« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

レッドカイワレ露地植え実験発芽とリベンジわけぎ

2009_0430a0003レッドカイワレ露地植え実験発芽。

さっそく防虫対策に取り掛かる。

2009_0430a0004 2009_0430a0005

まずはわりばしで取り囲む。それらを柱として洗濯用ネットをかける。

写真右は防虫対策皆無のため、ボロボロになった青梗菜とのツーショット。

2009_0430a0006 2009_0430a0007

もう一つの芽は不織布にて対策。

同様に割り箸の柱を後列は下で、前列は上で突き刺す。

割り箸のささくれが不織布を微妙に引っ掛けてくれるという仕組みである。

さあ、明日からは観察あるのみ。

 

2009_0430a0008わけぎリベンジ第1弾は、とりあえずしおれた株を全てカットし、もう一度生えてくるのを待つ作戦として強制遂行。

これでダメなら、スッキリ諦めて別の作物を植えまくることになるだろう。

順番待ちの種はいくらでもあるのだから、そうなんども待つゆとりはない。

 

 

 

 

 

2009_0430a0010わけぎリベンジ第2弾は、職場の窓際にて栽培。

しかも右側の空いてるスペースには細ねぎの種をまいてある。

カゴやんやヤッちゃんがラーメンをススル時の薬味になればと場所を提供してくれている。

このようにしてテリトリーを確保していくのも一つの作戦である。

あまり日光の当たらない場所ではあるが、果たして生育するのだろうか。

個人的な予想は、正直「ビミョー」だと思う。

 

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←プランターマニアが勢ぞろい!ご覧あれ!このカテゴリは何かが違う!

2009年4月29日 (水)

クラッシュ・ザ・ベビーキャロット鉢

一昨日のことでした。

仕事から帰ってきたら、娘が自分の部屋に導き、目の前に座らせる。

そして・・・。

「お父さん、ごめんなさい。家の前でボール遊びをしていて鉢を割っちゃった。」

えっ!? 

あわてて、玄関先を確認してみると、

2009_0428a0005哀れ、ベビーキャロットの鉢が無残な姿に。

こないだ第3弾の種を蒔いたところなのに。

こみ上げる怒りを抑え、笑顔で対応。

「仕方ないね。でも家の前でボール遊びしてはいけないっていってたよね?ウチのだからよかったけど、隣のこわ~いおじさんのだったらどうする?」

考えてみれば、子供達がもろ手をあげてボール遊びする場所は、今の社会にはない。

自分たちが子供の頃は大人たちが寛大だった。

どこの公園でもボール遊びが出来た。少々、物を壊してもきちんと謝れば許してくれた。

(それでもしばらくはその近くでは遊ばない、という暗黙のルールがあった)

最近の大人は了見が狭い。

身の保全と責任の話ばかりで、他人の子供の未来や将来は、いたって視野にはないのが普通である。

このように感じている自分が怒ってはいけない。

春菊のプランターも近所の娘の友達が自転車でアタックしてくれてるみたいで、端っこがクラッシュしている。

それも「仕方がないね」というのが、子供の頃の自分を許してくれた大人たちへの恩返しでもある。

但し、「新しい鉢に植え替えておいてね」というバツは与えておいた。

2009_0429a0003上手にというわけにはいかないが、罪の意識を感じながら植替えを行った娘の作品である。

色んな意味を含めて、この作物が立派に育ってくれることを祈るものである。

なお、飲料パックは奇跡的に無事だったようだ。

すぐ隣にあったにもかかわらず。

2009_0427a0008

 

しかし、クラッシュした鉢がもしも“黒トマト”の鉢だったら・・・・・。ああ、考えただけでも恐ろしい。

 

話は変わってアスパラの話。

2009_0429a0001 2009_0429a0002 朝7時30分に19センチだったアスパラ。

午前中の野球を終えたら収穫しようと思って、帰ってきてから計測すると11時30分ごろで約21センチ。

つまり、単純計算で4時間で2センチということである。

前回は12時間で12センチだったことを考えると、アスパラは午後からの方がよく伸びる?という仮説が成り立つのである。

次の株がすぐ隣に生えている。この株が仮説どおりになるのか。見ものである。

 

今日はこのほかにマスタードスプラウトも収穫した。

2009_0428a0008しかし、気候がイマイチなのか、種が古くなったせいか、以前ほどカラシの味や風味がしない。

昨年はもっと葉が開いたように思えるのだが。

容器は問題ないどころか、良好であったので、連休明けにはもう一度チャレンジしてみようと思う。

連休という割には、全部休みでないところがたまにきず。

おかげで、職場の鉢も水不足に悩むことはない。

少しずつ増えていっている職場栽培も、おいおい公開していくこととしよう。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ウインガーディアン、レヴィオーサ!って何か分かる?

2009年4月28日 (火)

おまけの域を脱しないガーデニングセットたち

2009_0428a0004種蒔きから4週間。

発芽はしたものの、それ以降、あんまりこれといった変化を見せ付けてくれないガーデニングセットコンビ。

皆さんのところでも、こんなんだろうか。

もしかして、まだここから切り貼りしながら、植え替えしなければいけなかったのだろうか。

特にスープセルリなんかは、とっても期待して、ワクワクしていたのに、ガッカリである。

今日までは、ぐずついた天候で少し気温も低めだったが、明日からはぽかぽか陽気も絶好調!ってな具合で、気温もうなぎのぼりらしいから、これをきっかけにビシバシ大きくなって欲しい。

 

 

 

赤茎系カイワレ「フラミンゴ」中間報告。

2009_0428a0006 2009_0428a0007

左が職場マグ、右が自宅マグである。

職場の方が気温が高く生育がよい。

また職場は採光状態がよく、飲料パックを同じように被せていても、まったくの暗幕状態にはなりにくいため、幾分か光を拾っているようだ。

また、双方共に少し種を入れすぎた感があり、朝の通勤電車みたいだ。

育成度合いがまばらなのは、いつものことであるが、押しつぶされている株もあるみたいだ。

あさってあたりには、日光浴放置できるかもしれない。

 

=おまけ=

先日、キャラメル好きをカミングアウトしたついでに、本日入手した「キャラメルもん」をかる~く見せびらかしておこう。

2009_0428a0010 ファミマにて入手「もっちもっちキャラメル蒸しぱん」

明日の朝に食べる予定。

2009_0428a0009セブンイレブンで入手「おさつどきっ。香り塩キャラメル」

取り敢えず買ってみた。

しばらく、こんなのもシリーズ化してみよっか。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!ゴールデンウイークも半分は仕事だあ!crying

2009年4月27日 (月)

ニラの花期は終わった。次は?

2009_0427a0009花真っ盛りの時代も過ぎて、これからどうなるのだろう。

一旦綺麗に刈り取った葉っぱも、いつの間にかそぞろに生えている。

液肥アンプルはあまり減っていない。

多分口先が詰まっているのだろう。

抜群にとはいわないまでも、いままでとは桁外れに日光浴の時間が増えているはず。

シャキーンとした葉っぱが生えてくるのはいつのことだろうか。

うまいニラが食べたい。

それを食べるまでは諦めずに、色々チャレンジしてみよう。

苗をもらった某専務にも合わす顔がない。

液肥アンプルとは別に追肥してみるか。

 

 

 

 

さて、このようなドリンクをご存知だろうか。

2009_0427a0005スポベジといって、ニンジン果汁が入っているアサヒ&カゴメが開発したスポーツドリンクである。

基本はただの野球馬鹿ではあるが、菜園ブロガーとして推奨するスポーツドリンクである。

野菜果汁1.5%使用と明記されているが、微妙な数値であることは間違いない。

そしてそれが運動時に、どのように働くかも微妙。

それでも、推奨するのである。

まだ1本もニンジンを収穫したことのない我輩が、である。

 

 

 

2009_0427a0006ちなみに、昨日は普通のホワイトリカーで

ローズマリー抽出液作りの準備も完了しているので、あとは2週間程度待つのみとなっている。

これはこれで今後のお楽しみとなるのである。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!今日はジュリーの歌に乗せて!

note POTIO! POTIOが二人を抱いたまま POTIO! POTIOが空を飛ぶ~notes

2009年4月26日 (日)

紫にんにくを掘ってみる

2009_0426a0037紫にんにく8月丸。

ホームセンターで球根を買ってきて、昨年の8月末に植えたものである。

太いものばかり選んで植えたからか、出てきた茎もほぼ太く、随分期待していたが、最近どうも弱り気味。

写真のように左2株は枯渇状態。

買ってきた球根の説明書には「春には“とう”が立って茎にんにくができ、(中略)茎葉の3分の2程度か黄色く枯れてきたら収穫適期です」と書いてある。

 

 

“とう”が立つのを待ってたのに、いっこうに茎にんにくが出来る様子もなく、

とうとう枯れたかと半ば諦めがちではあるが、掘ってみることにした。

2009_0426a0038

するとどうだろう、しばらく掘ってみると紫色の大きな塊が見えるではないか。

完全に収穫モードに“へーんしーん!”、さらにもう1本のしおれ株も掘ってみると、

2009_0426a0040

こんなに大きな塊をゲットできた!

2009_0426a0039

面白いのはいずれも根っこが石を抱えているところである。

雨上がりのため、土がやたら湿っているので、しばらく乾かしてから、もう少し綺麗に土を落とし、風通しのよいところで吊るして保存が定番である。

 

さて、昨日はブログをアップ後、ホワイトリカーを買いに行った。

ホワイトリカーって焼酎だよね、ジンやウォッカでやってる人もいるみたい。

でも、買ってきたのはなぜか違う酒。

2009_0426a0003バタースコッチ・キャラメル。

どうも、「キャラメル」という言葉に弱いのである。

しかも、これで500円と超格安!

スコッチというぐらいだからと思ったのに、飲んでみると「あま~い」リキュール。

これでは抽出液づくりはムリ!

でも、味は確かにキャラメルクリームの味がする。

ウイスキーに混ぜて飲めば「微妙」な味。

これはこれで、また研究するとして、

結局、スーパーで安いホワイトリカーを買い直す羽目になったことはいうまでもない。

 

馬鹿だねえ。

 

 

 

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング!スーパーで売ってるアイコを見て少し寂しくなるのは私だけ?

2009年4月25日 (土)

黒トマトの雨やどりとごぼう近況

今日は朝から、いや昨日の晩からずっと雨。

最近の天気予報はわりとよく当たる。

というわけで、あまり雨に当てたくないものを自転車置き場に雨やどり。

2009_0425a0002

 

よく見ると、結構成長している。

ウチに来てからちょうど2週間。

ポット苗で購入したものを無造作に、いきなり鉢に投入。

ほんとは一番花がさくまでポットで様子見するらしいが、基礎知識がほとんど皆無状態であるがゆえに、現在の状況に至っている。

どちらかといえば、縦にではなく横に広がっている状態であり、人間で言えば「肥満」ってこと?

横に伸びすぎた枝は剪定した方がいいのかな?

誰か教えてちょんまげ!

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、植替えしたごぼう。

新芽4株のうち、3株までが生き残った。

2009_0425a0001 (←箱のまま日当りをローテーションできる。)

 

不織布を被せるのが少し遅かったこともあり、虫にかじられている葉がある。

第一弾パックからは、2回目種蒔きの新芽が、まだ続々と出てきている。

間引きするか、第二弾パックに植え替えるか、明日は雨が降らないらしいので、気分しだいで考えよう。

この箱で、4株は多いかな?

そうだ!ぶどうの棚を作らなければ!

さてっとっ、ホームセンターへ出かけてこよう。 ホワイトリカーも買わなきゃね。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキングだ!チャゲアスだ!note 始まりは いつも雨 ポチを 押して~ notes

2009年4月24日 (金)

相性の悪いわけぎ

どうにもわけぎとは相性がよくないらしい。

堆肥比較実験も水耕栽培実験も植え直し実験も今一つに終わっている。

一括栽培実験では比較的うまくいってると思っていたのに。

2009_0424a0001この有様である。

右隅の一部を収穫できただけで、結局枯らしてしまうような結果となってしまいそう。

残っている球根を職場でリベンジしようと思ったら、なんと干からびてたり、腐っていたり。

どうもわけぎとは相性が悪いみたいだ。

小学校の時も中学の時も高校の時も大学にいっても、非常に相性の悪いやつがいた。

実は弟ともあまり相性がよくない。

これからは相性のよくない奴らを“わけぎ”と呼ぶことにしよう。

 

昨日に続いてウイークポイントを公開する内容となってしまった。

精神的によろしくない。   非常にブルーだ。

で、こんなこともあろうかと、予備のつもりで持っていった種が役に立った。

新しいスプラウト赤茎系のフラミンゴである。

2009_0424a0004 2009_0424a0005

この種は今日始めて開封したもので、我輩も初挑戦である。

ついでなので、ウチでもマグに入れて同日スタート!

但し、敷き紙には職場マグはキッチンペーパーを自宅マグはティッシュを使用した。

両方うまく育ちますように!!!

最後は明るい話題で終われてよかったよかった。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキングだべ~、クリッポチッしてくれるともっとがんばれるだべ~!

2009年4月23日 (木)

ウチのアイコ

種蒔きしたのはいつだろう。

幾多の困難を乗り越えて、やっとの思いでここまで成長してきた。

まだうす寒い部屋の中で、冷機に凍えながら主人の帰りを待った。

あるときはコタツの中で暖をとり、いくらか立ち直ったり、

コタツの中で長居をしすぎて、干からびかけたときもあった。

また、あるときは春とは思えぬほどの強い陽射しを浴びて息を吹き返したり、

陽射しが強すぎて萎れたりしたときもあった。

そんなウチのアイコが、以前よりも少しだけ成長している姿がある。

ホームセンターで並んでいる仲間達とは、とても同じ品種とは思えない貧弱ぶりではあるが。

 

ここへ来て、このアイコをどうしようか悩んでいる。

一般的にトマトは「花が咲いたら植え付け」というらしい。

我輩はそんな一般常識は知らなかったし、その通りに出来ることとできないこともある。

アイコ用の鉢は2月から予定していた。

土の入れ替えや元肥の準備などは3月には完了していた。

大きくならないアイコに痺れを切らして、2回、3回と種の蒔きなおしも行った。

ホームセンターで別の種類のトマト苗も購入した。

それでも今まで処分することはなかったアイコ。

2009_0423a0004どうしてくれよう。

今もまだ決めかねている。

ウチのプランターは実験農園。

いろんな条件下でチャレンジしていくことは、本来の姿であるともいえる。

とはいうものの、今の時期でこの大きさはないよね。

 

もうちょっと、もうちょっと、といいながら今に至っている。

それでも、もうちょっとウチのアイコを見守ってみようかな。

いっそのこと、鉢に植えてしまおうか。

悩ましきウチのアイコ。

確か、種は高かったよなあ。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング

2009年4月22日 (水)

ルーシー90後列発芽と

今年の大目玉の一つ、シルバーコーン(ルーシー90)の後列株がやっと発芽した。

2009_0422a0002 (黄色丸枠内)

これを機に、前列株となるタネをこれらの斜前に埋めた。

後列株の発芽までおよそ1週間かかった。

前回よりも気温が上がっているだろう今回のタネは、何日で発芽するのだろうか。

コーナンでは、コレよりも大きな苗が売られている。

どうも全体的に始動が遅いようだが、いちいち気にしていては前に進まぬ。

タネからはじめるということは、そういうことなのだ。

 

アスパラは、2本ほどか細い茎芽がでているが、これはみすごすこととし、

2009_0422a0001その脇から顔を出し始めている、ぶっとい茎芽を回収することとしよう。

このプランターには、もう1種類のアスパラが植えてあるはずなのに、ひっそりとしたまま何も応えてはくれない。

残念ながら、同じプランターの中での生存競争に敗れたのだろう。

と解釈しておこう。従って、しばらくは競合相手を同居させずに、この種類だけで栽培を続けることを決定する。

まだ、本当にまともな収穫は1本しかないのだから、もっとがんばってもらわねば。

もしかしたら、今、顔を出しているのが、今年最終の収穫株になるかもしれない。

また、しばらくは朝晩の観察が欠かせない日々が続くというものである。

 

明日は少し早起きして、春菊の間引きを済ませなければ!

もちろん、カメラを持ってね!

 

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ←ブログ村ランキング! 「月に代わって押しプチよ!」

2009年4月21日 (火)

レッドカイワレスプラウト始動

今日は、晩御飯当番の日、スーパーで買い物。

なんとなく買ったカイワレ。

そういえば、この容器で試してみたことがなかった。

2009_0421a0005 試してみることにした。

おっかぶせはこのようにしつらえた。

2009_0421a0007

無論、右側も同じようにかぶせるのである。

なんか子供の頃、こんな感じで秘密基地遊びをしたような気がする。

我輩の時代で言えば「サンダーバード」か。

note ダンダカダ~ン、ダカダンダンダンダカダンダンダ~ンnotes

コレでイメージ沸いた人は相当なマニアであるな。

 

ちなみに、ぐい飲みバージョンマスタードスプラウトは、

ご覧の通り順調!あと2~3日で屋外放置の予定。

2009_0421a0006 (ピントがイマイチ)

週末の再チャレンジ種蒔きに向けて、ベビーキャロットのタネを仕込んだ。

最低3日は冷蔵庫保管がよいらしい。

明朝の様子を見て、ホワイトコーンの仕込をどうするか考えよう。

もしかしたら、モロヘイヤのタネが手に入るかもしれない。

どこに蒔こうか植えようか。

サブ葡萄花壇にレッドカイワレのタネを2粒埋めた。

発芽したらどうしよう。

なんにも後のことを考えてなかったりするのである。

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ ←ブログ村ランキング!ええええええっ、驚愕の新事実がこの中にっ!

フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart