« アスパラ2号は懲戒免職 | メイン | まずは週末のキャラメルもん »

2009年7月 4日 (土)

色づくホオヅキ食べてみる

 

オラの一日は、ブログの更新から始まるだべ。

それが深夜ならそのまま寝るし、早朝なら野菜たちの見回りに入る。

昨日は早朝だったので、早速花壇やプランターを見て回る。

まずは、玄関を出たところにある “デザート宝月” に目がとまる。

 「おや?葉っぱが食われているぞ」

2009_0703a0001こんな風に食われている箇所をいくつか発見。

この食い跡は見たことがある。

ジャガイモの葉っぱを食い荒らしたニジュウヤホシテントウに違いない。

ほうづきはナス科、ジャガイモと同じ仲間というわけである。

葉っぱの裏側などを探して見ると、「いた!」

あの濃オレンジ色にツブツブ模様が入った例の虫。

とりあえず2匹ほど発見したので、間違いなく踏み潰しの刑に処した。

 

次に観察である。

一時のことを思うと、花咲き具合の勢いが衰えてきたように思う。

2009_0703a0002 <袋に入った実はたくさん>

枝の成長も止まったかもしれない。

でも写真のように、袋に入った実は一杯なっており、根元には落ちているものもある。

2009_0703a0003 そうこうしていると、目の前で “ポロッ” と一つ落ちてきた。

 「んー、落ちるということは、熟しているということか」

とも考えられるので、思い切ってそれを齧ってみた。

 「おっ、食えるやないか、ほんのり甘いやん」

苗についていた但し書きには、収穫時期は8~10月と書いてあり、その辺が納得いかないところだが、落ちている中で綺麗なもの、袋を触ったらすぐ落ちたものを拾い集めてみた。

2009_0703a0005 2009_0703a0006

黄色く色づくと食べられるとも書いてあるので、こんなもんでええんだろう。

包丁で切ってみると、それなりに実が詰まっている。

味はというと、感触はトマト、風味はナスに近く、少し渋みがある。

明記されている収穫時期よりも早いところが気になる点である。

それでも、今後は自然落下してきたものから、順次収穫してくこととしよう。

欲を言えばもう少し濃い黄色味が欲しいところである。

 

2009_0625a0005収穫といえば、こんなものも順次収穫している。

大量生産を目的に、我が農園では一番大きなプランターでたくさんの種をまいていたが、結局のところ、収穫できるのは3~5本ずつというところである。

しかも競争が激しいせいか、真ん丸になるのが少ないし、20日間でなんかとてもじゃないけどムリ。

良いものを栽培するには、「気持ちにゆとりを持って栽培すべし」といったところであろうか。

間もなく、このプランター株も終盤を迎えるが、次は何の種をまこうかな?

葉っぱもんは虫対策が大変そうなので、結局はニンジンになるような気がする。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←<ブログ村ランキング!>ポチッとしてくれると元気になれます!ありがとう!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/20453063

色づくホオヅキ食べてみるを参照しているブログ:

コメント

こんにちは。
私は過去に、ほおずきを触れたことがなく、なので、とても興味深く読みました。
へー、こんな感じで実になるんだ、実は黄色いんだ、味は(甘い場合)「感触はトマト、風味はナス」ん~不思議な感じがします!!!
一度味わってみたい感じがしました。(^o^)

ほおずき、なんだかすごく美味しそうに見えます。
収穫適期になったら、渋みも消えて、さらに美味しくなるんじゃないでしょうか??
名前に「デザート」って付いてるし、甘みも出てきそうですね。

アレ…いかがなさいました? 早起き、夜更かしでも無く、野球でしょうか?
ブログの更新が無いとチト心配してしまいます。
 もしかして?…ニジュウヤホシテントウ踏み潰しの刑の祟? でない事を祈ります。
アーメン、ぢーメン、きみイケメン? 何のこっちゃ? 

shin様
実際に食べてみても不思議な感じです。
ホームセンターで売っていた苗なので、来年チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

かのよん様
収穫適期としてはいつが最適なのかがあまりよくわかっていません。
8~10月って書いてありますが、結構長いですよね。
でもだんだん美味しくなっていくことを期待したいです。

大阪のおばちゃん様
幸いにもニジュウヤホシテントウ踏み潰しの刑の祟りではありませんが、
起床が6時ごろで野球の集合が8時だったので、更新は夕方になりました。
若干咽喉が痛かったりはしますが、特に不都合はありません。
大丈夫です。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart