« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

みなさま、よいお年を!

2009年は、3つの目標を掲げて過ごしてきた。

1つ目はトウモロコシの挑戦、2つ目はトマピーの生産性向上、そして3つ目が葡萄栽培である。

1つ目と2つ目は成果がすぐに出た。

トウモロコシは、8株の内から3本を収穫(まともなのは1本だったが)できた。

トマピーは2株植えたが、いずれも昨年の数倍ともいえる収穫量(味は去年の方が上かも)だった。

しかし、葡萄の成果が見えるのはまだ先。早くても2年後である。

昨日は、今年最後の作業にふさわしい葡萄の剪定作業を行った。

とあるネットから、キャンベルは

  新梢の芽を2~3芽残す『短梢剪定(強剪定)』

との情報を得た。

2009_1230a0001  

ところが、である。

 

今年のスタートがどこからだったか、明確に定かではないのに気づいた。

恐らくはここだろう、明らかに枝の色が違う境目が黄色い線で区切られる上下ラインである。

そこから2~3芽ということで、赤紫ラインでの剪定をすることにした。

 

葡萄の種類によって、残す芽の数が違うみたいだが、キャンベルは短かく剪定すると書いてあった。

文章の理解の仕方が違っていたら、いけなくなるかもしれないが、これも実験の内。

来年、また伸びてくれることを祈って、思い切って切り取った。

 

 

 

 

 

2009_1230a0004

同じ過ちを繰り返さないように、今年切った箇所にタグをつけてみた。

来年はこの先から数えることとなる。

2009年はある意味葡萄で始まり葡萄で終わるのである。

 

今年は昨年よりも作目が増え、足のやり場に困ったりしたが、最大の反省作目はキュウリであろう。

3回のチャレンジで、収穫はたったの3本は史上最悪の結果ともいえる。

次は水菜である。春蒔きはうまくいったものの、秋蒔きの収穫はゼロに終わった。

思いのほかうまくいったのが飲料パック大根である。

春蒔きも収穫できたが、秋蒔きの方が格段によかった。

ニンジン帝国が年内に完成しなかったのは残念だったが、これもよく楽しませてくれている。

来年は、変わりモノの収穫量を増やしたい。

今でも変わりモノが多いが、できるだけ多くの種屋に足を運び、できるだけ多くの珍種を誰よりも早くゲットしていきたいと考えている。

栽培手段についても然りである。 びっくり仰天のアイデアを考えてみたい。

2009_1229a0009 唐突ではあるが、チェリオのキャラメル味は旨かったよ。

というオチを最後に2009年度を終わることとしよう。

皆様方、くれぐれもよいお年を!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ご覧いただきました皆様に感謝、感謝です!

2009年12月30日 (水)

葉っぱシリーズ強制撤去

2009_1229a0011 2009_1229a0012

葉大根(左)も春菊(右)も、葉っぱの色が難しい色に変わっている。

例の水撒き失敗事件以来、状況が回復仕切れなかったと見える。

或いは収穫時期を逸したか?

これ以上待っていてもダメだろうと見切りをつけることとし、残念ながら不本意な強制収穫を行った。

2009_1229a0013 <まるでミックスリーフ>

小さなザルに入れたので沢山のように見えるが、葉大根3鉢+ミニプランターと春菊鉢(前回収穫の残り)分なので、実際はこれ以外に食べられそうにない葉っぱを半分ほどを捨てている。

これで、ウチの農園に残っている葉っぱモンは正月に間に合わなかった正月菜オンリーである。

現在、防寒処置を考慮中なので、おおよその作業が終了してから報告することとしよう。

 

今年も残すところ今日と明日のみ。

今年は失敗続きの年であった。 だから面白いのかもしれない。

来年はどうなることやら。

明日は今年最後の締めくくり、よい記事で締めたいところである。

さて、どーでしょ?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!来年の抱負を考えとかなきゃ!まずは今年の反省を。

2009年12月29日 (火)

久しぶりの一面トップ

あれやこれやの騒ぎもひと段落か。

昨日で仕事納めも終わり、あとは年明けを待つだけとなった。

せいぜい農園に時間をかけられる余裕ができたというものの、なんやかんやでおおよその体制が決まっているので、防寒以外にやることはあまりない。

例年だともうひとつ仕事があったはずだが・・・・・・・・・・・。

2009_1228a0002 思い出した!

ローズマリーの収穫兼剪定だ。

忘れていたせいでの久しぶり一面トップは、ちと可哀想だったかな。

しかし、今年はあまり大きくなっていない気がする。

2009_1228a0004

何本かの葉先はいつものように淡い緑色の新芽だが、ちょうど我輩の中指あたりに触っている葉っぱのように、葉先が茶色く変色してしまった箇所が多い。

去年の冬、ちょっと多い目の剪定だったかもしれなかったかな?

乾燥ローズマリーをしっかり確保して、ローズマリー抽出液をガッツリ作りたかったので、少々短く散髪しすぎていたのかもしれない。

今年は、収穫兼剪定を自重して、来年に持ち越すこととしよう。

その代わりにといっては何だが、いつの間にかワシャワシャ伸びてきたコイツを近々散髪することになるだろう。

2009_1228a0001 じっくり見ないとタダの雑草にしか見えんぞ!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!まだソラマメの種まきしてないけど、どうしようかな。

2009年12月28日 (月)

ニンジン帝国試し抜き

ニンジン帝国を目指したのは7月も半ばのころ。

年末を迎えた今日、すでに5ヶ月近い道のりを経ている事に気づく。

PBボトル株の1つを覗いてみると、

2009_1227a0002 <<<指ぐらいの太さ

誘惑に負けて、試し抜きを敢行することとした。

2009_1227a0001 <PB3段構え容器>

一番のお気に入りはこの株だが、これは4株同時に収穫しないといけないので、今回の試し抜きには向かない。

 

今回の試し抜きのターゲットとなったのはPBボトル株、飲料容器株、葡萄サブ花壇株、ゴミ箱株である。

2009_1227a0006 2009_1227a0007

葡萄サブ花壇株(左)はやっぱり葡萄の地下茎がはびこってるのか、どうしても二股ニンジンになってしまう。

PBボトル(900ml×2)株、飲料容器株は残念ながら、球根みたいな感じで成長が止まっている。

2009_1227a0008 <PB(2リットル)株>

やはり二股にはなったものの、長さは20センチ級のものが出来ている。

これでも今のウチの農園でいえば、十分に合格レベルである。

2009_1227a0009 <ゴミ箱株>

長さは10センチをやっと超えたところだが、見事に1本立ちしている。

土の具合って難しいんだな。

やっぱふかふか状態に土を仕上げないと、ニンジンはまっすぐにはならない。

一番遅い時期に種まきしたゴミ箱株が、今のところ最も上出来といえる。

年明けには一斉に収穫してみたい。

あと2週間まつのだぞ!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!それでもやっぱり「帝国」には程遠い気がする。

2009年12月27日 (日)

紫たち

ウチの紫たちもひっそりとなりを潜めている。

2009_1225a0006 <紫キャベツ>

朝の撮影だと、どうしても色合いが淡くなってしまう。

周りの葉っぱには虫食いのあとが見えるものの、中心部は落ち着いている。

洗濯籠の容器であるが、今のところその弊害は見られず。

芋虫の到来さえなければ春には期待できそう。

 

2009_1225a0007 <紫メキャベツ>

2株のうちよく成長している株の方でこんなもんである。

キャベツ同様、ひっそりしている。

もうちょっと〝わっ〟と言わせてほしい。

なんとなくそれなりの果実っぽいものもあるが、まだまだ初期段階みたい。

葉っぱの軸が取れにくいのがこの種の特徴なのか。

軸が取れないと果実部分が大きくならないのではなかろうか。

これもじゃんじゃん追肥してるつもりなんだけど、今のところその成果は表れず。

また液肥でも振り撒いてやるかな。

これもじっくり待つしかないのだ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!もういくつ寝るとお正月?正月菜は全然間に合わなかった。

2009年12月26日 (土)

農園のにんにくたち

ひっそりと、そのなりを潜めているにんにくたち。

去年収穫したものをそのまま植えてみた紫にんにくと、今年ホームセンターで買ってきたジャンボにんにくである。

2009_1225a0001 こちらは紫にんにく

どうしても太陽の方向へ傾くので、ときどきプランターの向きを180度入れ替えてやるのだ。

最左株は発芽が遅かったため他の株より成長は遅れている。

しかも葉っぱが最も黄色い。大丈夫だろうか?

 

2009_1225a0002 メインのジャンボにんにく

手前に生えているのは雑草ではなく、紅白二十日大根である。

コンパニオンプランツのつもりではない。

単にスペースを利用させてもらっているだけである。

2009_1225a0003 2009_1225a0004

ジャンボにんにくのペットボトル株と朝顔鉢株も青々とした葉っぱを元気よく伸ばしている。

これらも順調であり、春が楽しみなモノたちである。

一応、8-8-8なんかをやってみたが、ベターな追肥の仕方があまりよくわからない。

去年もテキトーだったけど、そこそこできたから、ことしもそれなりにでいいか。

師走で忙しいし。(といいわけしておこう。)

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日は岐阜までお出かけ。意外と近いのに驚いている。

2009年12月25日 (金)

いけそうなモノといけそうにないモノ

ここ数日の間で、いくつかの方針が決定したものがある。いい方向と悪い方向と。

まずはいい方から。

2009_1224a0002

再生太ネギである。左上に伸びている大きな腕まではよかったが、そこから先は下降気味だったところ、黄色い円内をごろうじろ。新しい芽がまた芽吹いてきたではないか。

これは面白い!

こういった面白さがネギの醍醐味かもしれない。

あきらめて強制撤去も視野に入っていた部類であったが、一気に逆転ホームラン!

また楽しみが増えたのである。

 

そして悪い方。

2009_1224a0001

とうとうソラマメは成長点ともいえる葉っぱの先端が復旧見込みなしの状態まで萎れてしまった。

かくいう覚悟としては、種を蒔きなおしし、「年末の種まきでも間に合うか」実験と称して再挑戦するつもりである。

防寒措置どころか温暖栽培を考えねば、まったく追いつくはずもなかろう。

さて、どうしてくれよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!みんなのところにサンタさんは来たかな?

2009年12月24日 (木)

ほじってみた

わくわく感を抱きながら、いろいろとほじってみることにした。

まずは無難なところで、小さな蕪たちを。

2009_1223a0006 <左紅白右ラディッシュ>

紅白の白い部分が少ないので、同じ種類に見えてしまう。

まあ、こんなものだな。

続いては、ちょっと期待の飲料パック大根先陣株。

2009_1223a0001 2009_1223a0002

初霜事件より数日、葉っぱはご覧のとおり回復した。右の写真では最底部が膨らんでいるのがおわかりだろうか。

期待感も大きく膨らみ、丁寧にハサミを入れていく。

じゃ、じゃ~ん!

2009_1223a0003

なかなかの出来栄え、27センチの大物をゲット! しかもまっすぐに近い!

飲料パックではこれぐらいの太さが限界かもしれない。

 

欲を出して試し収穫、ニンジン編。

葡萄サブ花壇の路地植えたちは、プランターよりも葉っぱの生育が早い。

どのみち、あまり葡萄の邪魔をしてはいけないので、早めの収穫を予定している。

そういう意味では今回の試し収穫は大きな意味があるのである。

2009_1223a0005 <一応金時人参>

今回は2番目に大きな株を抜いてみた。

いかんせん、駄作である。

恐らくは、サブ花壇内の地下は、葡萄の根っこが張りめぐっており、ニンジンたちが十分に根っこを伸ばしていく領域が少ないのではないか。

この調子なら、サブ花壇内の金時人参は、来週末にでも全て撤収することになるだろう。

えてして、ニンジン帝国の先駆けとしてはこんなものである。

チャン、チャン!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ 忙しくて、中々皆のブログに訪問できなくてすみません。

2009年12月23日 (水)

葡萄の冬支度

昨日の正月菜メイン花壇については、早速不織布をかけることとした。

2009_1222a0002

右下の紅白二十日大根もご相伴に預かった。

これですこしは防寒になるだろうか?

 

葡萄の棚もいつの間にか自ら冬支度を始めていた。

2009_1222a0004 2009_1222a0003

夏にあれだけ多く葉っぱを見にまとっていたものが、明らかに丸裸。

さて、これからが勝負である。

選定の仕方をお勉強して、短くカットしていかねば。

 

今週後半は忘年会デーラッシュ。

今日のリトルリーグの納会を皮切りに25日に職場で、26~27日は地方の仲間たちと。

(翌28日は仕事なんだけど)

自分の野球の納会を1月に設定しているのは、こういうラッシュを避けるためでもある。

いつかは、野菜仲間たちと忘年会が出来る日がくればいいなとも思っている次第である。

結局、好きなだけなのかも・・・・・。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日からしばらくは少し暖かいらしい。

2009年12月22日 (火)

正月菜は育つのか

2009_1221a0005 2009_1221a0006 2009_1221a0007 2009_1221a0008

11月も押し迫るころ、とにかく空いている場所に種まきしまくった正月菜。

メイン花壇のアニキ株(左上)でもようやくこげな感じ。

あとの株はやっとこさ発芽までにこぎつけたが、急激な寒さで伸び悩みといった感じである。

ここは防寒措置として、不織布でも被せてやらねばいけないんだろうな。

 

どうもウチだけみたいだぜ、防寒措置をほとんどしてないのは!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!とにかく寒い。こういう冬は太りやすいと思う。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart