« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

溜め息のキュウリ

はあ~あ。ふう~ん。う~んん。

どんな文字を並べても溜め息の形容しかままならない。

2009_1030a0003 

 

見た目は、さすがに苗購入時よりもはるかに成長した。

葉っぱの枚数も増え、丈も伸びた。

あいも変らず、下のほうからうどん子病が発生し、順次摘み取っているという始末。

脇芽をとっているので、一応一本仕立てにはなっている。

上の方は青々とした新しい芽が出ているので、とても元気に見える。

 

しかーしっ!

「11月まで楽しめます」というPR文書とは裏腹に、実際のところは「11月まで苦しみます」になってしまっている。

 

2009_1030a0002 最下部の葉っぱはご覧のていたらく。

2009_1030a0001 花は咲けども実はならず。

結局のところは溜め息が出るばかり。

キュウリってプランター系の器ではまったく栽培できないの?

今年はこれで4株目の挑戦だが、ココまでにまともな果実はたったの4本。

効率の悪さから言えば、わけぎ以来の悪夢を見ているよう。

いっそのこと、観賞用であると割り切るしかないか?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング参加中!気分はブルーを通り越し、お先真っ暗といった感じです。

2009年10月30日 (金)

移植したニンジンたちのその後

移植好きおばかさんは何でもかんでも移植してしまう。

若いうちは結構何でもできるみたいだが、やっぱりポイントは「ぷちっ」って言わないように、そおっと抜いてやること。

そんなことをニンジンでもやっている。

しかも、相当大きくなってからも。

そんなニンジンたちがどうなっているのかを見てみよう。

2009_1029a0003 2009_1029a0004

これらは葡萄サブ花壇へ移植した株たち。

比較的若いうちの移植なので、ほとんどが立派に根付いている。

正直に言うと、移植成功率は70%ぐらいである。

ダメだったら数日で萎れるので、すぐにわかる。

2009_1029a0001

先日移植したペットボトル株。

今のところ萎れる様子はなく、移植は成功しているように見える。

この大きさで成功したとなると、今後の展開が楽しくなる。

2009_1029a0002

これはゴミ箱株を間引きした際にメイン花壇に移植してみたもの。

定位置を間違えたため、右側の株はさらにもう一回移動しなければならない羽目になっている。

トマピーが南側の日光を遮ってしまうため、午後2時以降しか日が当たらないこともあり、この株はダメかもしれない。

しかしながら、結構高い確率で移植が可能であり、出来るだけ若いうちに行うことで、その成功率は高くなるということが実験で明らかになったのである。

 

2009_1029a0029 <昨日収穫したラディッシュ>

左の株は細い割りに、実が割れてきたので強制収穫となった。

きれいでしょ?

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今からランニング!コメントの返事は夜にしま~す!

2009年10月29日 (木)

ごらんあそばせ春菊とソラマメとニンジン

秋冬用に種蒔きした野菜たちがボチボチうれしい変化を見せてくれている。

2009_1027a0004 <春菊、あれっ?>

それらしい葉っぱになってきたので、あとは大きくなるのを待つだけである。

種蒔きの時点で密集しないようにしてあるので、間引きが不要。

逆に複数本発芽したところを発芽しなかった場所に移植したほどである。

移植好きの当農園主宰はこの鉢にちょっとおかしなサプライズを用意している。

写真内黄色い丸印をごらんあれ。

1本だけ異なる種類のものが移植されているのが確認できるだろう。

こんな馬鹿なことをして楽しんでいるのである。

 

こちらは今月中旬に種を蒔き、先々週あたりから発芽してきたソラマメ。

2009_1027a0006 <ああ、美しい>

こげに大きくなっておるのだ。

早くメイン花壇をフリーにしたい(トマピーを撤収したい)理由はこれなのである。

 

それよりもバックに映っているのは移植したニンジン。

あちらこちらに移植されている。

詳しい話は明日の報告としよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!来週以降は寒い風が吹くらしい。冬の準備はできた?

2009年10月28日 (水)

ねばるトマピー

トマピーがまだまだ余力のあるところを見せている。

2009_1028a0015

もう何弾目の着果か忘れたが、まもなく赤くなりつつある果実がちらほら出始めた。

そろそろ終わりにしたいと思っているこの時期に。

ぼちぼち終了させないと花壇が空かない、次の作物に取り掛かれない、でも果実はどんどん準備を始めている。

いったいどこまで引っ張ればいいのだろう。

土曜日に赤い実を収穫して以来、新しい花もどんどん咲き始めている。

2009_1028a0012 2009_1028a0011

すでに花が落ちて、小さな実をつけているものさえいっぱい出てくる。

去年の実績からいえば、11月に着果したものは赤くなるのに相当の日数を要したため、12月まで引きずった。

そこまで引っ張ると、隣のスペースへの日当りの影響が大きく、とても容認できる範疇ではない。

しかしながら、まだまだ元気いっぱいの様子をアピールし、ねばるトマピー。

どこまで我慢するか、悩むところである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!忙しいよう!眠いよう!でもがんばんべー!

2009年10月27日 (火)

スプラウトの行く末

我が家に鎮座するスプラウト3兄弟と職場で苦心しているスプラウトの話。

種蒔きからすでに何日経っただろう。

未だに足踏み状態から変化のない我が家のスプラウト。

2009_1027a0001 2009_1027a0002 2009_1027a0003

気温が低いせい?・・・・・・・・・・いいえ、恐らくは違うと思います。

マスタードとレッドキャベツはちょっと密植気味かもしれない。

アルファルファはなぜ?

ここ2~3日、スプラウトボックスから表に出して、可能な限り光に当てているが、未だに双葉が開かない。

見た目も臭いもフレッシュ感がないので、強制終了~蒔き直しということに決定する。

 

2009_1027a0009

職場で実験していた飲料パック栽培も、土日で給水昨日を果たしてくれなかったので、水枯れにより失敗、強制失効とあいなった。

なかなかうまくいってくれない。

だからこそ面白いのであるが、3つ4ついっぺんにやろうというのが欲張りだったのかもしれない。

次からは1つずつ堅実に挑戦してみよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日の気分はまさにブラック。次こそは!

2009年10月26日 (月)

ジャンボニンニクの成長報告

もう午後11時ではないか!

仕事からたった今、帰ってきたばかり。

今日は大変疲れたので、今朝方写真を取った、元気な成長を遂げているジャンボニンニクの報告だけにして終わるのだ。

2009_1024a0030 <ジャンボニンニク一番株>

人差し指ほどの太さになった。

まだまだ大きくなるが、太陽の方向(手前側)に傾いてきたので、プランターを表裏逆にひっくり返す。

これがプランターのいいところ。

 

明日も明後日も明々後日も忙しい。

本日は簡素ですんまへん!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!明日の報告はスプラウトの予定。お楽しみに!

ニンジンの最終間引き

ニンジン軍団の最終間引きを行った。

2009_1024a0032 <いけてる?>

飲料パック株もペットボトル株も今のところ、例の虫駆除以降はうまくいっているはずである。

なお、写真右下の四角いPBには、一般的にはこの大きさでは不可能と考えられているだろう移植を敢行した。

2009_1024a0031 

他のボトルに生えていた間引き株があまりにも素晴らしかったので、捨てるには惜しいと思い、発育のよくないこの株へ移植してみた。

土ごと行ったので、抜いた方法よりもいいだろうと思っているが、若干「ぷちっ」っていう音がしちゃってるから、やっぱりムリかもしれない。

うまくいけば、元にはえていたものよりも移植した株のほうが勝っていたので、先に成長できるはずなんだけどな。

 

 

なんでも挑戦、なんでも実験、うまくいかなくてもへこたれない、ワカチコワカチコ!

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!寒くなってくると成長が遅くなる。変り映えが遅いとつまんない。

2009年10月25日 (日)

やっぱり虫がいる!

不織布をかけても100%の安心をしていない。

昨日の朝の見回りであったが、イタリアンブロッコリーと紫メキャベツの不織布をあげてみて、虫害がないか点検してみた。

2009_1024a0025 2009_1024a0026

あるあるあるある、形が変った葉っぱが虫の存在を示している。

探してみると、ヨトウの幼虫と思われる小さなイモムシが3匹もいた。

やっぱり安心してられねえだよ。

2009_1024a0028 2009_1024a0029

紫メキャベツの方も同じだった。

むしろこっちの方が被害が大きい。

やはり不織布をかけたところで100%の安心はしてられねえだよ。

包み方にも違いはあるんだろうが、確かにメキャベツの方は完全に密閉はできていないが、ブロッコリーの方は成虫なんかが入り込むと出られないような構造のはずなんだがなあ。

このブログの更新が終わったら、早速点検しに行くとしよう。

2009_1024a0027 <魔女のように腰が曲がったブロッコリー>

一応つっかえ棒をもたせてみた。

なんとか上に向けて伸びているが、まさにおばあさんが杖を使っている様子に見える。

もっと根元を太くしたいんだけど、なかなかである。

 

最近、ニラの葉っぱの先が茶色くなりかけてきたので、「枯れる前に食え」法則に乗っ取り、昨晩の鍋に入れて食っちまっただよ。

2009_1024a0034 <ちっと短い>

茶色くなってきた割には、短いし、味は薄いし、正直なところいまひとつだった。

ま、ニラなんざ何ぼでも生えてくるらしいから、とりあえずは移植がうまくいっているということで満足しておくこととにしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!雨予報から一転晴れ予報に!水やり1回分存した気分。

2009年10月24日 (土)

トウモロコシは「あがり」、トマピーは「つなぎ」

今朝は2種類の野菜を収穫(?)した。

まずはトウモロコシ二期作。

2009_1023a0001

先日B株の結果をお知らせしたが、A株やC株も触ってみて先端に実が付いていないことが確認できたので、本日強制撤収とした。

やはり二期作目は一期作目よりもはるかに難しいということがわかった。

これを覚えておいて、来年再チャレンジしてみたい。

メイン花壇はソラマメ植替えのため、早々にトウモロコシの根っこを引き抜き、鶏ふんや堆肥を混ぜて、短い休憩期間に入った。

次はトマピーである。

2009_1023a0003

少しマシな大きさの実を収穫、この日は1つだけ。

残りは、

2009_1023a0005

こんなのがまだ7つ、8つ残っている。

花も咲いているので、まだまだ楽しめそうである。

少し厳しい目の間引きを行うことにしよう。

そうすることによって、より大きな実を収穫することができそうだ。

 

なんてことがわかってくるこの時期には、もうそんなにたくさんの実がなることは無い様な雰囲気なんだけどね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!インフルエンザ流行拡大中!気をつけてね!

2009年10月23日 (金)

大根太くなれ、葉大根大きくなれ

飲料パック株大根がいい感じ。

2009_1022a0001 <順調、順調!>

葉っぱの伸びが心地よい。

若干、虫食いの穴が「無きにしも非ず」ではあるが、いまのところ大きな被害はない。

春蒔き株はひょろひょろもんしかできなかったが、この秋蒔き株はもう少しマシなモノをと期待している。

週末には追肥を行おう、「太くなれ、太くなれ」と呪文を唱えながらね。

一方、葉大根はどうだろう。

2009_1022a0003 2009_1022a0002 2009_1022a0004

3種のポットに種蒔きしたが、なぜかしら端っこの方から生えてくる。

鉢の中央には、空白のスポットができる。

左端のポットは空いたスペースに追加種蒔きした様子である。

中央の白いポットも右のビニルポットでも同じように追加種蒔きが必要かもしれない。

不織布での防虫も発芽前から設置するという完璧な処置をとっている。

まだ日中の気温が20度を超えているうちに、さっさと大きくなってほしいものである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!正月菜の種蒔きがまだである。そろそろトウモロコシを回収せねば。

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart