« ズダボロなキャベサイ | メイン | 被害者葉大根と移植春菊 »

2010年10月25日 (月)

ガブリエル撤収作業

先日、戦力外通告となった「高糖度パプリカ〝ガブリエル〟」の撤収作業を行った。

作業中の写真は特にないが、根っこの整理をしているときに気づいたことがある。

    「これって、地下で壮絶な領土争いがあったのかも」

ウチにある一番大きなプランターで、そこそこ距離を開けて植えていたつもりだったが、伸び盛りの根っこにとっては少々手狭だったようだ。

2010_1023a0005 <半分だけ掘ってみた>

ガブリエルの根っこを撤収しているつもりだったが、いつの間にか隣の「旨辛とうがらし」の根っこが出てきた。

この中間地点はまさに壮絶な争いをしてたんだなあと想像に難くない。

もしかしたら、ガブリエルが今一つ育たなかった原因はこの辺にあったのかもしれない。

何はともあれ、とうがらしにとってはプラスとなる作業になったのではないかと思う。

2010_1023a0010 2010_1023a0011

左はすっきりの図、右は赤くなり始めた果実の図。

もう10日月も終わろうとしている時期である。 あまり大きな期待をのんびり待つには時間がないような気もする。

とうがらしも早くいい感じで終了までもって行きたいのである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!正月菜もパセリもミツバも発芽しない。なぜでしょう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/25294805

ガブリエル撤収作業を参照しているブログ:

コメント

こんにちは。
ウチも、結局、ガブリエルはいまいちでした。
鉢植えと地植えで1本づつ育てたんですが、地植えの方も、花は咲いてもあまり結実せず・・
ちょっと栽培が難しいのかもしれませんね~。

かのよん様
元々パプリカはなかなかですよね。でも「高糖度」に期待したはずでしたが、そちらの期待はずれのほうがとっても残念でした。
来年、もし苗があればメイン花壇で堆肥飽和状態で育ててみたいと思います。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart