« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

掘り起こし!ジャンボニンニク?

掘り起こし前の記念撮影。

2010_0629a0008 <大プランター株>

ご覧の通り、3ぶんの1どころか、真冬を思わせるかのような枯れ具合。

 「もしかしたら、腐ってるかもしれない・・・」

一縷の不安を抱きながら土を探ってみるのである。

2010_0629a0010 <おみごと!?>

一様にニンニクらしい姿を見せてくれたぞ!

とはいえ、1塊の直径が約8センチたらず・・・・・・・・。

とても〝ジャンボ〟とは言いがたいのでは?

でも、前回のPB株や朝顔鉢株とちがって、なんとか房分れはしているようだ。

青森産の六片ニンニクだと1ケ300円するかな?

それぐらいのレベルだとおもっておかないと、なんせ種球根は980円もしたんだから、元をとった気にならんではないか。

2010_0629a0009 <ん?なんじゃこりゃ?>

よく見るとオンブバッタの小さいやつみたいなのが、プチプチついている。

これはこれでかき集めておいたので、後日調査してみたい。

もっと大きなニンニクを作ってみたい。   来年度は露地植えでチャレンジしてみたくなった。

今回の不甲斐ない結果を見て、リベンジに燃えるオイラであった。

 「今日のところはこれぐらいにしといたろか。」

2010年6月27日 (日)

次の準備も万端済み

ジャガイモ衣装ケース株の収穫後、どうなってるか報告してなかったのを思い出した。

実はニンジンの種まきをしておいたのだ。

2010_0620a0012 <ベビキャロと金時を同時種まき>

しばらく不織布をかけていたので忘れがちだったが、6月の3週目には発芽が始まり・・・・・・・・・、

今ではくっきりと成長の度合いがわかる程度までになっている。

2010_0624a0001 <青々っ!>

奥がベビキャロ、手前が金時だったかな?

しばらくは接触させながら育成期間へ突入である。

ちなみに食べたジャガイモの断面(?)図はこんな感じであり申した。

2010_0622a0001 <紫紫っ!>

メークイーンみたいでモチモチ食感でした!

次はジャンボニンニクだな!

2010年6月26日 (土)

Pマン系変化あり

今朝も雨。  梅雨だなあと思う。

最近少しさぼり気味。 あれもこれも全部雨のせいにしてしまう。

実験農園も空いている鉢があったりするのだが、なかなか種まきしようというところまでいかない。

去年までの種がワンサカ残っているというのに。  早く消化しなきゃいけないのに。

 

そんな中、ピーマン系に変化が見られた。

2010_0624a0002 <パプリカ&旨辛トウガラシ>

右が後から植えたトウガラシなのに、パプリカ(左)の生育が今一つのため、背丈はトウガラシの方が大きくなってしまった。

まあ、大きくなったんだからいいか。

 

写真でもわかるように小さな花が見える。

一番花は摘花したが、その後も続々と開花している。

花が咲いた後は、そう、着果である。

2010_0624a0003 2010_0624a0005

ぼちぼち実がなりはじめている。

梅雨明けにはまだ日にちがかかりそうだが、夏野菜の季節が「始まり、始まり~!」って叫んでいるようだ。

早く〝スカッとした〟気分になりたいもんざます。

2010年6月24日 (木)

ミニトマト着果と春菊脇芽

ウチのミニとまともようやく、それらしい変化が見られるようになって来た。

2010_0620a0010 2010_0620a0011

左が自家採種、右がアイコである。

順調に花が咲き、順調に着果し始めている。

随分と遅れをとっているが、これからが楽しみである。

 

収穫は春菊の脇芽。

実に4回目の脇芽の収穫である。

2010_0624a0007

さすがに量も大きさも確実に下降気味ではあるが、5回目の収穫ができるかどうか、もうしばらく様子を見てみることとしよう。

もちろん、脇芽が成長するよりも蕾ができる間隔の方がますます短くなっているようだが、どこまでイケるかの実験である。

種の採取までがんばってみるかな。

2010年6月23日 (水)

セロリと山芋着々

今日は朝から雨。こんな日はまさか走れまい。

こんなときこそ、ブログの更新をするのである。

 

前回の記事では「もしかして2~3株あるような気がする」としていたセロリ。

やっぱり、どうせ育てるなら大きく育てたい。

考えていても仕方ないので、思い切って間引きしてみることにした。

2010_0619a0008 →→→2010_0620a0013

虫に食われた葉っぱが目立つが、着々と生育してきていると思う。

どうもセロリは「株分れ」というのをするらしい。

根っこから細い順に2株を間引いた。(写真右)

すっきりしたのもあるし、これぐらいゆとりがあれば、もっと太くなることを望めるのでは?

2010_0620a0014 <間引き菜>

もちろん、間引いた葉っぱはサラダに入れておいしく頂くのである。

濃厚な香りが鼻から抜けるほどセロリらしい。  葉っぱの先まで全部食べた。

これからが楽しみである。

ところで、収穫適期っていつごろなんだろう。そういえば、何にも調べてなかったかもしれない。

 

こちらは山芋。これも着々と成長を遂げている。

2010_0620a0007 2010_0620a0008

プランター株もご覧とおり生えて来たし、ゴミ箱株は立派に支柱への巻きつきが始まっている。

うまくいくと10月収穫って、ありえるかもしれない。

という期待をもたせてくれる一面を持っているが、プランター株のもう一方はいまだ発芽せず、こちらはあきらめたほうがいいかもしれない。

なんせ、様子を見るのに4月ごろホジホジしている最中に種芋を折っちゃってるからね。

近々もう一度ホジホジしてみることとしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←気まぐれだけど久しぶりにこんなものを付けて見よう。

2010年6月20日 (日)

シャドークイーン掘りとジャンボニンニクPB撤収

昨日の予告どおり、雨がやんでいる内に紫ジャガイモ《シャドークイーン》メイン畑株を収穫した。

2010_0620a0001

ご覧の通り見事な生垣となったメイン畑株。 背丈は1メートルを超えた。

つっかえ棒を4本仕込んであるのがわかるだろうか。

とても自力では持ちこたえられないほどの枝っぷりなのである。

昨日もさる訪問先で「そんな大きいのん見たことないわ」といわれ、少々不安な面持ちで愛娘と一緒に掘ってみる。

2010_0620a0003 <じゃじゃ~ん>

一番大きいもので長さ8センチ超え。中サイズでも5センチクラスが半分以上。

小粒もあるが大小あわせて20ケ以上を収穫できた。 つまり1株で10個という計算である。

これって、成功の部類に入るんでない?

つまり、『小さな花壇でもジャガイモは出来る』ということである。実験は大成功!

 

ジャンボニンニクのペットボトル株がここ2~3日の雨に打たれて瀕死の状態である。

2010_0620a0004 <これが茎?>

これ以上放置しておくと、露が明ける前に腐ってしまう可能性があると思い、強制撤収することとした。

2010_0620a0005 残念ながらとても「ジャンボ」といえる大きさではない。

前回の朝顔鉢株同様、房分れしていないような気がする。

残るは大プランターの3株のみ。これは出来る限り梅雨が明けるまで待ってみたい。

 

ところで、ジャガイモを採った後のメイン花壇はどうなるの?

2010_0620a0006 <こうなります>

早速ではあるが、先ほどトウモロコシの苗を埋めてきた。

まだ発芽待ちのポットもあるのだけれど、なかなか発芽まで漕ぎつかない。

あと2本ほど植えられたらと考えている。

それでも空きができるスペースには何を植えようかな。

今のところ未定である。

さて、天気は今一つだけど、練習しに行ってくるか。

2010年6月19日 (土)

イケてない葉っぱとイケてる葉っぱ

今日は午後からの練習なので、ちょっと一息。

2010_0619a0011 2010_0619a0010

ウチのミニトマトたちはどうなったろう?

左がアイコで右が自家採種。

まだまだ苗からちょっと大きくなったぐらい。やっと小さな花がちらほらと見え出した程度。

しかもよくみると、

2010_0619a0004 <げっ、ハモグリだ!>

大丈夫かと思ってしまう。

しかも、

2010_0619a0005 2010_0619a0006

オクラの葉っぱもゴボウの葉っぱもなんだか今一つイケてない。

ホントに今年はスカッと行かない感じだなあー。

 

そんな中で少し元気をもらえるのがイケてる連中。

2010_0619a0002 春菊は3回目の脇芽に蕾が出来始めた。

もう少しと思っていた矢先であったが、粘りすぎたかな。でも蕾だけとって味噌汁の具としておいしく食べたのである。

そして、一週間後の今朝。

2010_0619a0009 <じゃじゃ~ん>

4回目の脇芽がご覧の通り。

春菊って本当にイケてるぜ!

コツは「軸の一番下の葉っぱを1~2組ほど残すこと」のようだ。

一番下まで採ってしまうと、やはり枯れてしまう。

欲張るとかえって損をするというお話のようだ。こうやって何度も脇芽が取れるほうがお得感あるよね。

雨が上がっているうちに例のジャガイモを掘ってしまうことにしよう。

その報告はまた明日・・・。

2010年6月15日 (火)

やってしまった

今日はいつもよりも早く目が覚めたので、こういうときに更新しておこう。

失敗の話である。

 

葡萄の蔓がニョキニョキと伸びている。その勢いは素晴らしいものがある。

葉っぱなどもオイラの頭よりも大きくなってきている。

葡萄棚を囲わせるためヒモでくくったりしている訳だが、先日、オーバーラン気味の鶴を棚にくくろうと思って第2コーナーの柱を外からグイッと寄せたとき、いやな音がした。

   「ポキッ」

えっ?あー、やってしまった!

2010_0603a0006 2010_0611a0006

大事な先端を折ってしまった。(右の写真の円がおれたところ)

コーナー寄せをする時期が少し遅れたため、思いのほか蔓が太かったせいもあり、無理な力が加わってしまったのだろう。

幸いにも、たまたま第2の蔓がすぐ側で成長していてくれたので、第2コーナーは第2の蔓をカーブさせることとした。

相当な冷や汗モンだった。

 

日曜日、総合体育大会の予選があり、運よく勝つことが出来た。

次の試合は27日である。

こまめなコメントの返事や訪問などもなかなかままなりませんが、

元の更新状態に戻るまではもう少しお待ちください。

それまではもうちょっとがんばってみたいと思います。

2010年6月12日 (土)

根っこもん「まだ」と「もう」と「これから」と

梅雨入り前にジャガイモの収穫を済ましてしまおうと思ったが、ネットで調べてみると、収穫適期は「梅雨の合間の晴れの日」だったり、「梅雨明け直前の晴れの日」だったり、「植え付けから100日」だったり、なかなか難しい。

おおよそ見当が付いたのは①花の盛りが過ぎた頃に収穫すると〝新じゃが〟がとれ、②葉茎が枯れた頃に収穫すると立派なものが採れるということぐらい。但し、雨の引きが悪く、水分過多になると病気になるらしい。

今は、花盛りが終わったところだが、葉茎はまだ立派なものが青々としている。で、迷った挙句に、収穫は「梅雨の合間の晴れの日」を選択することにした。

来週ぐらいかな。いい感じで晴れてくれたら、今度こそ収穫することとしよう。

それまでの処置として「雨避け」にチャレンジすることとした。

2010_0613a0001 <ゴミ袋>

すでに使用されなくなった黒いゴミ袋。これに写真のように「T」字に切れ目を入れる。

そう、ジャガイモ用の雨合羽を作ろうというのである。

2010_0613a0002 <できあがり~!>

これで水分過多による病気から守ろうという魂胆である。

さて、結果はいかに?

  

今週の収穫は〝ジャンボニンニク〟。

2010_0611a0002 <ボチボチ終了?>

これはPB株だが、朝顔鉢株はすでに緑色の葉っぱが全く無いほど枯れてしまったので、思い切って試し掘りを行った。

2010_0611a0001 <ジャンボニンニク朝顔株>

分株はしているが、主軸は房分れしていないような感じがする。大きさも今一つ。しばらく乾燥させてみるが、皮をむくのが少し怖い。

職場のセミプロの畑でも、今年のニンニクのできは今一つらしい。

2010_0611a0003 <メインプランター株>

大きな期待を寄せているメイン株もなんだか随分枯れてきた。

確か説明書きには「収穫は7月」と書いてあったような気がするのだけれど。

今は〝もうすぐ7月〟の部類に入るのだろうか。

ジャガイモもニンニクもなくなると〝根っこもん〟が姿を消してしまうので、先に収穫した衣料ケースジャガの容器の土を入れ替え、ニンジンの種を蒔いてみた。

もちろん、春のベビキャロと金時のリベンジであるが、種袋の説明書には6月が種まき適期に相当であるとは書いていないことを報告しておこう。

さて、うまくいくだろうか。また実験の始まりである。

2010年6月11日 (金)

新たな仲間入りおめでとう

新しい仲間がついに発芽!

2010_0611a0010 <丹波の山芋>

誕生日の祝いに自己プレゼントした種芋3ケの内、ゴミ箱株が発芽第一号となった。

4月4日の植え付けからなんと2ヶ月と1週間、えらく長い日数がかかったもんだ。

半ばあきらめかけていたところだが、待っていて良かった。

この調子でプランター株も発芽して欲しいと願うに尽きる。

 

2010_0611a0007 <パセリ>

パセリも発芽!

かわいい双葉がひょっこりと。

これも発芽までにおおよそ3週間はかかっている。

通常でも2週間といわれるが、例年よりも涼しい春の気候がさらに発芽を遅らせたのだろう。

あとは大きくなってくれるのを待つばかりである。

 

終了したものもある。

2010_0611a0009 <ソラマメ>

「もう少しかな」なんて思っていたら、サヤがふやけてきた!

これはいけないと思って急遽収穫した。

粒は思ったよりも無事な感じだが、皮が少し固いような気がした。

今年取れた粒は全部で10粒程度。初挑戦としてはまあまあかな。

途中、3度も散髪したことを思えば、今年は「これぐらいにしといたろ」。

ということで、2010年度ソラマメ作戦はこれにて終了!

 

明日は午後からジャガイモ堀り!

どんな芋が出てくるか、今から楽しみである。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart