« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

トウモロコシ第2弾人工授粉

待ちに待ったトウモロコシ第2弾の雌花が出てきた。

2010_0829a0086 <め、雌花だ!>

こんな小さくて大丈夫かな?

で、雄花はというと・・・・・

2010_0829a0087 <結構、過ぎてない?>

とりあえず、タテにピンと立っている軸をポキッと折って、人工授粉を行う。

2010_0829a0088 <こんな感じね>

また、根元に鶏糞を半握り埋めてやった。

これで肥料不足は解消のはず。液体肥料も満遍なくあたえているので、飢餓状態は回避されているでしょう。

まさか、タヌキ避けがいる?

今度こそ期待したい。  何を?  もちろん収穫を  である。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!夏野菜も終盤の追い込み。最後まであきらめるな!

2010年8月30日 (月)

終了の春菊と期待薄のニンジン

都合、本葉1回脇芽7回計8回もの収穫を行えた春菊も、さすがにギブアップ状態となった。

2010_0826a0005 <これ以上は無理そう>

今までなら4~5日で新しい緑の葉っぱが湧き出てきたけれど、今回はかなりの悲鳴を上げているようだ。

元はといえば3月に種を撒いたものである。ここまでもったのが奇跡に近い。

けさみたら、ダニのような虫がいっぱい付着していたので、残念ながらここで終了とする。

ご苦労様でした。

 

こちらは時期はずれに種まきした新しいニンジンパープルヘイズである。

2010_0829a0090 <パープルヘイズ>

ニンジンは発芽すればほぼ成功などといわれているが、今回ばかりはそうでもなさそう。

生えてきたのは容器の端っこの方だし、成長は超スローペースだし、この展開はあまり期待をもてなさそう。

昨日、新しい品種、珍しい苗を求めてホームセンターへ出かけたが、これといって目に付くものはなく、秋以降に空くスペースは持ち種で回していくこととなるだろう。

しかし、残念ながらニンジンの栽培ができるほどの深さのある容器は一つしかない。

敗北感濃厚の紫オクラベニーの鉢だ。

さらに残念なことに、パープルヘイズの適正種まき時期はすでに過ぎている。

さて、どうしたものか、思案中である。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!残暑お見舞い申し上げます。今週も頑張ろう!

2010年8月29日 (日)

2010年茗荷終了

10日ほど前に今年度の茗荷収穫を最終としていたが、取り残しておいた小さい花芽も摘み取ったので、これが本当の今年度の終了となった。

最終ではなく終了である。もう花芽は一つも残っていない。

2010_0826a0009 <右は枯れかけ?>

これで大小あわせて31個の収穫となり、おおよその目標は達成できたこととなる。

2010_0826a0010 2010_0826a0011

裏庭にある茗荷小林の図。上からと下からの様子を撮影。1日のうち朝の2時間しか日が当たらない場所である。

最近発見したのは、茗荷を刻んで今流行の「食べるらー油」とからめると非常においしいということである。

我が農園ではニンニクもトウガラシも収穫し冷凍保存している。

つまり、自家製の「食べるらー油」を作るためにあとはタマネギがあればということだったが、これは市販のフライドオニオンで間に合わす予定だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

2010_0829a0089 <買ってしまった>

ホームタマネギである。5~6粒ぐらい入っているヤツを見つけてしまったので、色んな容器で栽培してみることとした。

まずは中ポットである。この後、M.Ishii殿がやっているペットボトルや鉢が空けばそのあたりで栽培を開始する予定である。

まずは育成が困難と思われるバターンから始めることとする。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は朝からひと悶着。愛娘が帰ってきたら嵐になりそうな予感。

2010年8月28日 (土)

トウガラシとパプリカとオクラの花

昨日は蔓モンの花でしたが、今日は今の時期に咲いている他の花です。

2010_0825a0010 2010_0826a0006

左がトウガラシで右がパプリカの花です。 さすがは同じ系統、花も似たり寄ったり。

トウガラシは散髪後、5~6個の花を咲かせ始めたので、まだまだ着果が期待されます。

パプリカは現在赤くなりかけている果実が4つほどあり、これが収穫できないと次が見込めないと思います。

2010_0826a0004 <やったー、オクラだ!>

やっとこさ花が咲きました。細々と咲くのですが、最近はこの後しぼんで落ちるのが通例となってしまいました。

2010_0822a0004 2010_0825a0009

それでも、パプリカとダビデは一応収穫があり、その度に記念撮影はしております。

写真の花はピークファイブですが、7月以降収穫がありません。なぜでしょう?

もうそろそろ朝晩の風がひんやりしてきて、秋が忍び寄ってる感があります。

今年は夏野菜のピークを迎えずに終わりそうです。

さて、今日はイベントの仕事です。府民牧場でお会いしましょう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ああ、夏が終わる。暑かっただけの夏が。

2010年8月27日 (金)

蔓モンたちは戦国時代

蔓モンたちに花が咲く。

2010_0825a0001 マンズナル  2010_0825a0008 白ゴーヤ

ゼブラはまだのようだし、山芋は花が咲かないようだ。

それら蔓モンたちが民主党のように覇権争いに必死である。

2010_0826a0001 2010_0826a0002

仕立てとヒモ先では白ゴーやとゼブラが支配権をめぐってその勢力争いを展開している真っ最中である。

まさに戦国時代を彷彿させる勢いである。

2010_0826a0008 こちらは保守国山芋領を白ゴーヤが侵略し始めるの図

支柱に絡まりまくる山芋を外から包囲し始める白ゴーヤ。

2010_0826a0007 その攻撃は根元付近でも行われ、まさに挟撃状態。

今のところ圧倒的に威勢がいいのは白ゴーヤである。

明らかに時期を逸して植えつけられたにもかかわらず、夏野菜である勢いは最も旺盛果敢。

その勢いで花を咲かせたもんだから、着果の期待も高まるばかり。

よその畑ではそろそろ終盤を迎えているだろうゴーヤも我が農園ではようやく花が咲いたところという感じ。

2010_0822a0019 2010_0822a0020 2010_0822a0016

マンズナルの覇権争いの相手はアスパラなので、コチラは楽勝である。

ちなみに1号株は大きな葉っぱが青々としているが、2号種まき直し株は発芽すれど、今一つ元気なし。

1号株のように成長するかどうかも不安なところである。

 

さて、蔓モンの覇権争い、もちろんたくさん収穫できたモノが「勝ち名乗り」を挙げることとなるのだろうが、戦国を征するのは果たしてマンズナルかゼブラか白ゴーヤかそれともヤマイモか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!まだまだ暑い!熱中症には気をつけて!

2010年8月26日 (木)

古い実験の終了と新しい実験の開始

新しい苗の購入については、以前からほのめかしていたとおりである。

今日はその話題について記録しておこう。

本当はメイン花壇のトウモロコシが植えてあるところの空いているスペースにと考えていたのだが、前にも述べたとおり水菜の種まきをしていたのを思い出し、急遽、別のスペースを所望することとなった。

そこで白羽の矢が立ったのは、紫メキャベツ脇芽栽培である。

2010_0825a0003 <おいらの気合も入ってないためか、ピントがあってない写真となった>

ご覧のとおり株が老齢化しているがごとく、伸びるでもなく太るでもなく、葉も萎れ始めたため、実験はこれにて終了とした。

結論としては「メキャベツの脇芽は栽培しなおしてもムダ」ということである。収穫を期待したい人はちゃんと新しい苗を正しく植えつけましょう。

でこのスペースに植えつけた新しい苗はこれである。

2010_0825a0006 2010_0825a0005 <へんな名前>

キャ、キャベサイ?なんでもキャベツと白菜のハイブリッド野菜だそうな。

面白そうなので思わず購入してしまった。ホームセンターで198円である。

注意事項として書かれてあるのは「アオムシの食害に注意」である。基本的にキャベツ味なんだな、虫にとっては。

 

もう一つバーター購入したのがコチラ。

2010_0825a0007 <秋ナス>って名前のナス?

そんなのあったっけ?ということでこれも購入。我が農園ではナスも初挑戦である。

夏休みを挟むとどうしても水やりが止まる可能性があるので、今まで着手してこなかったが、これからの時期に長期間にわたり家を空けることはないので、枯れたニラのプランターを使って植えつけた。

これもピントが合ってないのはオイラの腕が落ちたせいだろうか。

秋に向けて新しい品目の挑戦が始まるということは、夏野菜も終わりが近づいているということである。

終盤戦こそ、きっちりと「ととのいました!」って感じで収穫したいものである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!もっと珍しい野菜を期待していたけど、結局は買ってしまうのである。

2010年8月25日 (水)

とうがらし散髪

一般的なトウガラシは数本程度固まって、上に向かって実がなったりするが、我が農園のトウガラシはどちらかというと「ししとう」に近い品種のようだ。

1つ1つ花が咲き、実がなり、赤くなっていく。

最近はその過程に支障をきたしているようだ。

2010_0822a0010 <先っちょが枯れている>

青から赤へ変化する過程で一旦茶色くなるなんておかしいと思ったら、あきらかに枯れている様子。

ひどいものになると、

2010_0822a0011 全体的にこの色で落ち着いてしまうものまである。

また、新たな変化として新しい花が咲き始めた。

2010_0822a0013 <花だ!>

これは打って変わって非常に良い兆候と思ったので、心機一転、ししとうやピーマンを栽培する際に気をつける事項で、「株に負担をかけないように」を引用して、現在着果しているものを一旦全て撤収することとした。

こんな感じである。

2010_0822a00122010_0822a0014

撤収したトウガラシは中途半端な赤色を呈しているものがほとんどであり、とてもまともに食べられそうなものはないが、ちょっと乾燥させて赤いところだけ刻んで冷凍しておくこととしよう。

2010_0822a0026

コイツの名前は「旨辛トウガラシ」なのである。見た目は旨そうではないけれど。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!新しい苗の話は明日で~す!それまで枯れないよね?

2010年8月24日 (火)

トウモロコシは今

タヌキ系動物にやられた第1弾のあと、トウモロコシはどうなっているのか。

第2弾株はプランターでそれなりの変化が見える。

2010_0818a0004 2010_0822a0008

旅行から帰ってきて直後の写真と一昨日の写真。

一ちょ前に雄花が開いてきた。この高さで?

全高わずか50センチ足らずである。これも2週間ほど前に追肥したんだけどなあ。

追肥のタイミングが遅いのか?

いずれにせよ、あとは雌花の出現を待つのみである。

2010_0818a0011 2010_0822a0009

コチラは第3弾メイン花壇株。結局10粒ぐらい種まきしてこれ1つしか発芽しなかったという有様である。

ちょっとは伸びたかな?この前にオクラプランターがあるので日当たりが今一つなのかもしれない。

昨日、出張の帰りにこの空きスペースに植えるべく秋冬用の苗を買ったのだが、買ってから思い出したのである。

昨日の朝、ここに水菜の種をまいたことを!

結局、新しい苗は別のスペースに植えつけることとなったとさ。

その話はまた明日、じゃねっ、バイバーイ!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!結局買ってしまうのだな。面白そうなのを見つけると。

2010年8月23日 (月)

不調なオクラの検証

8月も終盤を迎えようとしているのにオクラは一向に進展を見せてくれない。

そんなオクラたちの様子を検証してみよう。

2010_0818a0012 2010_0818a0013

ダビデ株はこれまで2個収穫したが、写真左の大きさで止まる。

一応花は咲くが、それからの成長については最悪枯れる。

2010_0822a0023 上の右側の写真の数日後がこれである

折角咲いた花のあと、果実らしき様相を呈した後に枯れた。

2010_0818a0014 ピークファイブもまったくもって不調である。

7月に3本ほど収穫したっきり、音沙汰がない状態である。

先日ごっそり追肥したが、新しく出てくる葉っぱもごらんのとおりの深い切れ目である。

やっとこさ咲いた花もダビデ同様、枯れた。

2010_0822a0021 ベニー3兄弟ともいえる鉢

成長はするが花も咲かない。

2010_0822a0024 2010_0822a0025

左がプランター株の葉っぱで、右が鉢(3兄弟)の葉っぱである。

確かに同じ種なのに葉っぱの切れ込み具合が違うようだが、花も咲かないという結果は同じである。

ベニーについてはまだ1本も収穫できていない。

花も咲かないのだから着果するはずもないが、これだけ大きくなっているのに不思議な話だ。

都合、9株植えて収穫は5本という悲惨な状況である。去年までのキュウリといい勝負だ。

考えられるのは、土を入れ替えたときに連作の土に当たってしまったかも、っていうぐらいかな。

異常なぐらいつかいまわししてるからな、ウチの場合。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!そろそろホームセンターへ行って次の苗を物色してこなければ!

2010年8月22日 (日)

足りなかったのは紅白

ウチの農園内を見回して「何か足りないな」と思って気づいたのは、ほぼ10日ほど前のこと。

気がついたのは、あれだけ帝国作りにも燃えていた紅白などのラディッシュ系がこの時期にまったくないこと。

7月に葉っぱ系の種まきをしようと思ってそれをトウモロコシに切り替えたあたりからラディッシュ系のことが頭から飛んでしまっていたのである。

そこで、

2010_0812a0005 2010_0812a0004

種まきしたのが8月12日、ついでにと思い種を撒いたパセリは右側のミニプランター。

で、現在の写真がコチラである。

2010_10 2010_06

今朝の作業で間引きと移植(矢印の株を丸囲みへ移動)を行ったため最新の写真ではないが、おおよそ発芽の様子はこんなかんじである。

今の時期は対飛来虫対策が非常に強烈だが、わずかこれだけの物件である。無事に収穫まで至りたい。

今回、この栽培には実験的な要素は特になく、ラディッシュ系がないと寂しかっただけというお茶目な栽培となるのである。

明日はイマイチなオクラの実況をアップする予定である。リクエストもあったのでね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ちなみに明後日はトウモロコシの予定でおます!

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart