« 嬉しいアイコの報告と哀しいカイワレの報告 | メイン | 途中経過ミニキュウリとベビーキャロット »

2009年5月20日 (水)

リベンジわけぎとチンゲン菜断念

昨晩はご飯当番の日。

かる~く缶チューハイを1本飲んだら、とたんに睡魔に襲われる。

おかげで、火曜日の更新は午前様(水曜日更新)になってしまった。

最近は、飲むとほとんど寝てしまう。こーゆーのを「寝上戸」とでもいうのだろうか。

 

それはさておき、職場ポットでチャレンジしていたわけぎは、残念ながらリベンジならず。

2009_0519a0005なぜか日に日にやせ細る。

写真のとおり、根っこはそれなりに張ってくるのだが、地上部の成長が思いのほか悪い。

職場でも色んな意見が飛び交っている。

 「換気が悪いんちゃうん」

 「湿度が高いのでは」

 「乾燥してるからやん」

 「日当りがわるいせいや」

 「お化けがおんねん」

我輩の意見としては、「わけぎは相性が悪いから」が正解だと思っている。

 

 

 

しかしながら、残念なことにサイダーガーデニングセットチンゲン菜も同様に育成がストップした状態である。

2009_0519a0006_2種蒔きしたのは3月だというのに、まだこんな感じである。

小さい方の容器は、まだ新しい芽が出ていたが、大きいほうの容器は、完全に成長が止まっているので、これも思い切って諦めることとした。

掘り返してみると、まず第一に土が異様に固い。

スプーンでガツガツいいながらほじくり返した。

奥の株は生え際の茎が糸のように細く変化しており、これでは上層部に水も栄養も充分に送れない、そんな細さであった。

手前の株は大きな葉っぱも付いていたので食べてもらった。

やたら苦かったらしい。

 

確かに、日中も充分な日当りが確保されているわけではないし、湿度も適切とはいえないかもしれない。

そこで、職場ポット栽培リベンジとして、ポットには“三つ葉”を、ヨーグルト容器には“パセリ”の種を蒔くこととした。

過酷な条件化でも、ある程度の育成が望まれる“三つ葉”や“パセリ”なら、きっとそれなりの効果をあげてくれるだろう。

ここのスペースを確保するためにも、是非とも良い結果を出して欲しいものである。

 

2009_0519a0007おやつ時間の前に外出する機会があったので、めぼしをつけていたキャラメルモンを職場のみんなで試食。

上にかかっているクリームソースは要らない気がする。

<評価C>

たまにはこういう種も蒔いておかないと・・・・・。

職場スペースを確保するのも一苦労である。

 

 

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!とうとうエントリーが100を超えたようだべ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/19820227

リベンジわけぎとチンゲン菜断念を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart