« クラッシュ・ザ・ベビーキャロット鉢 | メイン | 三つ葉からカイワレまで駆け足報告 »

2009年4月30日 (木)

レッドカイワレ露地植え実験発芽とリベンジわけぎ

2009_0430a0003レッドカイワレ露地植え実験発芽。

さっそく防虫対策に取り掛かる。

2009_0430a0004 2009_0430a0005

まずはわりばしで取り囲む。それらを柱として洗濯用ネットをかける。

写真右は防虫対策皆無のため、ボロボロになった青梗菜とのツーショット。

2009_0430a0006 2009_0430a0007

もう一つの芽は不織布にて対策。

同様に割り箸の柱を後列は下で、前列は上で突き刺す。

割り箸のささくれが不織布を微妙に引っ掛けてくれるという仕組みである。

さあ、明日からは観察あるのみ。

 

2009_0430a0008わけぎリベンジ第1弾は、とりあえずしおれた株を全てカットし、もう一度生えてくるのを待つ作戦として強制遂行。

これでダメなら、スッキリ諦めて別の作物を植えまくることになるだろう。

順番待ちの種はいくらでもあるのだから、そうなんども待つゆとりはない。

 

 

 

 

 

2009_0430a0010わけぎリベンジ第2弾は、職場の窓際にて栽培。

しかも右側の空いてるスペースには細ねぎの種をまいてある。

カゴやんやヤッちゃんがラーメンをススル時の薬味になればと場所を提供してくれている。

このようにしてテリトリーを確保していくのも一つの作戦である。

あまり日光の当たらない場所ではあるが、果たして生育するのだろうか。

個人的な予想は、正直「ビミョー」だと思う。

 

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←プランターマニアが勢ぞろい!ご覧あれ!このカテゴリは何かが違う!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/369198/19549769

レッドカイワレ露地植え実験発芽とリベンジわけぎを参照しているブログ:

コメント

>防虫対策皆無のため、ボロボロになった青梗菜

右のレッドカイワレのための「おとり」になりそうですね。
そういうコンパニオンプランツの利用法もあったような・・・。
でも、そんな考え方をしたらもったいないくらい育ってますね♪

ぐりん様
この青梗菜はガーデニングセットの残り種を余りスペースに蒔いた予定外の作物です。
力瘤入れているほうの青梗菜はまだ双葉です。(とほほほほ・・・)

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart