« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

ほら、見て見て!

山芋や茗荷もそうだが、あちらこちらで良好な変化を見せている。

2010_0728a0005 <見て見て!トウモロコシ!>

1番果のひげが色づき始め、少し膨らんできた!

2010_0728a0006 2010_0728a0007

ミニトマトも見て見て!ずいぶん赤くなったべさ!

2010_0728a0010 <ブドウも見て見て!>

まだまだ蔓は伸びており、気がついたら先っちょに花蕾が出来ていた。

もちろん、今年はカットしているけれど。

先日の雨が結構いい方向に進めてくれたかもしれない。

 

なんていいながら、実はミニトマトはご覧のとおり、実が割れちゃってとり遅れたのだ。

2010_0731a0002 

 

残りのアイコは赤くてきれいなうちに収穫してあげましょう。

 

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!まだまだがんばるぞ!

2010年7月30日 (金)

手をつなぎたがる山芋

イマイチの話題が続いてる感じがするけれど、決して悪いものばかりではない。

2010_0727a0008

今、最も伸び盛りなのが山芋である。

玄関の柱へ巻いているものは、さらにその蔓を這って、二重にアーチをなしている。

さらに、伸びたい山芋は、隣近所にもその触手を伸ばし始めている。

2010_0727a0007 2010_0727a0009

トウモロコシの穂や鉢に挿してあった割り箸にまでおよび始めている。

面白そうなので、しばらくほったらかしにしてみようと思う。

グリーンカーテンならぬグリーンアーチが出来そうである。

盛りといえば、ミョウガも最盛期を迎えているといえる。

2010_0727a0011 <じゃじゃーん>

早いものは左端のように、花芽が出始めている。

これでここまでに収穫した6つを合わせると、都合19個目の収穫である。

まだあと少し残してあるが、目標の30個にはギリギリ届かないかもしれない。

しかるに、明晩あたりはミョウガ三昧になる予定である。

なんせ、昨日はうなぎだったし、今日は飲み会だし、慌ただしい毎日である。

そんな折の昨日の雨。おかげで朝晩の水やりは今朝までやらずにすむと大助かりなのである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ポチッとお願いね!

2010年7月29日 (木)

イマイチなオクラ

眠い。

春でもないのになぜか眠い。

今朝も少々寝坊ぎみだ。そんなに夜更かししたわけでもないのに。

それどころか、昨晩はいつまで起きてたのかさえ覚えていない。

病気かな。「眠い眠い病」とか。

オクラも病気かと思わせるくらい調子が悪い。

2010_0727a0001 2010_0728a0003

プランター株も鉢株も今年はやけに成長が遅く、いつまでたっても背丈が伸びず、しかもひょろひょろである。

2010_0728a0004 一応、花は咲くのだけれど、まだポツリポツリとだけである。

「オクラに無駄花なし」とは誰かが言ったものだが、今年に限っては上司んちもセミプロんちもオクラはイマイチのようだ。

2010_0721a0010 2010_0727a0002

デビッドもピークファイブもこれっぽっちの大きさで打ち止めになるので、収穫した頃には繊維質ばっちりでガチガチだべさ。

今朝から降っている雨がこうした悪い流れを一掃してくれることを祈るものである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ああ、早くオクラが食べたい!

2010年7月28日 (水)

新種のマメは発芽

先日種まきしたマメ2種が無事に発芽に至った。

2010_0727a0003 2010_0727a0004

ピンボケが惜しいゼブラとやっと頭がでたところのマンズナル。

結局オレンジのポットは発芽せず、発芽率は50%である。

マンズナルの方は、そのまま育てる容器なので、蔓が伸びてきたら支柱を立てるだけである。

ゼブラの方はこれで育てるわけには行かないので、植え替えである。

2010_0727a0012 <見たことある光景>

おとといのクイズの答えはこういうことでした。

苗はゴーヤでしかも白いヤツ。クリックすると大きな写真になるので、苗の背後にある説明書きを確認できる。

バックに見えるのは蔓仕立てである。

双方が伸びてきたらきれいな壁が出来る予定である。

もちろん、うまくいったらの話だけど。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!なんだかんだで今日も暑いぞ!

2010年7月27日 (火)

セリ科の夏

セリ科の野菜が迎えた夏は、暑すぎないだろうか。

2010_0721a0005 <ニンジンたち>

奥がベビキャロ、手前が金時である。

一応、すでに間引きを完了している。

この間、食われている葉っぱを発見したので、よく観察してみると緑の芋虫がオイラのニンジンを誰よりも早く味見していた。

もちろん処刑した。

一度鉢をひっくり返してしまったパセリはその後どうなっているでしょう。

2010_0723a0009_2 <パセリ>

一応、なんとかなっているようだが、これ以上なかなか大きくならない。

セリ科の野菜たちにとっても、急激な気温の変化は厳しいのではないだろうか。

ちなみに、オイラが小学生のときに一番最初に好きになった車はトヨタの「セリカ」だった。

つまんないオチだったなあ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!さあ、今から水まきだ!

2010年7月26日 (月)

植え替えの話

金曜日の出張の帰りに思わず買ってしまった苗。

早速メイン花壇に植えてみた。

2010_0724a0004

いまどきに園芸店にある苗なんてあまりよさげなものはない。

キュウリ、トマト、ピーマン、ナス、いずれも枯れかけの苗ばかり。

その中で目を引いたのはこの苗だった。

さて、これは何の苗でしょう。また、なぜスペースの中心に植えないのでしょう。

2010_0723a0008 2010_0724a0003

そして空いているプランターに植え替えたのは芽キャベツの脇芽とやっと出たトウモロコシ単独苗。

どちらも期待が薄い植え替え組みである。

心配なのは途中でオイラの気が萎えないかどうかである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!若干二日酔いぎみなのはなぜでしょう。

2010年7月25日 (日)

赤くなるトウガラシとならないパプリカ

旨辛トウガラシの赤化ラッシュが目に見えてわかるようになってきた。

2010_0723a0002 <赤、赤、赤、赤、赤>

苗についていた説明書きには9月頃収穫と書いてあったが、一番果が赤くなり始めてから随分経っているし、早く取った方がいいかもしんない。

ということで、一番果を収穫してみた。

2010_0724a0001

このところ、家で晩御飯を食べる機会を逸しているので、まだ味見はしていない。

今日もウチのチームが第二ブロック大会で優勝してしまったので、今から祝賀会である。

ビールをコキコキ飲むだろうはずなので、オイラの顔も真っ赤になる事だろう。

でもパプリカはまだ緑のまま。

2010_0723a0001 <まだか?>

こいつにもビールを飲ませれば赤くなるかな?(んな訳ないべ!)

一昨日かってきた苗の話は、明日に順延することとなりました。

あしからず。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!<さあこれから祝賀会だ!明日起きられるかな?>

2010年7月24日 (土)

夏の成長記録トウモロコシとブドウ、イェーイ!

今日は午前中が完全オフなので、昨晩は頑張って夜更かししながら夏休みの旅行先を検索していた。

  (いまごろ?遅くない?)

まったくもって遅いのである。ウチはヨメもオイラも「盆休み」ではなく「夏休み」として支給されるので、なかなか休みが決定されないのである。

また、子供たちも行動がバラバラになっており、(内ひとりは受験生であるにもかかわらず、夏休みの旅行をしようというのだからのんきなものである。)ようやく最近になって我が家の夏休み期間が確定したのである。

従って、その作業を昨晩コツコツと検索していたため、今朝はいつもよりも寝坊したというプロローグである。

 

さて、夏の陽射しに変わり、我が農園でも成長の証ともいえる変化が見られる。

2010_0723a0003 <イエーーーーーーーイ!>

トウモロコシの雌花である。

このひげを見るのは一年ぶりで、懐かしい感じがする。

ビシッと受粉して欲しいものだが、となりの株は成長が遅れているため、雄花すら満足に開いていない。

自己受粉するしかないが、少々不安である。

雄花の何本かをポキッと折って、花粉をひげに擦り付けたり、となりの開きかけの雄花をゆすってみたり、涙ぐましい努力をするのである。

 

ブドウも夏の生長著しい。

2010_0723a0007 2010_0723a0006

イェーーーーーーイ!

上から見た図の葉っぱの勢いは近所のブドウ園に負けてない。

今年生えてきた蔓の根元はオイラの指よりも太くなっている。

今年は剪定箇所を間違えないようにしたい。

かのよんさんのブログを閲覧したとき、コメントに参加しておられた方のご教授の中に「ブドウは石灰が大好き」とあったので、さっそくその情報はパクらせてらうこととした。

2010_0723a0005 <カキガラ石灰投入!>

そのコメントには〝消石灰〟と書いてあったが、ウチにはカキガラ石灰しかない。

昨日、出張の帰りに立ち寄った高級園芸店でカキガラ石灰が安売りしてたのを買い忘れたことを思い出した。

苗を買ったのでそのことで頭がいっぱいになってたのね。

  えっ?何の苗かって?

それは明日のお楽しみ。イェーーーーーイ!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!親指立てて「ウーイェーーーイ!」って叫ぶ芸人さんいたよね。

2010年7月23日 (金)

自家採種ミニトマト初収穫

初めて挑戦したミニトマトの自家採種。

発芽してからワクワクしながら水や肥料を与えていたが、一番果が相当赤くなったので収穫してみた。

2010_0721a0007 <初収穫!>

まんまるで赤くてとってもかわいいプチトマト。

水で表面をさっと洗って、ヘタを捕ってぱくっと口の中に放り込んだ。

   「普通の味やん!」

あまりにも期待が大きすぎたせいもあるだろう、ちょっとショックだった。

やっぱり味は品種ではなく、育て方なのか!と思わざるを得なかった。

2010_0721a0008 2010_0721a0009

自家採種はうまく花が咲かせられなかったので、結局1房のみ。あと4つ収穫すればお終いである。

アイコの方は4つほどの房がすでに実をつけ始めている。

写真は1番房で、そろそろ赤くなり始めている果実もあり、ぼちぼち収穫できそうだ。

水や肥料の与え方については試行錯誤しなければならないことがよくわかる。

農家の方々がどれだけご苦労されているか、そういったことがわかるだけでも家庭菜園というのは意義があるのである。

なかなかうまくいかないね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!プチトマトだけに、プチットね。

2010年7月22日 (木)

種まきと収穫

昨日、サカタのたねオンラインショップから待望の種が届いた。

一つは欲しかった紫ニンジンの種。

心の師ともいえるけんいちさんのブログをみて以来、ずっと欲しかったものである。

2010_0721a0002

まずはお試し期間として、セロリ撤収後の容器に土を入れて種をまいた。

もちろん最終は1本仕上げのつもりである。

大量(?)生産企画については来年以降になるだろう。

そして衝動買いとも言うべく注文したのは、以外にもマメの仲間だった。

2010_0721a0001

左側の縞々模様のマメは以前にTOTOさんのぶろぐで紹介されたことのある珍品。

右のは名前がいいでない?

「まんず、なる」つまり東北なまりで「まず、間違いなくなる」という意味らしい。

種まき前から期待してしまうほどのネーミングである。

しかもサヤが以上に長いらしい。

ゼブラのたねまき時期は7月中旬が限界と書いてあるので、コチラは早速ポットに種まきをした。

マンズナルの方は9月まで種まき可能と書いてあるので、定植場所が確定するまで〝ちょい待ち〟となる。

そのばしょを確定するために、メイン花壇の葉っぱモンの収穫を行った。

2010_0721a0011

中身はサブ花壇水菜、メイン花壇葉大根、メイン花壇春菊、ミニポット春菊、洗濯籠春菊脇芽である。

小さいながらも洗濯籠春菊脇芽はなんと6回目の脇芽である。

しかし、さすがに収量はガタ落ち。新しい場所の確保として週末には撤収することとなるだろう。

ミニプランター春菊は思いのほか生育状態が悪く、虫食いもあるようで、予定通りの収穫は不可能な状態となってしまった。

無理な時期に小さな容器では難しいのだろうか。ミニポットのできも確かに良くはない。

日当たり状況も中途半端だし、これも週末撤去になるかもしれない。

ぼちぼちトウモロコシの雌花も出てきたようなので、さすがに春の野菜には厳しい天候なんだろうな。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!しびれるような暑さ。しなだれる野菜。水撒きはこまめに!

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart