作物といわれているのだが、ウチではオクラ自身が夏バテしているかもしれない。

2011_0719a0006 <まだこげな大きさである>

結局土用の日には間に合わなかったという結果。

2011_0721a0004 2011_0721a0005

ピークファイブとベニーそれぞれの先端は上のとおり。 まだ蕾すら現れていない。

本来なら丑の日にオクラをザクザク食べたかったところだが、今年は何にも夏野菜が間に合っていない。

ナスもトマトもピーマンも茗荷さえもほとんど収穫できていない。

準備(種まき)が遅いと夏に間に合わないという結果なのである。

ウチの土用丑の日は来月に回してもらおう。 今年は丑の日が2回あるらしいから。 それは8月2日だって。

その日にも間に合いそうもないな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!おもしろ鰻第2弾はまた明日。お楽しみに。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart